Barracuda Email Security Gatewayに新仮想モデルが登場

セキュリティとストレージのリーディングカンパニー > ブログ > Email Security Gateway > Barracuda Email Security Gatewayに新仮想モデルが登場

Barracuda Email Security Gatewayに新仮想モデルが登場
CHRISTINE BARRY

2016年08月02日

本日は、Barracuda Email Security Gateway(Barracuda ESG)に仮想モデルが新たに3つ加わったことをご報告します。新登場のVx 800、900、1000は、大規模環境向けに設計されています。製品の詳細と仕様は、こちらをご覧ください。

Barracuda Email Security Gateway(ESG)は、送受信のメールトラフィックを管理およびフィルタ処理することにより、メールを介した脅威やデータ漏えいを防ぎます。完全なメール保護機能を備えたBarracuda ESGは、メッセージを暗号化し、メールサーバが使用不能に陥った場合に備えてクラウドを活用したメールスプールを行います。

企業は、それぞれ独自の環境でメールを運用しています。ITは常に進化を続けているので、物理、ハイブリッド、クラウドなどさまざまなタイプの環境をセキュリティ保護するには、優れた柔軟性が必要になります。Barracuda ESGは、物理アプライアンス、仮想アプライアンス、複数のパブリッククラウドなど、複数の導入タイプに対応しています。新たに追加された3つの仮想モデルには、他のモデルと同じ機能とセキュリティ保護が搭載されています。

Barracuda ESGは、このように多彩な機能を1つに凝縮した完全なメールソリューションです。

仮想モデルが加わり、バラクーダネットワークスのメールセキュリティポートフォリオが拡充されました。

Barracuda ESGの仮想モデルは、VMware、Microsoft Hyper-V、KVM、Citrix、Oracle VirtualBoxなどのハイパーバイザ環境に、仮想マシンとして導入可能です。また、仮想ライセンスポータビリティにより、仮想ライセンスを他のプライベート/パブリックの仮想プラットフォームへと無償で移転できます。

個人や企業を狙ったサイバー攻撃が急増する今、セキュリティ保護はなくてはならない必須の機能です。バラクーダネットワークスは多彩な導入オプションにより、お客様が抱えるセキュリティの不安を解消します。

Barracuda ESGソリューションについて詳しくは、こちらのサイトをご覧ください。

Barracuda ESGは、30日間無料でお試しいただけます。こちらからお申し込みください。

※本内容はBarracuda Product Blog 2016年6月23New Virtual Models available for Barracuda Email Security Gatewayを翻訳したものです。


コラム(バラクーダブログ)一覧へ

お役立ち情報満載の資料ダウンロード|機能詳細、導入構成、モデル一覧などお役立ち情報が満載です。

お問い合わせはこちら

03-5436-6235 受付時間 平日9:00〜17:00

Webからのお問い合わせはこちら