セキュリティとストレージのリーディングカンパニー > 導入事例 > 株式会社ダッドウェイ

Barracuda Backup

株式会社近畿リサーチセンター

株式会社ダッドウェイ

設立
1992年10月
資本金
3,000万円
従業員数
261名(2014年3月現在)
事業内容
  • ●ベビー用品、玩具、スポーツ用品、アウトドア用品、ペット用品等の企画、開発ならびに輸入、製造、販売
    ●コンピュータシステム、ソフトウェアの研究開発とその販売、イベントの企画、運営


エージェントライセンス不要、Box To Boxで遠隔地バックアップ

「Ergobaby/エルゴベビー」「Sassy/サッシー」「Nuby/ヌービー」「NUK/ヌーク」「Tonga/トンガ」などの、 大人気育児ブランドや「Petstages/ペットステージ」などのペット用品の企画・輸入・販売を手掛ける株式会社ダッドウェイ。かつて同社が管理するファイルサーバやデータベースサーバのバックアップは、フリーソフトで管理されていた。深夜2時から開始されるバックアップジョブは時間がかかり、始業後に及ぶこともたびたびあった。さらに新たなバックアップ対象のサーバを追加する際は、自社で組み込みをしていたスクリプトを更新する必要があり、手間がかかっていた。またデータの信頼性確保、そしてディザスタリカバリ対策を目的とした遠隔地バックアップシステムを模索する中、Barracuda Backupを検討するに至った。


導入の経緯

株式会社ダッドウェイ
管理本部 ICTグループ
結城 英智 氏

Q: リプレース前のバックアップシステムについて教えてください。

結城氏:Barracuda Backupにリプレースする前は、フリーソフトでバックアップを取得していました。バックアップ先にNASを指定し、それを別拠点にリプリケーションする形で、バックアップの二重化を行っていました。今後、サーバの台数が増える予定もあり、フリーソフトでのバックアップに限界を感じていました。

Q:バックアップに対して、どんな課題をお持ちでしたか?

結城氏:深夜に始まるバックアップが、始業後になっても終わらず、時間がかかることを問題視していました。そしてバックアップ対象のサーバが増えるたび、スクリプトの更新が必要で、作業面でも負荷がかかっていました。今後、ファイルサーバのリプレースを予定していることもあり、信頼性が高く、手間がかからず、現状と同じような構成が可能なバックアップシステムを検討していたところ、バラクーダネットワークスの販売代理店からBarracuda Backupのご紹介を受けました。

Q: Barracuda Backupを紹介を受けた時の印象を教えてください。

結城氏:私はサーバ系のエンジニアとして、過去にバックアップシステムを担当する機会が多かったので、汎用的に利用されているバックアップ製品については、それなりに知識がありました。その中で、Barracuda Backupがエージェントライセンスがかからないバックアップ製品であることが、とても画期的でした。そしてバックアップのアプライアンスとして提供さ れているので、時間のかかる構築の手間も短縮できることも、弊社のニーズに合致していました。


Q: 製品評価時のBarracuda Backupの検証のポイントを教えてください。

結城氏:Barracuda Backupは、はじめて扱うバックアップ製品だったので、購入前に事前検証のため、無償評価機をお借りし、「運用の楽さ」を中心に機能確認を行いまし た。具体的には、エージェントを追加した時の作業量や、サーバの起動・停止の必要性、世代管理の考え方などを中心に検証しました。バックアップ対象サーバ を追加するときの設定は、過去に利用したことがあるバックアップ製品よりも簡単に追加登録することができました。またエージェントをインストールするとき も、特にサーバの起動・停止は必要ありません。世代管理は独特の考え方があるものの、わりとすんなり理解することができました。


Barracuda Backupを導入してみて

Q:現在の運用を教えてください。

結城氏:Barracuda Backup モデル490を2台購入し、1台は新横浜の本社に設置して、そちらでバックアップを取得しています。もう1台は、弊社の大阪支店に設置し、データのリプリ ケーションするBox To Box構成で運用しています。従来よりNASを利用したバックアップデータの二重化・遠隔化は、Box To Box機能を利用することで、NASを利用して二重化していた時と同様の環境を実現することができました。

Q: Barracuda Backupを導入して、高い効果を得られたことを教えてください。

結城氏:現在は物理サーバと仮想サーバの混在で、約10台のサーバを登録していますが、ディスクの使用料は50%未満で、想定していたよりも重複排除が有効であることを実感しています。今後ファイルサーバを、現在の容量よりも数倍大きい容量のものにリプレースしますが、継続して現在のBarracuda Backupを利用できそうです。

「重複排除が有効です」
と結城氏


Q: はじめてバラクーダネットワークス製品を利用されて、その印象を教えてください。

結城氏:管理画面が統一されているので、使いやすいというのが第一印象です。Barracuda Backup以外にも、バラクーダネットワークスのセキュリティ製品をいくつか検討しておりますが、どの製品も安価で導入しやすい印象を持っています。ま たきめの細かいテクニカルサポートの対応の速さもにも、安心して継続利用できるポイントだと思います。


導入製品

Barracuda Backup

出荷台数世界No.1のバックアップ専用アプライアンス※
重複排除機能により、バックアップ容量を20〜50倍削減
クラウドストレージやBox To Box機能による遠隔地バックアップに対応

※IDC Worldwide Quarterly PBBA Tracker, CQ1, Jun 2015


この製品の関連ページはこちら


お問い合わせはこちら

03-5436-6235 受付時間 平日9:00〜17:00

Webからのお問い合わせはこちら


 

導入事例一覧へ

期間限定!キャンペーン情報



バラクーダとは


Hardning project

お問い合わせはこちらから

03-5436-6235 受付時間 平日9:00〜17:00

  • ご契約の方向け|クラウドサーバログイン
  • パートナー様向け資料ダウンロード|パートナー様向け資料はこちら
  • バラクーダー公式YouTubeチャンネル|バラクーダジャパンチャンネル
  • TwitterでBarracudaJapanをフォロー