1. HOME
  2. Blog
  3. Blog
  4. メール攻撃のタイプ: ブランドインパーソネーション

Info.

お知らせ

Blog

メール攻撃のタイプ: ブランドインパーソネーション

トピック: 13タイプのメール攻撃ブランドインパーソネーションメール保護Office 365セキュリティ

2020年6月24日、Christine Barry

ブランドインパーソネーションは、メールの悪意を隠蔽するために、企業またはブランドを偽装する攻撃です。ブランドインパーソネーションの意図は、受信者が、メールが信頼可能な送信者から送信されたと思い込んで、メールに返信し、機密情報を提供することです。

マイクロソフトはスピアフィッシングで最も偽装されているブランドです。他のよく偽装されているブランドはアップル、Netflix、eBay、およびPayPalです。バラクーダの調査担当者によると、Googleを偽装した攻撃が2020年のフォームベースのブランドインパーソネーションの65%を占めています。

ブランドインパーソネーションはバラクーダの無料の電子書籍である「13 email threat types to know about right now」で特定された攻撃の一つです。電子書籍を今すぐ入手し、この攻撃と他の危険なメール攻撃を防止する方法を学習してください。

原文はこちら:

Email threat types: Brand impersonation

June 24, 2020 Christine Barry

https://blog.barracuda.com/2020/06/24/email-threat-types-brand-impersonation/

Related posts