AWS / Azure / vCloud Air 全てのクラウドに適応! クラウドセキュリティ対応ならバラクーダ クラウドからオンプレミスまで、バラクーダだからできるトータルセキュリティソリューション

  • Web Application Firewall / ウェブアプリケーション ファイアウォール

    クラウドで運用するWebアプリケーションに対する攻撃をブロックし、顧客情報流出を防ぐWAFの決定版。

    製品紹介はこちら
  • NextG Firewall / ネクストG ファイアウォール

    分散されたネットワーク環境に安定したリモートアクセスを提供する次世代型ファイアウォール。

    製品紹介はこちら
  • Email Security Gateway / イーメール セキュリティ ゲートウェイ

    スパムメール対策に加え、ウィルス対策、暗号化、コンテンツフィルタリングを兼ね備えたメールセキュリティソリューションの決定版。

    製品紹介はこちら
  • Message Archvier / メッセージアーカイバー

    リアルタイムでメールを自動保存し、全文検索機能により、素早く検索。復元が可能なメールアーカイブ。

    製品紹介はこちら
  • Load Balancer ADC / ロードバランサーADC

    サーバーの負荷分散機能に加え、アプリケーションデリバリコントロール機能を搭載。簡単設定で手間いらず。

    製品紹介はこちら

導入実績 ワールドワイドで15万社の導入実績。国内実績も多数!

  • NORITZ
  • 霧島酒造株式会社
  • SOFT CREATE
  • 札幌学院大学
  • 株式会社じほう
  • KRC
  • PROX
  • 青山学院大学

パートナー企業

  • J's Communication
  • J's Communication
  • JBS
  • SoftBank C&S
  • FUJITSU
  • JIG-SAW
  • ISAO
  • ISAO
  • ISAO
  • ISAO
お問い合わせ 03-5436-6235 平日9:00-17:00
  • 資料ダウンロード
  • 評価機お申し込み
  • ライブ製品デモ
  • パートナー募集

クラウドセキュリティ対策の必要性

オンプレミス同様のセキュリティ対策には、利用者による対策が必要不可欠

国内におけるパブリッククラウドの普及は、2011年の東日本大震災をきっかけに、データの遠隔化や分散化、事業継続性などがフォーカスされ、オンプレミスのサーバのクラウド化が急加速している現状があります。その一方、パブリッククラウドの導入に対する課題や懸念点として、情報漏洩などのセキュリティに対する不安は、常に上位にランクインする課題となっております。しかしながら、パブリッククラウドのセキュリティ対策は、依然としてサービス利用者の対策に委ねられているのが現状です。特にオンプレミスからパブリッククラウドへ移行したシステム環境の場合、オンプレミスと同様のセキュリティレベルを死守するためには、利用者側がプロアクティブに対策を講ずる必要があります。

パブリッククラウドでセキュリティ被害を受けた企業は2割弱という実態

クラウド総研によると、パブリッククラウドのセキュリティ対策として、約7割の企業がウィルス対策を実施しているという報告がありますが、脆弱性対策や侵入検知などの対策については全体の約5割にとどまります。一方、パブリッククラウドを利用する企業の約2割がセキュリティ被害を受けたことがあると報告しています。その被害内容としては、標的型攻撃やアカウント情報の流出が全体の6割以上を占めているのが実態です。今後、パブリッククラウドを利用する企業は、アプリケーションレベルに特化した、さらなるセキュリティ対策も求められます。

バラクーダネットワークスでは、Amazon Web Service、Microsoft Azure、VMware vCloud Air上で、以下の製品ラインアップをご利用頂けます。

