ブログ

セキュリティとストレージのリーディングカンパニー|バラクーダ > ブログ

ブログ

2018年11月29日
グローバル調査によってサイバーセキュリティ上の優先事項が今後、変化することが判明

今月、弊社は、15周年を祝ったことにあわせて、最初のメールセキュリティソリューションを発売した2003年以降テクノロジがどれほど変化してきたかについて考えました。また、お客様とチャネルパートナー様がサイバーセキュリティの過去、現在、未来についてどのように感じているか、およびそのアプローチが時間とともにどのように進化してきたかを知りたいと考えました。

グローバル調査によってサイバーセキュリティ上の優先事項が今後、変化することが判明

2018年11月20日
サイバー保険の良い点、悪い点、および醜い点を受け入れる

サイバーセキュリティリスクの評価については、企業経営者が最終的に理解していると思われます。サイバー保険市場は活況を呈しています。オンラインサイバー保険市場CyberPolicyのレポートによると、サイバー保険の契約数が過去1年間にわたって1四半期に平均69%増加しています。

サイバー保険の良い点、悪い点、および醜い点を受け入れる

2018年11月12日
AI(人工知能)によるサイバーセキュリティへの影響を受け入れるべき時代の到来

サイバー犯罪者が、現在よりはるかに高度な標的型攻撃を考え出し、実行するために、AIを悪用し始めることは時間の問題です。サイバー犯罪者は、AIモデルを構築するためのデータを収集するボットを所有しており、AIモデルを構築するための技術者を採用する金銭的余裕もあります。また、多くの国家がサイバースパイ活動を行うためにAIを悪用していることは、ほぼ確実です。

AI(人工知能)によるサイバーセキュリティへの影響を受け入れるべき時代の到来

2018年10月05日
ユーロポール(欧州刑事警察機構)は継続的な脅威を重視しているが、MagecartによってWebセキュリティへの注力が必要になっている

脅威の状況については、人目を引く攻撃の方に非常に気を取られやすいものです。このような攻撃は、記事の見出しにうってつけであり、一部のニッチベンダが特効薬的なソリューションを販売するために役立つ可能性があるだけでなく、実際は、現在の企業が直面するサイバー攻撃という点で想像以上に継続性があります。この事実はユーロポールの最新のIOCTA(Internet Organised Crime Threat Assessment)年次レポートによって裏付けられています。このレポートの内容は、それほど驚くものではありませんが、現場の状況を慎重に評価するものです。

ユーロポール(欧州刑事警察機構)は継続的な脅威を重視しているが、MagecartによってWebセキュリティへの注力が必要になっている

2018年09月28日
英国企業/団体のメールアカウントが大規模なフィッシング攻撃で悪用

この数か月間、英国ではメールアカウント乗っ取り攻撃が大幅に増加しています。
メールアカウント乗っ取り攻撃は、重大なニュースとして定期的に取り上げられないかもしれませんが、被害が壊滅的で、検出が非常に困難な場合があります。


英国企業/団体のメールアカウントが大規模なフィッシング攻撃で悪用

2018年09月05日
メール:サイバー犯罪者が選択する最大の侵入方法

メールシステムはフィッシング、マルウェア、およびランサムウェアの主要な攻撃元になっています。

追加のメールセキュリティレイヤへの投資を顧客に納得してもらうことは、困難な可能性がありますが、MSP(マネージドサービスプロバイダ)にとって十分にやりがいがあります。結局は、セキュリティ侵害が発生した場合は、MSPが混乱を一掃する必要があります。

MSPがセキュアメールサービスを顧客に販売するための第一歩は問題の範囲を納得してもらうことです。多くのSMB(中小企業)は、自社が標的になるほど有名ではないと感じていますが、サイバー攻撃を受けることが多いです。Ponemon InstituteはSMBの55%が2016年にサイバー攻撃を受けたと述べています。


メール:サイバー犯罪者が選択する最大の侵入方法

2018年08月30日
攻撃を受けるスマートシティ:IoT(モノのインターネット)セキュリティについて熟慮して損はない理由

IoTによって、世界中のビジネスが変革しています。また、ビジネスの安全性、効率、生産性、およびアジリティを向上し、環境負荷を削減できます。一方、このような新しいシステムが悪用されて、企業ネットワークへの侵入またはボットネットへの参加だけでなく、広範囲なパニックおよび新しいスマートシティ環境上の人命の危険が発生する可能性があるという現実的な危険もあります。Black Hatで発表された新しいレポートには、まさにこの状況が説明されています。残念ながら、この状況は今に始まったことではありません。

IoTの新しい世界による脅威を軽減するには、この複雑なエコシステムのすべてのレイヤで対策を取る必要があります。つまり、メーカーがさらにセキュアなデバイスを開発し、企業がこのようなデバイスをさらにセキュアに実装および設定し、セキュリティ業界がシステムを保護するための実際的なソリューションによって進歩するように推進するということです。


攻撃を受けるスマートシティ:IoT(モノのインターネット)セキュリティについて熟慮して損はない理由

2017年12月07日
ケーススタディ:Barracuda Cloud Generation Firewallを使ってAWSへセキュアにマイグレート

クラウドへのマイグレートを検討中、またはすでにアプリをクラウドで運用している管理者は、データとアプリのセキュア化に責任を持たなければなりません。クラウドがビジネスにおいて正しい選択となるには、何百もの理由がありますが、その決定打は、組織の爆発的な成長とパフォーマンスの向上を促すものといえるでしょう。


ケーススタディ:Barracuda Cloud Generation Firewallを使ってAWSへセキュアにマイグレート

2017年11月09日
「Equifaxの大規模データ流出をWAFが阻止」になるはずが、そうならなかった理由

ハッキングの被害に遭ったことのない50%のアメリカ人にとって、Equifaxの事件は、毎日報道されるニュースやスキャンダルの中で特に目を引くものではありません。

Equifaxが最初にハッキングの被害に遭ったのは、3月の初旬でした。現在明らかになっている詳細情報によると、攻撃の対象となったのは、銀行などの金融機関がEquifaxとのインタラクションに使用していたAPIでした。ところが、被害の範囲はわずか数人と小規模でした。その後、5月中旬と6月29日に大規模なハッキングが発生します。このハッキングにより、およそ1億4,300万件のレコードが流出したのです。ハッキングに気付いたEquifaxは社外組織と対応にあたり、9月8日にデータ流出を発表しました。

データ流出の後、事態をさらに悪化させる問題が複数浮上したのです。


「Equifaxの大規模データ流出をWAFが阻止」になるはずが、そうならなかった理由

お問い合わせ

CONTACT