ファイアウォールに不満が見て取れる調査結果

セキュリティとストレージのリーディングカンパニー > ブログ > バラクーダラボ > ファイアウォールに不満が見て取れる調査結果

ファイアウォールに不満が見て取れる調査結果
クリスティーン・バリー(Christine Barry)(バラクーダネットワークス、チーフブロガー)

2013年09月04日

数ヵ月前に実施したファイアウォールに関する調査を覚えておいででしょうか?この調査では意外な結果が出ていますので、いくつかここでご紹介したいと思います。

  • 企業の80%がファイアウォールで何が行われているのか把握していない。
  • 企業の55%以上がファイアウォールの誤った構成により、セキュリティギャップが生じていた。
  • 調査対象の企業の半数が、ファイアウォールの誤った構成によりシステムの停止を経験していた。
  • 企業の4分の1がファイアウォールの使い勝手に不満を持っており、3分の1はファイアウォールがアプリケーションに対応していないと考えていた。

これらの結果は業界全体の問題を示唆しており、多くのファイアウォールは使い勝手が悪く、直感性に乏しいインターフェースを使用しています。ファイアウォールのルールの構築が難しいと、ルールの構成を把握することが困難になってしまいます。他のテクノロジと同様に、複雑性が加わると、それだけ人的ミスが増えてしまいます。

この問題は、多くの中小規模組織が規模に合ったファイアウォールを探すのに四苦八苦しているという事実によってさらに難しいものになっています。また、SMBによっては、エンタープライズレベルのファイアウォールを必要とするところもあるでしょう。多くのSMBは単に大金の出費を避けるためにコンシューマグレードのファイアウォールに甘んじているのです。つまり、何千もの組織は、目的に沿った設計になっていない機器を運用していることになります。管理者は無理やりこういった機器を自社のネットワークで努力して使用しているのです。

同じく有用性の問題もあります。管理者はファイアウォールを実装するときに、いったん運用が始まると、「触らなく」なります。問題なければそのままにし、故障するまでアップグレードしません。これにより、多くのネットワークではファイアウォールが最も古く、使い物にならない機器になってしまいます。

最終的に、有用性の問題は、ファイアウォールが業界でどのように扱われているかといった問題に行き着きます。他のネットワークアプリケーションが進化し、より重要性を持つに至っているのに対して、ファイアウォールは相変わらず従来の目的であるネットワークというドアの鍵から変わっていません。派手な鍵、シンプルな鍵、他のタイプの鍵とバンドルされた鍵などは買えますが、結局鍵は鍵です。従来のファイアウォールは変わらず、それ以上のものでもそれ以下のものでもなく、管理者はファイアウォールとその他との違いに気付き始めています。

バラクーダネットワークスはこのようなアプローチを拒否し、どのようにしたらより良い鍵を作れるかではなく、顧客のニーズの変化にフォーカスしました。ファイアウォールが出始めた当初と比べると、今日のビジネスは根本的に変化してきています。企業は、人を排除するための鍵は必要としていません。企業は新たなアプリケーションやツールを作業場で安全に使えるような門番を必要としているのです。

もしあなたが、洗練され、直感的なインターフェースを備えた強力なファイアウォールをお探しならば、是非Barracuda Firewallをお薦めします。また、調査結果の詳細はこちらをご覧下さい。

※本内容はBarracuda Product Blog 2013年9月4日 Survey results show frustration with firewall industry trends を翻訳したものです。


コラム(バラクーダブログ)一覧へ

お役立ち情報満載の資料ダウンロード|機能詳細、導入構成、モデル一覧などお役立ち情報が満載です。

お問い合わせはこちら

03-5436-6235 受付時間 平日9:00〜17:00

Webからのお問い合わせはこちら