1. HOME
  2. Blog
  3. Blog
  4. 調査によってサイバーセキュリティプロフェッショナルの矛盾する感情が明らかに

Info.

お知らせ

Blog

調査によってサイバーセキュリティプロフェッショナルの矛盾する感情が明らかに

2019年10月25日、Mike Vizard

サイバーセキュリティプロフェッショナルが他の人間と異なることは以前から知られています。結局、昼夜を問わずサイバー攻撃に対処するには、特殊な人間が必要だということです。しかし、SIEM(セキュリティ情報イベント管理)プラットフォームのプロバイダであるExabeamが479人のサイバーセキュリティプロフェッショナルを対象に実施した新しい給与調査によると、サイバーセキュリティプロフェッショナルは自分のキャリアについて非常に葛藤しています。

この調査によると、回答者の71%が自分の仕事に満足または非常に満足している一方、76%は現在のポジションに不安または非常な不安を感じています。また、半数以上(56%)は職場環境が仕事の最大のやりがいであると考えています。

回答者の62%は自分の仕事にストレスまたは非常なストレスを感じており、44%はワークライフバランスをとることができていないと感じています。また、3分の1以上(36%)は昇進の機会がないこと、22%は給与、21%は長時間労働が仕事にやりがいを感じない最大の理由であると考えており、40%は転職を検討しています。回答者は、現在の勤務先に平均3~5年間、勤務しており、36%が監査とコンプライアンス、28%がインシデント対応、21%がアプリケーションセキュリティを最大の責務と考えています。

給与と満足

サイバーセキュリティプロフェッショナルは非常に必要とされているにもかかわらず、この調査によると、その平均給与は75,000~100,000ドルです。回答者の43%が給与に満足している一方、非常に満足している回答者は、わずか10%です。また、4分の1(25%)は不満または非常な不満を感じています。

仕事の満足度はサイバーセキュリティ部門内の役割によるところが大きいということは注目に値します。回答者の96%であるマルウェアアナリストとセキュリティアーキテクトが最も満足している一方、22%であるセキュリティトレーニングスペシャリストは最も不満を感じています。

製造、エネルギー/採取、および医療/医薬業界のサイバーセキュリティプロフェッショナルは調査対象のすべての業界で最も高い給与を得ています。回答者の77%であるエネルギー/採取業界のサイバーセキュリティプロフェッショナルが給与に最も満足している一方、25%である保険業界のサイバーセキュリティプロフェッショナルは最も不満を感じています。

課題の克服

意外にも、回答者の69%はサイバーセキュリティに関連する学位を取得していません。しかし、回答者の圧倒的多数は大学の学位を取得しており、41%が学士、33%が修士です。回答者の4分の3以上(76%)は1つ以上のプロフェッショナル認定資格を取得しており、そのうちの55%が学校以外で教育を受けています。回答者の3分の1以上(34%)はCISSP(Certified Information Systems Security Professional)認定資格を取得しており、22%はCompTIA(Computing Technology Industry Association)認定資格を取得しています。また、19%はCEH(Certified Ethical Hacker)認定資格を取得しています。

人種的な多様性は、ある程度は進展しましたが、改善の余地は、かなり残されています。回答者の65%は白人であり、91%は男性です。

もちろん、多くのサイバーセキュリティプロフェッショナルはサイバー攻撃を防止できた場合の興奮状態に魅力を感じています。しかし、このような魅力のマイナス面は、いつ疲れ始めたかに気づかないことです。このような問題があるにもかかわらず、回答者のほとんどはサイバーセキュリティを職業として推奨しています。

この調査によると、ほとんどのサイバーセキュリティプロフェッショナルは自分の仕事が、すぐには不要にならないと予測しています。回答者の80%は、自動化によって、自分の仕事が現在より簡単になり、セキュリティが強化されると予測しており、60%はAI(人工知能)が自分の仕事にとって脅威ではないと考えています。また、20%以上は、AIまたはML(機械学習)を仕事の一部として、すでに使用しており、43%はAIの使用を計画しています。

サイバー攻撃を防止できない場合があるにもかかわらず、全般的には、サイバーセキュリティプロフェッショナルが自分の能力に非常に自信を持っていることは明らかです。しかし、ほとんどの企業が直面している最大の課題は、すべてのサイバーセキュリティプロフェッショナルが可能なかぎり自分の仕事に常に従事できるようにすることです。

原文はこちら:

Survey surfaces conflicted emotions among cybersecurity professionals

October 25, 2019 Mike Vizard

https://blog.barracuda.com/2019/10/25/survey-surfaces-conflicted-emotions-among-cybersecurity-professionals/

Related posts