Barracuda Backupがバックアップ専用アプライアンスとして、再び出荷台数1位に

セキュリティとストレージのリーディングカンパニー|バラクーダ > プレスリリース一覧 > Barracuda Backupがバックアップ専用アプライアンスとして、再び出荷台数1位に

Barracuda Backupがバックアップ専用アプライアンスとして、再び出荷台数1位に
バラクーダネットワークスがバックアップ専用統合型アプライアンスの市場を牽引

2014年4月17日(木)東京発 クラウド対応セキュリティ/ストレージソリューションのリーディングプロバイダであるBarracuda Networks Inc.(NYSE:CUDA)の日本法人である、バラクーダネットワークスジャパン株式会社(東京都品川区、執行役員社長:林田 直樹、以下バラクーダネットワークス)は本日、2014年3月に刊行された「IDC Worldwide Quarterly Purpose Built Backup Appliance(PBBA)Tracker」のレポートにより、2013年の最終四半期のバックアップ専用統合型アプライアンスのユニット出荷台数において、グローバルで53.5%の市場シェアを達成し、No.1にランクされたことを発表しました。またレポートでは、2013年の通期においても同製品が53.7%の市場シェアを占め、引き続き成長が見込めるものと予測しています。

ロッド・マシューズ(Rod Mathews)のコメント
(バラクーダネットワークス、ストレージ担当ジェネラルマネージャ)

バラクーダネットワークスのエンドツーエンドのバックアップソリューションは、既存のインフラとシームレスに統合できるところがお客様に評価されたのではないかと思います。バックアップ専用統合型アプライアンス(PBBA)がIDCによりNo.1の称号をいただいたことは、我々がお客様に『シンプルかつお求めやすい価格にて、簡単に使えるソリューション』を提供するために尽力してきた成果が評価されたものだと考えています。

林田直樹のコメント
(バラクーダネットワークスジャパン株式会社 執行役員社長)

『IDC Worldwide Quarterly Purpose Built Backup Appliance(PBBA)Tracker』のレポートについては、第2四半期のレポートに引き続き、Barracuda Backupがバックアップ専用アプライアンスとして出荷台数のトップを記録しました。Barracuda Backupはバックアップ機能だけでなく、ディザスタリカバリ対策も兼ね備えることにより、容易に遠隔地バックアップを実現できることがお客様のニーズに合致し評価されたものと考えています。

Barracuda Backupについて
Barracuda Backupは、強力な「オールインワン」ソリューションであり、物理環境と仮想環境、またはハイブリッド環境に必要なソフトウェア、バックアップエージェント、冗長ストレージが含まれています。Barracuda Backupの重複排除と圧縮の先進機能により、最小限の帯域幅消費で迅速にバックアップを実現します。また、環境ごとに柔軟な実装オプションを提供しており、Barracuda Cloud Storageにバックアップファイルを複製する冗長性も備えています。詳細は http://www.barracuda.co.jp/products/backup をご覧下さい。

関連資料
2013年度の上位4社における、バックアップ専用統合型アプライアンスのワールドワイドの出荷台数
https://copy.com/CGOjEnvKbR8h

【バラクーダネットワークスについて】
バラクーダネットワークスは、「Simplify IT」を可能にするクラウド対応セキュリティ及びストレージソリューションを提供しています。バラクーダネットワークス製品は、パワフルで、使いやすく、且つリーズナブルな価格により、全世界15万社以上のお客様にご利用頂いており、アプライアンス、仮想化アプライアンス、クラウドなどの形で提供されています。バラクーダネットワークスは、2002年に米国カリフォルニア州シリコンバレーで創業、海外拠点10ヵ国、また80ヵ国以上において正規代理店と提携しています。2004年より日本での販売を開始し、スパムやウイルス、フィッシング、SQLインジェクション対策はもちろん、BCP、クラウド化など、リスク対策だけでなく事業継続と活性化を目指す企業に貢献してきました。スパム対策アプライアンスとしては2005年から7年連続で、導入出荷実績で国内No.1、さらにWebアプリケーションファイアウォールは2007年から6年連続、導入出荷実績で国内No.1を継続しています(富士キメラ総研調べ)。 2013年11月、ニューヨーク証券取引所に上場(コード:CUDA)し、更なる成長を目指します。詳細については、http://www.barracuda.co.jp をご参照ください。

* 本リリースに記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。


プレスリリース一覧へ

お問い合わせ

CONTACT