セキュリティとストレージのリーディングカンパニー|バラクーダ > ブログ > Backup > サポートFAQ:ゲストOSをバックアップすると、【エラー VMWare Machine - VMゲスト名 - Unable to quiesce disk】というエラーが表示される

サポートFAQ:ゲストOSをバックアップすると、【エラー VMWare Machine - VMゲスト名 - Unable to quiesce disk】というエラーが表示される
大間 大輔(バラクーダネットワークスジャパン株式会社、テクニカルサポートエンジニア)

2014年12月12日

先週のサポートFAQに引き続き、第4弾も、Barracuda Backupに関するよくあるお問い合わせ。今日はVMwareバックアップに関するお問い合わせです。

Barracuda BackupがVMwareホスト経由にて、VMware ゲストOSのバックアップ取得をしている際に、バックアップレポートに【エラー VMWare Machine - VMゲスト名 - Unable to quiesce disk 】というエラーが表示されます。

これに関するテクニカルサポートからの回答は以下のとおりとなります。

まずこのエラーが表示される場合は、VMwareホストまたはVMwareゲストOS側の影響によるものなので、VMware側での対処が必要になる場合があります。


【原因】

VMwareゲストOSに対してのスナップショット処理の静止時にI / Oをオフした状態を保持するための時間制限を超えたため、スナップショットを作成することができずエラーとなった場合、このエラーが表示されます。

【対処】

最初に、VMホスト及びVMゲストにて以下をログや状態を確認ください。この事象が恒久的であれば、VMwareホスト及びVMwareゲストOSらに対してのパッチ適用等のアクションが必要になってきます。

1. VMware vSphere Clientにて対象ホストへログインして頂き、ホストのイベントの中でエラー発生日時付近にて何かエラーとなっているイベントが発生しているか
2. VMwareゲストOSにてVMTool及びVSS関連にて異常が発生しているか(ゲストOSがWINDOWSであった場合、OSイベントログに、スナップショットに影響するようなエラー等の記録はあるかご確認ください。また、vssadmin list providersコマンドにてプロバイダーが存在し、vssadmin list writersコマンドで各ライターの状態に異常がないかご確認お願いします)

こんなFAQを掲載してほしいという希望がございましたら、是非ともバラクーダネットワークスまでお問い合わせください。

参考URL:


コラム(バラクーダブログ)一覧へ

お問い合わせ

CONTACT