クラウド対応は万全ですか? Q&A  ― パブリッククラウドベンダの推奨ソリューション

セキュリティとストレージのリーディングカンパニー > ブログ > バラクーダネットワークス > クラウド対応は万全ですか? Q&A  ― パブリッククラウドベンダの推奨ソリューション

クラウド対応は万全ですか? Q&A  ― パブリッククラウドベンダの推奨ソリューション
Rich Turner

2017年07月24日

お知らせ:この記事は、Cloud Readyセキュリティに関する質問にお答えするシリーズの5回目です。今回が最終回です。連載の全記事はこちら、Barracuda Cloud Readyのブログ記事はこちらをご覧ください。

今日は、Cloud Readyシリーズの最終回です。この記事では、「現在利用しているセキュリティベンダのソリューションがクラウドプロバイダ推奨のソリューションかどうか」が重要なポイントになる理由を解説します。これは当たり前のように思えますが、非常に多数のベンダが、「投資額が大きくなってからクラウドワークロードのセキュリティ保護対策を講じようとすると、作業が非常に複雑になる」と指摘しています。それでは、早速リストの最後の質問を考えてみましょう。

10:パブリッククラウドベンダが推奨するソリューションか? 

Amazon EC2が登場して10年が経過した現在も、クラウドは未だ黎明期にあり、急速な成長と進化を遂げています。企業は、「長所と短所」という従来の視点でさまざまなクラウドプロバイダを検討しています。ただし、このような比較基準が、マルチクラウドの世界でも通用するかどうかはわかりません。

パブリッククラウドを採用するユーザは、アプリケーションをクラウドに移行し、「クラウド純正」のアプリケーションを新規開発するだけでなく、製品を追加してクラウドエクスペリエンスをカスタマイズしようとします。セキュリティは最優先事項なので、ユーザに選ばれるクラウドソリューションを提供するには、パブリッククラウドインフラの標準を上回るセキュリティ機能を実装する必要があります。

クラウドインスタンスに追加するソリューションを探しているユーザにとって、クラウドベンダこそ、貴重な証拠を示す情報源です。「クラウドマーケットプレイスで簡単に入手できる製品か」という点は、非常に重要です。というのは、クラウドベンダは、アプリケーションをマーケットプレイスに追加する際、事前にテストと検証を要求するからです。さらに重要なのが、「パブリッククラウドベンダが推奨するソリューションか?」という点です。バラクーダネットワークスはクラウドパートナー各社と、販売とマーケティングはもちろん、設計や認定という点でも緊密に連携しています。

クラウドベンダは、ユーザがクラウドエクスペリエンスの低下を招く製品を導入しないように、ソリューションに関する非常に率直な評価をユーザに提供します。バラクーダネットワークスのソリューションは、大手プロバイダすべてから推奨されており、特にセキュリティ機能が高く評価されています。

現在使用しているソリューションや今後導入を検討しているソリューションを選定する際には、クラウド対応を評価する目安として、是非この連載で解説した内容や質問を参考にしてください。以下に、参考になる資料やCloud Readyシリーズの記事のリンクをまとめます。

関連のブログ記事

お知らせ:この記事は、Cloud Readyセキュリティに関する質問にお答えするシリーズの5回目です。今回が最終回です。連載の全記事はこちら、Barracuda Cloud Readyのブログ記事はこちらをご覧ください。


*本内容はBarracuda Product Blog 2017年 6月19日 Are You Cloud Ready? Q & A – Does Your Cloud Provider Recommend the Solution? を翻訳したものです。


コラム(バラクーダブログ)一覧へ

お役立ち情報満載の資料ダウンロード|機能詳細、導入構成、モデル一覧などお役立ち情報が満載です。

お問い合わせはこちら

03-5436-6235 受付時間 平日9:00〜17:00

Webからのお問い合わせはこちら