Barracuda Load Balancer ADC バージョン6.0が提供開始

セキュリティとストレージのリーディングカンパニー > ブログ > Load Balancer ADC > Barracuda Load Balancer ADC バージョン6.0が提供開始

Barracuda Load Balancer ADC バージョン6.0が提供開始
TUSHAR RICHABADAS

2016年09月21日

Barracuda Load Balancer ADCバージョン6.0(ADC)の提供が開始されました。バージョン6.0には、AWS導入向けの高可用性機能とパフォーマンス向上機能が追加されています。この最新バージョンは、スループットの向上(最新ハードウェア)、付属のレポート機能と管理機能の拡張、お客様の投資収益率の改善などが特徴です。

Barracuda Load Balancer ADCAWSで発揮する高可用性

Amazon Web Services環境でクラウドワークロード用に導入する場合、ADCをペアで実装することによって高可用性(HA)を実現できます。アクティブ/パッシブのペアとしてBarracuda Load Balancer ADCをAWSに導入すると、AWS APIを使用してフェイルオーバを実行できます。フェイルオーバでは、導入時に使用するスタティックIPアドレスが、アクティブになったインスタンスに切り替わります。AWS向けのBarracuda Load Balancer ADCについて詳しくは、こちらのブログ記事をご覧ください。

パフォーマンスの向上と新機能

新登場の64xハードウェアモデルと84xハードウェアモデルの販売が開始されました。この64xモデルと84xモデルでは、機能が大幅に拡張されています。たとえば、ADCモデル640のパフォーマンスは5Gbpsから10Gbps、モデル840のパフォーマンスは10Gbpsから15Gbpsへと改善されています。10Gbpsのスループットを11,999ドルで手に入れることができるので、スケーラブルなアプリケーションインフラを低コストで構築できます。

バージョン6.0ではレポートエンジンも刷新されています。30を超えるレポートが新たに追加され、トラフィックパターンやセキュリティイベントに関する情報を参照できます。レポートから、ADCを通過するトラフィック量、サーバのパフォーマンス、キャッシング/圧縮の効率などを明確に把握できます。

また、バージョン6.0ではロールベースの管理機能が追加され、管理権限の委譲をサポートします。たとえば大規模なデータセンターの場合、複数の管理者が管理業務を行いますが、必ずしも全員にスーパーユーザ権限が必要ではありません。

Barracuda Load Balancerバージョン6.0について詳しくは、こちらのリリースノートをご覧ください。

Barracuda Load Balancer ADCでエネルギー充填サービスを契約している場合、ADC管理パネルから最新バージョンにアップデートできます。Barracuda Load Balancer ADCは、お客様の環境で30日間無料でお試しいただけます。


タッシャー・リチャバダス(Tushar Richabadas)は、Barracuda Web Application Firewallチームのプロダクトマネージャであり、インドオフィスで働いています。タッシャーにつながりたい方は、LinkedInからどうぞ。

※本内容はBarracuda Product Blog 2016年8月4Barracuda Load Balancer ADC V 6.0 now availableを翻訳したものです。


コラム(バラクーダブログ)一覧へ

お役立ち情報満載の資料ダウンロード|機能詳細、導入構成、モデル一覧などお役立ち情報が満載です。

お問い合わせはこちら

03-5436-6235 受付時間 平日9:00〜17:00

Webからのお問い合わせはこちら