1. HOME
  2. Blog
  3. Blog

Info.

お知らせ

Blog

ダークWeb上のコロナウィルス(COVID-19)に関するコミュニケーションはセキュリティにとって悪い前兆である(メールセキュリティ)

トピック: サイバー犯罪という大規模ビジネス、コロナウィルス(COVID-19) 2020年3月30日、Mike Vizard セキュリティプロフェッショナルは、ほとんどの攻撃が実行されるよりかなり前から、次に実行される攻撃に関する多くのコミュニケーションがダークWeb上で行われていることを以前から知っています。通常、攻撃者は、罰せられずに活動できると考えているため、かなり厚かましくも、アドバイスを互いに共有しています。コロナウィルスの感染拡大は世界的な危機であるため、このパンデミックを悪用する方法に関するコミュニケーションがダークWeb上で爆発的に行われています。サイバーインテリジェンスプラットフォームのプロバイダであるSixgillが今週発表したレポートによると、虚偽情報活動から偽造の人工呼吸器とN95マスクの販売まで、コロナウィルスに関するあらゆるコミュニケーションがダークWeb上で広がっています。

Blog

バラクーダのWebセキュリティによってリモートの学生を保護する

トピック: Barracuda Advanced Threat Protection、コロナウィルス(COVID-19)、K-12教育、リモートワーク 2020年3月27日、Christine Barry コロナウィルス(COVID-19)の感染拡大によって、数百万人の学生が学外である自宅に追いやられています。学校が指示する義務的なバーチャルラーニングに参加している学生もいれば、教師による自主的なオンライン授業に参加している学生もいます。多くの家庭は、公開されているオンラインリソースを使用して、子供が学校にいけない間でも確実に教育を受けることができるように努力しています。

Blog

便利なWordPressに潜む危険性【JBサービス株式会社】(WAF / クラウドWAF)

パートナーのJBサービス株式会社がクラウドWAF、Barracuda WAF-as-a-Service SMAC Editionに関するコラムを公開されました。興味がある方はご覧ください。 <目次>・気軽に使えるが危険もある・使用するスキャンツール・検査結果と解説・対策後、再スキャン・まとめ ◆気軽に使えるが危険もある WordPressは世界で最も利用されているCMSだ。日本においては8割以上のウェブサイトで利用されている。利用者も多いことからテーマやプラグインも多数あり、カスタマイズするための情報も豊富だ。 その一方で脆弱性も頻繁に発見され、古いWordPressのバージョンを使っていることは非常に危険だ。しかし、カスタマイズの仕方によってはバージョンアップすることで問題がでることもあり、気軽に実行するわけにいかない場合もあり悩ましいところだ。 今回は、実際に脆弱性のスキャンツールを利用して、WordPressに潜む危険性を可視化していこう。 (この続きは以下をご覧ください)https://www.jbsvc.co.jp/products/optisecure/web/tech_blog/the-danger-of-wordpress/column.html?lfpeid=lMHiAXuEX97y&lfmaid=1000036088-3

Blog

バラクーダが注目する脅威: コロナウィルス(COVID-19)関連のフィッシング(メールセキュリティ)

トピック: コロナウィルス(COVID-19)、メール保護、マルウェア対策、ランサムウェア対策 2020年3月26日、Fleming Shi 世界の多くがコロナウィルス(COVID-19)とその対処方法に取り組むにつれて、攻撃者はコロナウィルスに関するメールやとWeb上のやりとりを悪用しています。

Blog

Azureへのウェブ攻撃の実態【JBサービス株式会社】(WAF / クラウドWAF)

パートナーであるJBサービス株式会社がクラウドWAF、Barracuda WAF-as-a-Service SMAC Editionに関するコラムを公開されましたので、お伝えします。 目次 PaaS/IaaS市場でのAzureの急伸 IaaSにWordPressを構築後、わずか8分で攻撃襲来 約5日間で417件の攻撃を観測 攻撃の具体例 まとめ 参考 1.PaaS/IaaS市場でのAzureの急伸 AWS・Azure・Googleを始めたとした主要なパブリッククラウドは、常に攻撃者のターゲットである。それらの背景には市場のシェアが関係している。2019年第3四半期での世界のPaaS/IaaS市場は、AWS・Azure・Google・Alibabaの4社で72%を占めており、攻撃者が効率よくターゲットを探し攻撃を仕掛けているのもうなずける。 (この続きは以下をご覧ください)https://www.jbsvc.co.jp/products/optisecure/web/tech_blog/web-attack-on-azure/column.html

