バラクーダネットワークスが実施した調査:クラウドの活用が進む一方で依然として残るセキュリティ課題

セキュリティとストレージのリーディングカンパニー > ブログ > バラクーダネットワークス > バラクーダネットワークスが実施した調査:クラウドの活用が進む一方で依然として残るセキュリティ課題

バラクーダネットワークスが実施した調査:クラウドの活用が進む一方で依然として残るセキュリティ課題
Jesse Kimbrel

2017年07月25日

本日、バラクーダネットワークスは「Unlocking the Benefits of Public Cloud(パブリッククラウドのメリットを活用する)」というタイトルのホワイトペーパーを発表しました。このレポートでは、パブリッククラウドの使用、メリット、課題、セキュリティに関するトレンドを詳しく解説しています。テクノロジリサーチ会社であるVanson Bourneの協力のもと、南北アメリカ、ヨーロッパ、中東、アフリカ、アジアの企業1300社を対象に調査が行われ、それを基に、クラウドの使用状況に関する詳細データ、今後の展望、パブリッククラウドのセキュリティに関する課題がまとめられています。

ホワイトペーパーは、次の4部構成です。

  1. 調査対象となった企業によるパブリッククラウドの使用状況
  2. 企業が実現しているパブリッククラウドのメリット
  3. パブリッククラウドの課題
  4. パブリッククラウドのセキュリティと責任範囲

ホワイトペーパーは、こちらからダウンロードできます。


パブリッククラウドについては、次の参考資料やブログ記事もご覧ください。


*本内容はBarracuda Product Blog 2017年 6月22日 Barracuda Cloud Research Confirms Growing Usage and Remaining Security Concerns を翻訳したものです。


コラム(バラクーダブログ)一覧へ

お役立ち情報満載の資料ダウンロード|機能詳細、導入構成、モデル一覧などお役立ち情報が満載です。

お問い合わせはこちら

03-5436-6235 受付時間 平日9:00〜17:00

Webからのお問い合わせはこちら