セキュリティとストレージのリーディングカンパニー|バラクーダ > 導入事例 > テクノプロ・ホールディングス


テクノプロ・ホールディングス株式会社 ITインフラ部 ITインフラ課 シニアマネージャー サルマ ビナヤ氏に、Barracuda Message Archiverを導入した経緯とその効果について詳しくお聞きました。

Barracuda Message Archiver

テクノプロ・ホールディングス株式会社

設立
2012年4月
資本金
67億8,500万円
事業内容
グループ会社の統括および運営

テクノプロ・ホールディングス株式会社について


2012年4月設立。東証第1部上場。16000人を超える技術者・研究者を擁する国内最大の技術系人材サービス企業グループを統括。グループ会社で、機械、電気・電子、組込制御、IT・通信、化学、バイオ、医薬、建設など、産業界が必要とする全ての技術領域で技術者派遣や受託請負等の技術サービスを提供。国内に112の拠点、26の受託開発センター、4つのリサーチセンター、4つの大型研修センター、57の研修施設を持つ。

※ この事例に記述した数字・事実はすべて、事例取材当時に発表されていた事実に基づきます。数字の一部は概数、およその数で記述しています。


シンプルな料金体系を持つ、Barracuda Message Archiverのアーカイブ、検索、リストア機能に期待しています


コンプライアンスを目的にメールのアーカイブを実施


Q: テクノプロ・ホールディングスでは、 Barracuda Message Archiverをどのようにお使いですか。

テクノプロ・ホールディングスでは、 Barracuda Message Archiver モデル850を2018年2月に導入し、3月よりコンプライアンスを目的としたメールのアーカイブを行っています。そして、関連部門からの要望に応じて、必要となるメールのアーカイブからの検索を実施し、リストアしてデータを提供しています。


スピーディーな対応が必要となるメールの検索とリストア


Q: Barracuda Message Archiverを導入される前は、メールアーカイブ製品を使用していたのでしょうか。

メールアーカイブ製品は使用していましたが、アーカイブすることを目的に導入したシステムでしたので、先にお話しした関連部門などからの要望によって行うメールの検索性については乏しいものでした。当社グループには1万人以上のメールユーザがおり、保存されているアーカイブも膨大なボリュームになるため、実際にメールをアーカイブから検索してリストアする時間は1〜2時間どころか、数日がかりということもありました。また検索設定を行い実行してもエラーで検索できないというケースもあり、課題となっていました。
コンプライアンスに関連した依頼、中でも特にお客様からの要請の場合には、とにかくスピーディーな対応が求められるからです。

そこで、当社で使用しているMicrosoftのExchange Serverのバージョンアップに際して、課題であったメールアーカイブシステムの刷新も計画し、当時使用していたシステムも含めて複数のメールアーカイブ製品を比較検討することにしました。

評価機による検証を経て、導入を決定


Q: いくつのメールアーカイブ製品を比較検討されたのですか。


MicrosoftのExchange Serverとの親和性を考慮すると、メールアーカイブのシステムにはそれほど多くの選択肢があるわけではありません。Barracuda Message Archiverを含めて、3〜4のシステムを比較検討しましたが、その中には、使用中のメールアーカイブ製品にオプションを導入して、検索性能を高めるプランも入っていました。

Barracuda Message Archiverはネット検索で知ったのをきっかけに問い合わせをし、一度SEの方に説明に来ていただきました。その際に、当社が想定している要件と、Barracuda Message Archiverが一致している点が確認できましたので、評価機を借用しました。実際の使い勝手、機能、インターフェイスなどを検証した結果、当社の考えに合致しているBarracuda Message Archiverがいいのではないか、という評価になりました。


シンプルなライセンス体系を評価


Q: Barracuda Message Archiverを採用した理由を教えてください。

  1. ライセンス体系がシンプルだった

    以前使用していたシステムをはじめ、比較検討したシステムはユーザライセンスのものが多かったのですが、1ライセンスはリーズブルな設定でも、当社のようにユーザが1万以上になると、かなりのライセンス料になってしまいます。また、そのライセンス料も1年あるいは3年といった更新のタイミングで改めて発生しますので、膨大なオペレーションコストがかかります。
    その点、Barracuda Message Archiverはアプライアンス単位のシンプルなライセンス体系です。ユーザライセンスが不要で、ユーザの増減を考慮する必要がないことに加え、サーバ単位のオプションライセンスも不要ですから、無駄なライセンス料が発生しない点を評価しました。

  2. 使い勝手がよく、機能的に充実している

    インターフェイスもわかりやすく、使い勝手が良い点を評価しました。機能面でも、詳細な検索設定ができますので、ピンポイントでの検索に力を発揮しそうです。また、当社はユーザ数の規模が大きくメールの流通量も多いため、メールの圧縮・重複排除機能など、データ量をできるだけ抑える機能の搭載も評価しました。
    また、オンプレミスでメールアーカイブを長期保存・管理できることに加え、オンプレミスとクラウドのメールアーカイブを同時に実現できるオプションがある点も評価しています。

  3. 1社でシステムとアプライアンスを提供

    使い勝手がよいシステムでも、システムを提供するベンダーとメールをアーカイブするサーバのベンダーが異なれば、当社の管理、サポートやトラブルの際の問い合わせが煩雑になります。Barracuda Message Archiverは1社でシステムとアプライアンスの両方を提供している点を評価しました。

  4. 将来的にユーザを広げることが可能
現在は、IT部門でアーカイブからの検索・リストアを実施していますが、機能的には検索用画面を関連部門に公開することも可能なシステムとなっている点を評価しました。関連部門で、必要となるメールの検索・リストアを行うようになれば、スピーディーな対応が可能になりますし、現在、検索を行っているIT部門も本来の業務に集中することができます。

導入のセットアップは、すべて社内のチームで実施


Q:Barracuda Message Archiverの導入状況を教えてください。

導入にあたってのセットアップは、すべて社内のチームで行いました。設定そのものは簡単で、短時間で作業ができました。実際に担当したメンバーはバラクーダネットワークスの製品に触れるのは初めてでしたが、わかりやすいインターフェイスとマニュアルが整備されていることもあり、いくつかの質問をメールでやり取りした程度で特に困ることもなく導入できたと聞いています。

現在、すべてのメールはBarracuda Message Archiverによるアーカイブを実行しています。何の問題もなく稼働している状況にあり、検索などもスムーズに実行できています。


Q:Barracuda Message Archiver、バラクーダネットワークスに対してのリクエストなどありましたら教えてください。

今後、メールが蓄積されていった段階においても、スムーズに稼働してくれることを期待しています。


導入製品

Barracuda Message Archiver

リアルタイムでメールを自動保存、全文検索により迅速にメールを検索 復元が可能なメールアーカイブアプライアンス。
関税法によるメール保存義務化にも対応。Office365/Google Appsへメール移行した場合も、 オンプレミスでメールの長期保管を実現


この製品の関連ページはこちら


 

導入事例一覧へ

お問い合わせ

CONTACT