製品紹介

Barracuda Web Application Firewall

  • AWS
  • Azure
  • vCloud Air

パブリッククラウドの構築と運用で一番実績が多いWebアプリケーション。パブリッククラウドのセキュリティ対策は万全でも、Webアプリケーションの特化したセキュリティ対策には、WAF(Webアプリケーションファイアウォール)が必要不可欠です。 パブリッククラウド上にWAFを「持ち込み」することでWebアプリケーションに対する攻撃を保護することができるBarracuda WAF。従来のアプライアンスと同様の機能をパブリッククラウドでもご利用頂けます。
実績豊富なBarracuda Web Application Firewallにより、SQLインジェクション、クロスサイトスクリプティング(XSS)、 セッションスプーフィング、XMLベース攻撃、ブルートフォース攻撃、マルウェアアップロード、セッション改ざんなど、アプリケーションレイヤにおける最新のリスクからクラウド上の広範なアプリケーションを守ることで、 安心してクラウドサービスを利用することができます。

Barracuda NextG Firewall

  • AWS
  • Azure
  • vCloud Air

Barracuda NextGen Firewall Fシリーズは、次世代型ファイアウォールで安全なリモートアクセスを提供します。 クラウド上で、マルチゾーンネットワークアーキテクチャを導入することで、オンプレミスネットワークと同様にご利用頂けます。
オンプレミスネットワークやユーザデバイスからクラウドサービスへセキュアで高速なコネクションを提供します。また業界最高の集中管理機能により、 スケーラブルな管理とオーバーヘッドなしに、ユーザに必要なフォルトトレランスなネットワークインフラを提供します。

Barracuda Email Security Gateway

  • AWS
  • Azure
  • vCloud Air

Barracuda Email Security Gateway は、送信メール・受信メールを監視し、メールを悪用したウィルス、マルウェアや、日々大量に送りつけられるスパムによる脅威や情報漏洩から保護するためのメールセキュリティソリューションです。Barracuda Email Security Gateway は、ウィルス対策、データ保護、暗号化、コンテンツフィルタリングなどの機能を兼ね備えたEメールの包括的ソリューションです。7年連続国内出荷台数No.1のBarracuda Email Security Gateway で、送信メール・受信メールのEメールセキュリティポリシーを強化します。

Barracuda Message Archvier

  • Azure
  • vCloud Air

企業のコンプライアンスと訴訟対策で送信・受信メールの保管の必要性が高まっています。 また、2012年7月に関税法により輸出入の業務でやり取りしたメール保管が義務化され、その波は他業種にまで及ぶかもしれません。Message Archiverはメールアーカイブソリューションで、効率的なインデックスを作成し、すべてのメールの自動保存が可能。検索・復元性に優れ、運用効率の向上と、規定コンプライアンスニーズを満たします。

Barracuda Load Balancer ADC

  • AWS
  • vCloud Air

サーバの負荷分散や冗長構成として、ロードバランサを検討される方が多い中、専門知識が必要で、さらに高額な製品が多くて中々、導入に踏み切ることが難しいと思われがちなロードバランサ。Barracuda Load Balancer ADCは、日本語GUIでネットワークに関する専門的な知識がなくても簡単にセットアップが可能で、導入に二の足を踏んでいた社内システムの負荷分散にもご利用頂けます。

お問い合わせ 03-5436-6235 平日9:00-17:00
  • 資料ダウンロード
  • 評価機お申し込み
  • ライブ製品デモ
  • パートナー募集

バラクーダが選ばれる理由

  • 理由1
    導入が容易

    デフォルト設定でわずか15分でセットアップ完了。直感的な日本語GUIで日々の運用も容易です。

  • 理由2
    高機能

    業界最先端の機能をいち早くクラウドサービスに対応。簡単設定で適用、高価なオプション費用は必要ありません。

  • 理由3
    豊富な導入実績

    2007年から7年連続国内販売台数シェアNo.1のBarracuda WAF(※)をはじめ、バラクーダ製品は、一般企業、ECサイト、xSP、金融機関、行政、大学など、幅広い業種でご利用頂いております。

※株式会社富士キメラ総研発行2014ネットワークセキュリティビジネス調査総覧 (上巻:市場編)  a.ゲートウェイ型