ブログ

セキュリティとストレージのリーディングカンパニー|バラクーダ > ブログ

ブログ

2018年08月10日
メールに代わるコミュニケーションチャネルはサイバーセキュリティ上の懸念の原因

すべてのサイバーセキュリティプロフェッショナルはメールが依然としてマルウェアが自社内で拡散するプライマリベクタであると意識しすぎています。一方、エンドユーザは、ますますメールから離れて、以前はメールに添付されていたファイルを共有できるSlackなどのコラボレーションプラットフォームまたはGoogleドライブなどのサービスによるコミュニケーションを選択する傾向が高まっています。


サイバーセキュリティプロフェッショナルは少なくとも理論上は、この移行を推奨する傾向があるはずです。しかし、ファイルまたはURLで実行される攻撃を防止するためのツールのプロバイダPerception Pointが500人のIT意思決定者を対象に実施した新しい調査によると、調査対象のIT意思決定者の80%がメールに代わるコラボレーションサービスもサイバー攻撃を受けやすいと考えていることが判明しています。


メールに代わるコミュニケーションチャネルはサイバーセキュリティ上の懸念の原因

2018年07月20日
メールセキュリティ戦略の最大の弱点はユーザトレーニングか?

メールサーバの外側にメールセキュリティゲートウェイを導入するだけで、エンドユーザに到達しないようにスパムとウィルスを防止できた時代は、すでに過去のものです。現在のゲートウェイは、確かにまだ役立っていますが、ほとんどの場合は、可能なかぎり最適なメールセキュリティアプローチを確保するために、追加のテクノロジと組み合わせられています。この理由は、ゲートウェイテクノロジがソーシャルエンジニアリングのスピアフィッシング攻撃を検出するために設計されていないこと、およびゲートウェイでまったく管理されていない個人アカウントがフィッシング攻撃を受ける可能性が常にあることです。しかし、ユーザがBEC(ビジネスメール詐欺)、インパーソネーション、またはスピアフィッシング攻撃を受けることを懸念している企業は、このような攻撃をリアルタイムに検出および防止するために役立つ人工知能を活用するソリューションをすでに導入しているでしょうか?


メールセキュリティ戦略の最大の弱点はユーザトレーニングか?

2016年08月02日
Barracuda Email Security Gatewayに新仮想モデルが登場

本日は、Barracuda Email Security Gateway(Barracuda ESG)に仮想モデルが新たに3つ加わったことをご報告します。新登場のVx 800、900、1000は、大規模環境向けに設計されています。製品の詳細と仕様は、こちらをご覧ください。


Barracuda Email Security Gatewayに新仮想モデルが登場

2015年01月23日
サポートFAQ:バラクーダネットワークス製品は、グリーンプロダクトに対応していますか?

毎週金曜日は、テクニカルサポートによくある質問(FAQ)をご紹介。今日は製品全般にまつわる、こちらのご質問です。

バラクーダネットワークス製品は、グリーンプロダクトに対応していますか?


サポートFAQ:バラクーダネットワークス製品は、グリーンプロダクトに対応していますか?

2014年11月21日
サポートFAQ:設定の自動バックアップを設定したのに、自動バックアップが実行されません

  • バラクーダジャパンブログでは、今後、テクニカルサポートによくある質問(FAQ)もご紹介していきます。第一弾はバラクーダ全製品に共通するこちらの質問から。


サポートFAQ:設定の自動バックアップを設定したのに、自動バックアップが実行されません

2014年10月20日
【2014年11月19日更新】バラクーダネットワークス製品とCVE-2014-3566: SSL3.0の脆弱性について

2014年10月14日、暗号化プロトコル「SSL3.0」における深刻な脆弱性が発見され(http://googleonlinesecurity.blogspot.jp/2014/10/this-poodle-bites-exploiting-ssl-30.html)、弊社製品につきましても影響を受ける可能性があることが判明いたしましたので、ご案内申し上げます。


【2014年11月19日更新】バラクーダネットワークス製品とCVE-2014-3566: SSL3.0の脆弱性について

2014年10月01日
バラクーダネットワークス製品とCVE-2014-6277、CVE-2014-6278、CVE-2014-7169: bash脆弱性(aftershock)について

2014年9月26日に更新しました、LinuxなどのUNIX系OSで標準的に使われているシェル「bash」の新たな脆弱性「aftershock」 (CVE-2014-6277、CVE-2014-6278、CVE-2014-7169)に対して、弊社製品につきましても影響を受ける可能性があるこ とが判明致しましたので、ご案内申し上げます。


バラクーダネットワークス製品とCVE-2014-6277、CVE-2014-6278、CVE-2014-7169: bash脆弱性(aftershock)について

2014年09月26日
バラクーダネットワークス製品とCVE-2014-6271: bash脆弱性について

2014年9月24日、LinuxなどのUNIX系OSで標準的に使われているシェル「bash」に重大な脆弱性が発見され(http://seclists.org/oss-sec/2014/q3/650)、弊社製品につきましても影響を受ける可能性があることが判明致しましたので、ご案内申し上げます。


バラクーダネットワークス製品とCVE-2014-6271: bash脆弱性について

2014年09月22日
ロビン・ウィリアムズ氏の訃報を悪用したスパム

先週、俳優ロビン・ウィリアムズ氏の訃報が報じられ、多くの人が追悼の意を表しました。突然の死とその理由についてはいまだ明らかになっていない点も多くあります。

ロビン・ウィリアムズ氏の訃報を悪用したスパム

2014年09月19日
AWSのBarracuda Spam Firewallが年間サブスクリプションで利用可能に

本日は、Barracuda Spam Firewall(BSF)がAmazon Web Service(AWS)Marketplaceにおいて、年間サブスクリプションの提供を開始したことを発表します。これまで提供されていたライセンスモデルは、オンデマンドの時間単位またはBYOL(ライセンスの持ち込み)のいずれかでした。


AWSのBarracuda Spam Firewallが年間サブスクリプションで利用可能に

お問い合わせ

CONTACT