Blog

Office 365のバックアップが、かつてないほど重要になっている

トピック: Barracuda Cloud-to-Cloud Backup、コロナウィルス(COVID-19)、データ保護、リモートワーク 2020年3月23日、Anastasia Hurley コロナウィルスの感染拡大によって、数百万人が初めて在宅勤務を始めました。Office 365は、リモートワーカーとモバイルワーカーを想定して開発されているため、今回の事例に最適です。アプリケーションは、オンラインでダウンロードまたは使用でき、サブスクリプションは複数のインストールとモバイルアプリをサポートしており、アプリケーションごとの共有機能によって、コラボレーションは簡単です。また、現在のように大きな変化の時期には、従業員が使い慣れたツールを使用することに大きな価値があります。つまり、オフィスで使用していたものと同じOffice 365を使用できるということです。

Backup

リモートの教職員の生産性とセキュリティを維持する

トピック: BYOD(Bring Your Own Device)、Barracuda CloudGen Firewall、コロナウィルス(COVID-19)、K-12教育、ネットワークおよびアプリケーションセキュリティ、リモートワーク 2020年3月20日、Mike Goldgof コロナウィルスの感染拡大によって、学校は一時的に閉鎖されていますが、教職員の業務は停止していません。計算や報告を行い、助成金申請を提出し、学生と教職員のデータを更新する必要があります。バーチャルラーニングで授業を引き続き行っている学校は、さらに問題に直面しています。教職員は、場合によって、ローカルデスクトップ、ファイルサーバ、または学校のネットワーク内にホスティングされたアプリケーションにアクセスする必要があります。現在のパンデミックによって、学校のIT部門は大規模でさまざまな問題に直面しています。多くの学校は、このレベルの混乱に備えて準備ができていません。

Blog

リモートワーク初心者にとって重要なセキュリティプラクティス

トピック: コロナウィルス(COVID-19)、メール保護、リモートワーク 2020年3月19日、Stephanie Cavigliano コロナウィルス(COVID-19)の拡散を最小限に抑制するために、在宅勤務を従業員に推奨しているか、義務付けている企業が増加するにつれて、リモートワークに不慣れな多くの従業員は適応方法を考え出そうとしています。

Blog

小売業者向けの注意: コロナウィルス(COVID-19)詐欺が増えています

トピック: サイバー犯罪という大規模ビジネス、コロナウィルス(COVID-19)、メール保護、小売 2020年3月3日、Christine Barry 米国NRF(National Retail Federation)はコロナウィルスがサプライチェーンと小売店舗の消費者と労働者に与える可能性がある影響に関する複数の最新情報を公開しています。多くの企業は、NRFからの最新情報だけでなく、CDC(米国疾病予防管理センター)、国務省などの複数の米国政府機関からの関連情報も入手しています。ビジネスネットワーク、家族、および友人から入手できる情報の方が、はるかに多いかもしれません。

Blog

小売業者がコロナウィルス(COVID-19)危機の中で検討する必要がある3つの対策(WAF)

トピック: コロナウィルス(COVID-19)、Barracuda Web Application Firewall 2020年3月20日、Mike Goldgof このブログを書いている間も、コロナウィルスパンデミックは、世界中で猛威を振るっており、私たちの生活に大きな混乱をもたらしています。政府は、米国カリフォルニア州北部の「シェルターインプレース」など、部分的および完全な封鎖を実施しています。国民は、自宅におり、物理的な店舗に行かず、オンラインで買い物をしています。私たちは、ショッピングモールと通りに人がおらず、レストランが閉店している写真を毎日のニュースで見ています。

Blog