【更新】Barracuda Backup ステータス誤表示・オフラインアラート誤送信について

セキュリティとストレージのリーディングカンパニー|バラクーダ > お知らせ一覧 > 【更新】Barracuda Backup ステータス誤表示・オフラインアラート誤送信について

【更新】Barracuda Backup ステータス誤表示・オフラインアラート誤送信について

2017/09/16以降、Barracuda Backupにおいて、以下の障害が発生しておりました。

現在は復旧しております。

ご利用中のお客様には、大変ご迷惑をお掛けしておりますことを深くお詫び申し上げます。


【発生日時】

2017年9月16日頃 - 2017年9月21日 6:00AM頃

 
【事象】

弊社クラウドでBBS-クラウド間の接続ステータスの監視機能が不安定な状態となっておりました。


【影響】

  • ・クラウドGUIのステータス情報で、機器が実際はオンラインであるにも関わらずオフラインとして表示される。
  • ・一部お客様については、オンラインであるにも関わらずオフラインアラート通知・およびリカバリー通知が送信されております。

スケジュールバックアップ、リストア、レポート等、Backupの動作・機能に影響はありません。

※以前からオフライン状態が継続している機器は除く
 
【原因】

BBS-クラウド間の接続状況を定常的に監視しているサーバ群の一部が不安定な状態となっておりました。

【対策】

監視サーバのメンテナンスおよびチューニングを実施することにより、最適化することにより
パフォーマンスが安定し、本事象は復旧しております。


お知らせ一覧へ

お問い合わせ

CONTACT