クラウド対応は万全ですか?統合と拡張性に関するQ&A

セキュリティとストレージのリーディングカンパニー > ブログ > バラクーダネットワークス > クラウド対応は万全ですか?統合と拡張性に関するQ&A

クラウド対応は万全ですか?統合と拡張性に関するQ&A
Rich Turner

2017年07月14日

お知らせ:この記事は、Cloud Readyセキュリティに関する質問にお答えするシリーズの2回目です。連載の全記事はこちらバラクーダネットワークスのCloud Readyのブログ記事はこちらをご覧ください。

今週、バラクーダネットワークスはCloud Readyプログラムの拡張を発表しました。このプログラムは、安全性を維持しながらワークロードやアプリケーションをパブリッククラウドに移行するためのシンプルなパスを提供するものです。レガシーのオンプレミスソリューションは一般的にパブリッククラウドへの拡張に適さないため、セキュリティは企業がクラウドへの移行で直面する最も一般的な課題の1つとなっています。さらに残念なことに、とりわけサイバー犯罪者があらゆる脆弱性を探して悪用しようとしている状況において、現在のオンプレミステクノロジとパブリッククラウドとのギャップを埋めることができない場合は、大きな代償を伴う可能性があります。

今回は、Cloud Readyプログラムに合わせて、現在のセキュリティベンダがパブリッククラウドでアプリケーション、ワークロード、データのセキュリティを確保する能力を持っているかを判断するのに役立つ質問をまとめました。すべての質問のリストはこちらをご覧ください。

さらに、これらの質問を利用して既存ベンダが「クラウド対応」かどうかを判断しやすくするため、このシリーズでは特に重要な問題をいくつか取り上げていきます。まずは、質問2と質問7について検討します。

2.  パブリッククラウドでもオンプレミスの展開と同じ機能が提供されているか?

クラウドセキュリティはオンプレミスインフラストラクチャよりも管理が少ないとは言え、顧客は依然としてクラウドへの配置に責任を負い、トラフィックを監視して、クラウドネットワークの状況を常に把握し、安全性を維持する必要があります。オンプレミスネットワークで使用してきた特定のソリューションがパブリッククラウド向けとして適切に設計されていない場合、これまでとは異なるベンダを使用してクラウドセキュリティソリューションを導入することは避けられません。このような場合の問題は、ハイブリッド環境(一部はクラウド、一部はオンプレミス)で異なる2つのツールを管理しなければならなくなることです。ただし、一部の顧客は、オンプレミスと同じ保護をクラウド環境にも拡張できるベンダを使用して標準化する道を選択します。これによって管理を簡素化できるだけでなく、今後はハイブリッドネットワークが支配的なアーキテクチャになると考えられる現状において、これは論理的な解決策と言えます。バラクーダネットワークスもこのアプローチを採用しており、NextGen FirewallとWeb Application Firewallの実質的な違いは、展開場所がオンプレミスかクラウドかということだけです。

7.ハイブリッド環境のオンプレミスとクラウドの間のトラフィックがインテリジェントに保護され、最適化されるか?

近い将来、ハイブリッド環境が支配的なアーキテクチャになると予想されます。これは、オンプレミスのワークロードをクラウドに移行するには時間がかかり、計画を立てる必要があるためです。また、旧式のレガシーソリューションの一部はクラウドでの運用に適していないことも、理由の1つです。さらに、ほとんどの顧客はいきなりクラウドから開始するのではなく、タイミングを見計らってオンプレミスのアプリケーションやワークロードをクラウドに移行することから始めます。バラクーダネットワークスのCloud Readyプログラムは、Barracuda NextGen FirewallとWeb Application Firewallの両方で90日間無料のライセンスを提供することで、このプロセスを単純化します。クラウドの情報の保護は顧客自身の責任であるため、最初にクラウドセキュリティ環境を準備することで、クラウドの活用を容易に成功させることができます。

近い将来、ハイブリッド環境が支配的なアーキテクチャになると予想されます。

クリックしてツイート

オンプレミスとクラウドで機能を一致させることの重要性と、ハイブリッドシナリオでのトラフィック最適化の可能性について理解するうえで、この情報を役立てていただければ幸いです。このシリーズでは、来週以降もこれらの質問事項を検討していきますので、お楽しみに。

また、クラウドセキュリティの課題に取り組むお客様へのバラクーダネットワークスの支援について、以下のリソースもご利用ください。

    バラクーダネットワークスのAWSサイト

    バラクーダネットワークスのAzureサイト

    バラクーダネットワークスのCloud Readyプログラム

    Cloud Readyのプレスリリース


*本内容はBarracuda Product Blog 2017年 5月25日 Are You Cloud Ready? Q & A on functionality and connectivity を翻訳したものです。


コラム(バラクーダブログ)一覧へ

お役立ち情報満載の資料ダウンロード|機能詳細、導入構成、モデル一覧などお役立ち情報が満載です。

お問い合わせはこちら

03-5436-6235 受付時間 平日9:00〜17:00

Webからのお問い合わせはこちら