ハッカーからのサイバー攻撃を防御するBarracuda WAF

セキュリティとストレージのリーディングカンパニー > 製品紹介 > ハッカーからのサイバー攻撃を防御するBarracuda WAF

Webアプリケーションの脆弱性を狙った攻撃を徹底ブロックし企業の信用力を高める

顧客情報などの流出は、信用の失墜・賠償責任などを企業にもたらします。脆弱性対策として、セキュアプログラミングによるWebアプリケーションのセキュリティ向上をさせても、常にバージョンアップが必要となり、膨大なコストが発生し続けるものです。こうした問題を解決するのがサーバサイドに設置するWebアプリケーションファイアーウォール、通称WAF。
Barracuda WAFは、2007年よりWAFの国内販売台数シェアNo.1。一般企業はもちろん、ECサイト、xSP、金融機関、行政、大学など、幅広い業種にご提供しています。Webアプリケーションを脅威から守り、Webサービスのセキュリティを極限まで向上させます。

※株式会社富士キメラ総研発行2013ネットワークセキュリティビジネス調査総覧 (上巻:市場編)  a.ゲートウェイ型

マンガで読むWAFの重要性:Webサイトの脆弱性にどう対処する?

あなたのECサイトが危ない!!マンガで見るWebサイトの脆弱性への対応方法と、Webアプリケーションファイアウォール導入の重要性をわかりやすくご紹介します。

あらすじ:
穴凹システムインテグレータが受注したECサイトが、まさかの情報漏洩を起こしてしまう。一体どこに原因があり、何をすれば対策できるのか。佐藤の必死の原因追跡が始まる。

マンガで見るWAFの重要性

Barracuda WAFの導入構成

Barracuda WAFは構成に合わせて、複数の導入方式をお選び頂けます。

  1. ブリッジ構成

    ネットワーク構成の変更が必要なく、導入できる方式。イーサネットハードバイパスモードが利用可能で、フェールオープンがご利用頂けます。

  2. リバースプロキシ構成

    バックエンドサーバが隔離されるので、最もセキュアな構成。ロードバランス機能、インスタントSSL機能を含む、Barracuda WAFの全機能をご利用頂けます。

  3. ワンアームプロキシ構成

    リバースプロキシ構成と比較して、導入構成が容易で、 ネットワーク構成の変更が必要ありません。サーバがローカル環境にない場合でもご利用頂けます。

お役立ち情報満載の資料ダウンロード|機能詳細、導入構成、モデル一覧などお役立ち情報が満載です。

お問い合わせはこちら

03-5436-6235 受付時間 平日9:00〜17:00

Webからのお問い合わせはこちら