WAF Barracuda バラクーダ

WAF Barracuda バラクーダ

WAF Barracuda バラクーダ

WAF Barracuda バラクーダ

WAF Barracuda バラクーダ

セキュリティとストレージのリーディングカンパニー|バラクーダ > サーバ対策やバックアップ等のアプライアンス導入セミナー > セミナー > 36万件の標的型フィッシングメールを徹底解析!今あるメールの脅威を防ぐベストプラクティス

36万件の標的型フィッシングメールを徹底解析!今あるメールの脅威を防ぐベストプラクティス

2019年04月22日

開催概要

セミナー名 36万件の標的型フィッシングメールを徹底解析!今あるメールの脅威を防ぐベストプラクティス
日時

2019年 5月23日(木) 14:00〜14:30

アジェンダ

悪意のある攻撃者は、常に新しいメール攻撃手法を編み出しており、従来のゲートウェイ型のメールセキュリティシステムをすり抜けるスピアフィッシングメール攻撃を行っています。

バラクーダネットワークスの調査担当者は、36万件以上のスピアフィッシングメールを評価し、主要な3タイプの攻撃を特定および分析しました。

本セミナーでは、分析結果のレポートを元に高度な標的型メール攻撃手法および、対応策をご紹介します。

お申し込み

下記のフォームからお申し込みください。

お申込者にはセミナー開催日前日の 17:00 にオンラインセミナー登録用URLをお送りいたします。

お申込期限

2019年 5月22日 16:00


 

セミナー・イベント一覧へ

 

お問い合わせ

CONTACT

36万件の標的型フィッシングメールを徹底解析!今あるメールの脅威を防ぐベストプラクティス