不正、不適切なコンテンツからWebユーザーを守る

セキュリティとストレージのリーディングカンパニー > 製品紹介 > 不正、不適切なコンテンツからWebユーザーを守るBarracuda Web Security Gateway

コンテンツフィルタリングだけでなく、マルウェアにも優れた防御機能を提供

Barracuda Web Security Gatewayは、感染型のマルウェアやウィルスよる情報の流出を防止し、不要なWebアクセスに対するトラフィックの帯域幅を制限することで、業務に必要なWebアクセスやオンラインアプリケーションへのアクセス快適に提供し、ユーザの生産性低下を防止するソリューションです。

SlideShareでわかるBarracuda Web Security Gateway コンテンツフィルタリングとマルウェア対策

コンテンツ・フィルタリングとマルウェア対策に最適なBarracuda Web Security Gateway。製品のポイントをSlideShareでわかりやすくご紹介しています。

構成パターン

Barracuda Web Security Gatewayは構成に合わせて、3種類の導入方式をお選び頂けます。
  1. インライン構成

    WAN/LANポートの2つのポートを使用して、インラインで、ブリッジとして導入する構成です。すべてのセキュリティ機能をご利用頂けます。システム障害時には、パススルーモードの利用が可能です(モデル310以上)。

  2. フォワードプロキシ構成

    WANポートのみを利用し、ワンアームで導入する構成です。クライアントのブラウザ情で、プロキシ設定を行う必要があります。

  3. WCCP構成

    WCCPをサポートしたCiscoスイッチにて、WebトラフィックをWeb Security Gatewayへ転送することで利用できる機能です。モデル310以上でサポートしています。

関連ページ・資料

お役立ち情報満載の資料ダウンロード|機能詳細、導入構成、モデル一覧などお役立ち情報が満載です。

お問い合わせはこちら

03-5436-6235 受付時間 平日9:00〜17:00

Webからのお問い合わせはこちら