セキュリティとストレージのリーディングカンパニー|バラクーダ > ブログ > Backup > 忘れがちだが簡単なランサムウェア対策

忘れがちだが簡単なランサムウェア対策
RICH TURNER

2016年05月09日

先頃、マサチューセッツ州の警察署がランワムウェアの被害に遭いました。この警察署は、身代金を支払わずに、ファイルのロック解除に成功しています。コンピュータの専門家でさえ暗号化を破ることはほぼ不可能だと言っているにもかかわらず、なぜこのようなことが可能だったのでしょうか。

その秘密は、非常に基本的な方法にありました。この警察署には、すべてのデータのバックアップを夜間に作成するという長年のポリシーがあったのです。そして、優れたスキルを持つITマネージャもいました。このマネージャは感染に気付くとすぐにすべてのユーザに警告を発し、それ以上ファイルが暗号化されないように注意を促しました。次に、ファイルが暗号化されてしまったユーザを特定し、前の晩に作成したバックアップからメールボックスを復元しました。

IT部門が身代金を払わずデータを復旧 - その方法とは?クリックしてツイート

もちろん、その日作業したファイルのデータは失われてしまいましたが、被害を最小限に食い止め、多額の身代金の支払いを回避することができたのです。ランサムウェアを悪用すればあっという間に被害を及ぼすことができますが、バックアップという非常に基本的な方法で対抗できました。

このように、バックアップはサイバー攻撃からデータを守る方法の1つですが、攻撃自体を防止する方法もあります。明日のブログでは、このような方法について解説します。

※本内容はBarracuda Product Blog 2016年3月30An easy cure to ransomware that people forgot aboutを翻訳したものです。


コラム(バラクーダブログ)一覧へ

お問い合わせ

CONTACT