Webアプリケーションに対する攻撃を保護

セキュリティとストレージのリーディングカンパニー > Web Application Firewall for Microsoft Azure

Barracuda Web Application Firewall
for Microsoft Azure

製品概要

パブリッククラウドの構築と運用で一番実績が多いWebアプリケーション。
パブリッククラウドのセキュリティ対策は万全でも、Webアプリケーションの特化したセキュリティ対策には、
WAF(Webアプリケーションファイアウォール)が必要不可欠です。

パブリッククラウド上にWAFを「持ち込み」することでWebアプリケーションに対する攻撃を保護することができる
Barracuda WAF。従来のアプライアンスと同様の機能をMicrosoft Azureでもご利用頂けます。

Barracuda WAFは、Microsoft AzureでホスティングされているWebアプリケーションや、
関連する機密データの包括的な保護機能を提供する初の企業となります。

実績豊富なBarracuda Web Application Firewallにより、
SQLインジェクション、クロスサイトスクリプティング(XSS)、セッションスプーフィング、XMLベース攻撃、ブルートフォース攻撃、
マルウェアアップロード、セッション改ざんなど、アプリケーションレイヤにおける最新のリスクから
クラウド上の広範なアプリケーションを守ることで、 安心してMicrosoft Azureを利用することができます。

導入構成(システム構成図)

Barracuda WAF for Microsoft Azureは、ワンアームプロキシ構成でご導入頂くことにより、
Microsoft Azure上のWebアプリケーションを容易に保護することができます。


導入構成

Azureその他の製品

Azureのその他製品に関するリンクをご活用ください

関連ページ・資料

Barracuda Web Application Firewall for Microsoft Azure に関する資料、リンクをご活用ください

お問い合わせ CONTACT