1. HOME
  2. Blog
  3. Blog

Info.

お知らせ

Blog

コロナウィルス(COVID-19)パンデミックによってセキュリティ予算の優先事項が変化している

トピック: コロナウィルス(COVID-19) 2020年9月15日、Mike Vizard 「風が吹けば桶屋が儲かる」ということわざがありますが、セキュリティの観点から考えると、コロナウィルスパンデミックも例外ではありません。セキュリティプロフェッショナルも、他のすべての人と同様、現在のパンデミックの発生をまったく望んでいませんでした。一方、企業が、在宅勤務に移行するだけでなく、ビジネスのデジタル変革を積極的に導入するにつれて、セキュリティ予算の優先事項が変化していると思われます。

Others

メール攻撃のタイプ: スパム

トピック: メール保護、Barracuda Email Security Gateway、Barracuda Email Threat Scanner、シリーズ: 今すぐ知る必要がある13タイプのメール攻撃 2020年9月18日、Christine Barry スパムは、受信者が要求していないバルクメールであり、ジャンクメールとも呼ばれます。通常、スパム送信者は不特定多数のアドレスにメールを送信します。メールに返信する受信者は少数です。スパム送信者はアドレス帳などのさまざまなソースからメールアドレスを盗み出します。また、盗み出したメールアドレスを他のスパム送信者に売却する場合が多いです。

Blog

メール攻撃のタイプ: ドメインスプーフィング

トピック: メール保護、Barracuda Sentinel、シリーズ: 今すぐ知る必要がある13タイプのメール攻撃 2020年9月14日、Christine Barry ドメインスプーフィング(タイポスクワッティング)は会話乗っ取りの一部として実行される場合が多いです。攻撃者は、Barracuda.comなどの正規のドメインを悪用して、類似するドメインを作成します。ユーザは、スペルまたはTLD(トップレベルドメイン)を誤って正規のドメインを入力すると、このようなドメインにアクセスする可能性があります。

Blog

Barracuda Threat Spotlight(バラクーダが注目する脅威): ランサムウェア

トピック: コロナウィルス(COVID-19)、ランサムウェア対策 2020年8月27日、Fleming Shi 攻撃者は政府機関、医療機関、および教育機関にランサムウェア攻撃を実行しています。米国大統領選挙が近いため、攻撃の増加が予想されているだけでなく、攻撃者は、このような機関に大規模な損害を及ぼすために、コロナウィルス(COVID-19)パンデミックとリモートワークを悪用しています。ランサムウェア攻撃は、20年以上、実行されていますが、最近、急速に拡大しています。

Blog

コロナウィルス(COVID-19)パンデミックによってネットワークセキュリティがどのように変化しているか

トピック: Barracuda CloudGen Firewall、ネットワークおよびアプリケーションセキュリティ、SD-WAN(Software Defined Wide Area Network) 2020年9月8日、Mike Vizard コロナウィルスパンデミックがITに唯一無二の深刻な影響を及ぼしているため、セキュリティ上の優先事項が変化していることは意外ではありません。コンプライアンスツールのプロバイダであるNetwrixが937人のITプロフェッショナルを対象に実施したグローバル調査によると、回答した企業の4分の3以上(76%)はネットワークおよびデータセキュリティが現在の最優先事項であると考えています。

Blog

MSP(マネージドサービスプロバイダ)のエキスパートからの質問: コロナウィルス(COVID-19)関連のフィッシングからリモートワーカーを保護するには、どうすればよいか

トピック: メール保護、セキュリティ意識トレーニング 2020年9月3日、Doris Au 下記のブログはSmarterMSP.comに最初に掲載されました。 質問: 最近、顧客のリモートワーカーがフィッシングリンクをクリックしました。最終的には、攻撃を防止できましたが、特に、リモートワーカーがセキュアネットワーク内にいないことを考えると、フィッシングリンクは非常に厄介です。エンドユーザがフィッシングリンクをクリックしないようにするには、どうすればよいでしょうか。

Blog

Generic_IcePhishing_1200x638-1024x536-1

アイスフィッシング

トピック: データ保護、メール保護、Barracuda Email Security Gateway、Barracuda Essentials、Barracuda PhishLine、Barracuda Total Email Protection、セキュリティ意識トレーニング、Webセキュリティおよびフィルタリング 2020年9月2日、Dennis Dillman ユーザを最新のソーシャルエンジニアリング攻撃にさらすことは、すべてのセキュリティ意識トレーニングプログラムの主要な特徴です。Barracuda PhishLineは、従業員がスピアフィッシング攻撃を正常に検出し、その影響の可能性を判断できるかどうかを評価するための現実的なフィッシングシミュレーションテンプレートを実装しています。また、このテンプレートに関連するクリック率のデータを長年にわたって追跡しています。さまざまな業界のBarracuda PhishLineユーザには明らかな傾向が見られます。つまり、ユーザは社内の部門またはアプリケーションを偽装するメールにだまされる可能性が最も高いということです。

Blog

Generic_Featured_Application_Attack_WAF_1200x628

WAF(Webアプリケーションファイアウォール)が非常に複雑に思われる理由

トピック: Microsoft Azure、Barracuda WAF-as-a-Service 2020年8月4日、Rich Turner バラクーダが潜在顧客および顧客とクラウドセキュリティについて話し合う場合は、複雑性が必然的に問題として生じます。多くのWebアプリケーション攻撃は、誤設定されたWAFを標的としているため、成功しています。最もよくある攻撃の一つであるSQLi(SQLインジェクション)は新しいものではありませんが、Heartland(Heartland Payment Systems)が2008年にSQLi攻撃を受けてからも、多くの企業は何も学習していないと思われます。当時、Heartlandは米国6位の決済代行会社であり、数百万の企業と個人のクレジット/デビット口座が侵害を受けました。

Blog