【Message Archiver / Email Security Gatewayをご利用中のお客様へ】 Office 365での TLS 1.2 の必須化に伴う使用上の注意

セキュリティとストレージのリーディングカンパニー|バラクーダ > お知らせ一覧 > 【Message Archiver / Email Security Gatewayをご利用中のお客様へ】 Office 365での TLS 1.2 の必須化に伴う使用上の注意

【Message Archiver / Email Security Gatewayをご利用中のお客様へ】 Office 365での TLS 1.2 の必須化に伴う使用上の注意

2018 年 10 月 31 日より、Microsoft Office 365 では TLS 1.0 および 1.1 のサポートが廃止されます。


<参考:Microsoftサポート記事>

Office 365での TLS 1.2 の必須使用に対する準備

Message Archiver・Email Security Gateway < = > Office 365間で、SMTP over TLS (SSL) , IMAP / POP over TLS (SSL) での メール送受信が発生する環境でご使用中の場合、以下を参照の上、機器側でTLS 1.2が有効となる条件に合致している事をご確認下さい。
Office365側でTLS接続を強制している場合、機器側でTLS 1.2が有効になっていない状態ですと、上記Microsoft側での変更に伴い、10月31日以降、Office365との間でメール送受信に失敗する可能性がございます。

TLS 1.2でのメール送受信が有効となる条件】
-----------------------------------------------------------------

■ Message Archiver

・ファームウェアバージョン
   v5.1以上をご使用下さい。
   ご使用中のバージョンがv5.1未満の場合、利用可能な最新バージョンまでアップデートしてください。

・Office 365 => Message ArchiverにSMTPジャーナリングを行っている場合
   [高度な設定] > [SMTP設定] > [SMTP over TLS/SSLの有効化] で「はい」が選択されている事を確認してください。

・Message Archiver => Office365に IMAP/POPでジャーナリングを行っている場合
   [メールソース] > [ジャーナルアカウント] > [ジャーナルアカウント設定] で設定されているサーバの暗号化設定で「TLS (可能な場合)」もしくは 「TLS」が選択されている事を確認してください。

-----------------------------------------------------------------

■ Email Security Gateway

・ファームウェアバージョン
    ご使用中のバージョンがサポート対象であれば、問題ございません。
 サポート対象未満のバージョンをご使用の場合、利用可能な最新バージョンまでアップデートしてください。
 サポート対象バージョンについては、以下をご確認下さい。
 https://www.barracuda.co.jp/products/spam/support

・SMTP over TLS/SSLの有効化設定
   [高度な設定] > [メールプロトコル] > [SMTP over TLS/SSL] > [SMTP over TLS/SSLの有効化]で「はい」が選択されている事を確認してください。

-----------------------------------------------------------------

※ Office 365側の仕様・設定等についてご不明点・ご質問がございます場合、弊社ではお答え致しかねますので、Microsoft社宛にお問い合わせ下さい。

今後共、弊社製品をご愛顧下さいますよう、お願い申し上げます。

お知らせ一覧へ

お問い合わせ

CONTACT