セキュリティとストレージのリーディングカンパニー|バラクーダ > ブログ > バラクーダネットワークス > ホワイトペーパー「クラウドにおけるセキュリティの展開と管理」(Osterman Research社)のお勧め

ホワイトペーパー「クラウドにおけるセキュリティの展開と管理」(Osterman Research社)のお勧め
Jesse Kimbrel

2017年07月18日

あらゆる規模の組織が、ワークロードやアプリケーションのクラウドへの移行に取り組み、オンプレミスの機器のコストや複雑さを回避しながら新しい機能を手に入れようとしています。このような理由によってクラウドへの移行が推進されていますが、従来型のオンプレミスセキュリティソリューションをそのままクラウドに拡張するという考えは、大きな誤りであるのかもしれません。バラクーダネットワークスは、クラウドの障壁の排除を目的として、Cloud Readyプログラムの拡充に継続的に取り組んでおり、今回、Amazon Web Services(AWS)およびMicrosoft Azure(Azure)でBarracuda Web Application FirewallとBarracuda NextGen Firewallを90日間利用できる、無料のクラウドライセンスの提供を開始しました。また、今回のプログラム改訂と併せて、Osterman Research社の協力を得て作成した、クラウドにおけるセキュリティ管理の問題解決に役立つホワイトペーパー「Deploying and Managing Security in the Cloud(クラウドにおけるセキュリティの展開と管理)」を公開しました。

クラウドへの移行を検討中のお客様はもちろん、移行のプロセスが既に進行中の場合も、以下のリンクからこのホワイトペーパー全文をお読みになることをお勧めします。ホワイトペーパーの概要を以下にご紹介します。

概要

機密性の高い企業データだけでなく、従来はオンプレミスのインフラストラクチャで管理されてきたIT機能も次々とクラウドへと移行されています。このホワイトペーパーの作成にあたって実施された調査で、大半の組織で機密データがクラウドに置かれていることがわかりました。

要点

  • ・クラウドへのセキュリティソリューションの選択、計画、展開にあたっては、さまざまな課題に直面し、その選択肢を評価するプロセスは、難しくなることはあっても、容易になることはありません。
  • ・クラウドは、新たな機能によってあらゆる規模の組織に大きなメリットをもたらしますが、軽減しなければならない新たな攻撃ベクトルも多く生まれます。
  • ・ネットワークを保護し、境界防御を確立するという古くからのアプローチがありますが、そのような方法はクラウド時代には現実的ではありません。クラウドやハイブリッドクラウドのアーキテクチャを使った、ネットワークの外部で利用できるIT機能が増えており、アプリケーションの脆弱性(ゼロデイエクスプロイトなど)や人の脆弱性(ソーシャルエンジニアリングなど)が標的とされるようになっています。

こちらから、ホワイトペーパー全文をお読みいただけます。

バラクーダネットCloud Readyプログラムの詳細:

バラクーダのパブリッククラウドソリューションの詳細は、こちらを参照してください。


*本内容はBarracuda Product Blog 2017年 5月24日 Good Read: “Deploying and Managing Security in the Cloud” – an Osterman Research White Paper を翻訳したものです。


コラム(バラクーダブログ)一覧へ

お問い合わせ

CONTACT