Barracuda CloudGen Access

すべてのデバイスと場所からすべてのアプリケーションとデータへのゼロトラストアクセスを実現します。

2022年までに、エコシステムパートナーに開放されている新しいデジタルビジネスアプリケーションの80%がZTNA(ゼロトラストネットワークアクセス)を介してアクセスされるようになります。

Gartner, 2019

ビジネス継続性の確保

企業が所有するデバイス、従業員が所有するデバイス、管理されていない契約業者のエンドポイントを即座にプロビジョニングすることで、リモートワーカーを安全に管理します。

リモートアクセスによるリスクの軽減

ゼロトラストのセキュアアクセスで侵害リスクを軽減します。ユーザとデバイスIDの信頼性を継続的に検証して、攻撃対象領域を軽減します。

リモートワークの生産性の向上

従来のVPNテクノロジと比較して、アクセスの効率化とパフォーマンスの向上によって、従業員のセキュリティを強化します。

「Barracuda CloudGen Accessはプライベートネットワークと従業員における架け橋です。すべての従業員が、特別な学習をすることなく、すべてのデータベースにアクセスできます。」

– Webshare.io, Utku Zihnioglu

Webshare logo

Barracuda CloudGen Access のページ写真 1

企業向けの迅速に導入できる管理しやすいZTNA

セキュリティはアクセスから始まります。Barracuda CloudGen Accessのゼロトラストモデルは、従来のVPNと異なり、パフォーマンスの低下なく、ユーザとデバイスに優れたアクセス制御を確立します。リソースへのリモートアクセス、条件付きアクセス、およびコンテキストアクセスを提供し、権限アクセスおよび関連するサードパーティのリスクを軽減します。Barracuda CloudGen Accessでは、従業員とパートナーは、新たな攻撃対象領域を作ることなく、企業アプリケーションとクラウドワークロードにアクセスできます。

ビジネスへの契約業者によるアクセスを保護

ゼロトラストを利用することで、ネットワークへのサードパーティによるアクセスに関連するリスクを軽減します。デバイスとユーザアクティビティの可視性を向上し、アプリケーションとデータに役割ベースでのアクセスを可能にします。Barracuda CloudGen Accessを導入することで、受託企業、パートナー、契約業者、およびM&A(合併と買収)後の子会社から企業リソース、アプリケーション、ワークロードへの安全なアクセスを実現します。

Barracuda CloudGen Access のページ写真 2
Barracuda CloudGen Access のページ写真 3

DevOps(開発と運用)とKubernetesの導入を加速

DevOpsにはアジリティが必要です。Barracuda CloudGen AccessはマルチクラウドまたはハイブリッドIT環境の承認、アクセス管理、およびワークフロー管理を提供します。コネクションレス型mTLS(Mutual Transport Layer Security)テクノロジは生産性を低下させる接続の従来のVPNを利用する時代が終わったことを意味します。 Kubernetesの導入では、柔軟性の低いクラウド固有のVPNと高コストで管理しにくい社内ツールを排除できます。Barracuda CloudGen AccessはKubernetesプライベートネットワークへのアクセスをわかりやすくします。

コンプライアンスレポートをわかりやすく

追加の操作なく、SOC(System and Organization Controls)タイプ2などのコンプライアンス要件を満たすことができます。Barracuda CloudGen Accessは、明確な記録システムを作成し、企業全体のシステムアクセスに関する効率的なレポートを提供します。誰が何にいつ権限アクセスしたかを1つの製品で管理、追跡、検証します。

Barracuda CloudGen Access のページ写真 4