ブログ

セキュリティとストレージのリーディングカンパニー|バラクーダ > ブログ

ブログ

2014年10月20日
【2014年11月19日更新】バラクーダネットワークス製品とCVE-2014-3566: SSL3.0の脆弱性について

2014年10月14日、暗号化プロトコル「SSL3.0」における深刻な脆弱性が発見され(http://googleonlinesecurity.blogspot.jp/2014/10/this-poodle-bites-exploiting-ssl-30.html)、弊社製品につきましても影響を受ける可能性があることが判明いたしましたので、ご案内申し上げます。


【2014年11月19日更新】バラクーダネットワークス製品とCVE-2014-3566: SSL3.0の脆弱性について

2014年10月01日
バラクーダネットワークス製品とCVE-2014-6277、CVE-2014-6278、CVE-2014-7169: bash脆弱性(aftershock)について

2014年9月26日に更新しました、LinuxなどのUNIX系OSで標準的に使われているシェル「bash」の新たな脆弱性「aftershock」 (CVE-2014-6277、CVE-2014-6278、CVE-2014-7169)に対して、弊社製品につきましても影響を受ける可能性があるこ とが判明致しましたので、ご案内申し上げます。


バラクーダネットワークス製品とCVE-2014-6277、CVE-2014-6278、CVE-2014-7169: bash脆弱性(aftershock)について

2014年09月26日
バラクーダネットワークス製品とCVE-2014-6271: bash脆弱性について

2014年9月24日、LinuxなどのUNIX系OSで標準的に使われているシェル「bash」に重大な脆弱性が発見され(http://seclists.org/oss-sec/2014/q3/650)、弊社製品につきましても影響を受ける可能性があることが判明致しましたので、ご案内申し上げます。


バラクーダネットワークス製品とCVE-2014-6271: bash脆弱性について

2014年08月27日
バラクーダネットワークスがReaders' Choice AwardでSilverアワードを獲得

ChannelPro Networkが主催する2014 Readers' Choice Awardの「ベストセキュリティハードウェアベンダ」部門において、バラクーダネットワークスがSilverアワードを獲得しました。


バラクーダネットワークスがReaders' Choice AwardでSilverアワードを獲得

2014年07月17日
CTOBOBポッドキャストでネットワークセキュリティを解説

今年はこれまでに、バラクーダネットワークス製品の専門家数名がCTOBOBポッドキャストに出演しています。ルオティン・サン(Ruoting Sun)は、次世代ファイアウォール、Webコンテンツセキュリティなどを取り巻くセキュリティ上の課題とベストプラクティスについて解説しています。トピックをいくつかご紹介しましょう。


CTOBOBポッドキャストでネットワークセキュリティを解説

2014年07月16日
Barracuda NextG Firewall、Microsoft中心の環境のサポート強化(MSP向けの機能紹介動画)

今日は、MSP(マネージドサービスプロバイダ)を対象としたBarracuda NextG Firewallの動画をご紹介しましょう。この動画では、EMEA地域セールスエンジニア担当ディレクタであるデイビット・ロマックス(David Lomax)が次の内容について解説しています。

Barracuda NextG Firewall、Microsoft中心の環境のサポート強化(MSP向けの機能紹介動画)

2014年07月04日
EvernoteとFeedlyを標的にした攻撃:ついにコンシューマがDDoSの標的に?

先日、EvernoteとFeedlyを標的にしたDDoS攻撃が発生しました。今回の事件により、巧妙なDDoS攻撃が世界中のユーザに影響を与える破壊力を持つことが実証されました。DDoS攻撃を受けたEvernoteとFeedlyは、サービスを中断する事態に陥りました。攻撃中止とひきかえに金銭の支払いが要求されましたが、Feedlyはこれを拒否し、数時間後にサービスを復旧することができました。Evernoteでのサービス中断は短時間でしたが、その日はアクセスしにくい状態が単発的に発生しました。Evernoteは、金銭要求についてコメントしていません。


EvernoteとFeedlyを標的にした攻撃:ついにコンシューマがDDoSの標的に?

2014年07月03日
クラウス・ゲリが提案する「iFirewall」

今日は、バラクーダネットワークスのヨーロッパ地域プロダクトマネジメント担当VP、クラウス・ゲリ(Klaus Gheri)のメッセージをご紹介しましょう。クラウスは、SME(中小規模の企業)が直面しているセキュリティ対策という課題について話しています。セキュリティ対策はあらゆる企業の課題ですが、SMEには大企業のように豊富なリソースはありません。この問題は、サイバー犯罪組織とそれに対抗するセキュリティ業界が繰り広げる激しい攻防により、さらに深刻化しています。現在、新たなセキュリティ保護機能が登場すると、それに対抗してサイバー犯罪はさらに巧妙化する、といったいたちごっこが続いています。その結果、SMEは新たな脅威に対応しきれず、窮地に追い込まれています。


クラウス・ゲリが提案する「iFirewall」

2014年06月26日
バラクーダネットワークスならではのメリット:シングルソースソリューション

バラクーダネットワークスならではのメリットでは、バラクーダネットワークスが提供する製品の特徴として、機能性、手頃な価格、使いやすさについて説明しました。このようなメリットを実現できているのは、それぞれの製品で、特定の領域に特化した設計を行っているからです。たとえば、Barracuda Backupには、Barracuda Message Archiver(BMA)のようなメールに特化した機能はなく、BMAにはネットワークデータをバックアップする機能はありません。このようにバラクーダネットワークスは、設計通りに優れたパフォーマンスを発揮できる最高クラスのソリューションを提供しています。


バラクーダネットワークスならではのメリット:シングルソースソリューション

お問い合わせ

CONTACT