1. HOME
  2. Blog
  3. Blog

Info.

お知らせ

Blog

攻撃者の視点から考える (PhishLine, Sentinel)

トピック: Barracuda PhishLine、Barracuda Sentinel、セキュリティ意識トレーニング 2019年12月18日、Dennis Dillman 攻撃者の目的と方法を調査することは、攻撃を防止することと矛盾していると思われるかもしれませんが、実際は非常に役立ちます。現在の脅威の状況では、常に逆の視点から考えること、つまり、攻撃者の目的を可視化し、直面する無数の仮定のシナリオより優位に立つために、攻撃者の思考プロセスと実際の方法を模倣する能力と欲求が必要です。

Blog

Ringビデオシステムの侵害によるIoT(モノのインターネット)サイバーセキュリティ意識の向上 (CloudGen Firewall)

トピック: IoT(モノのインターネット)セキュリティ、ネットワークおよびアプリケーションセキュリティ 2019年12月13日、Mike Vizard サイバーセキュリティプロフェッショナルが、何らかの IoT(モノのインターネット)デバイスの導入に伴うサイバーセキュリティ攻撃の可能性について、企業にどれほど警告しても、通常、企業経営者の注目を実際に集めるには、消費者に顕著に影響する実例が必要です。

Blog

Barracuda Threat Spotlight(バラクーダが注目する脅威): 悪意のあるモバイルアプリ(WAF)

2019年12月12日、Fleming Shi この年末年始は、引き続き警戒してください。この年末年始は、消費者が7,300億ドルを買い物に費やすと予測されており、攻撃者がこの金額の一部を盗み出すと考えられています。サイバーセキュリティは常に問題ですが、攻撃者は、毎年この時期、携帯電話を使用している警戒心の低い消費者を特に攻撃しようとしています。この年末年始は、さまざまな攻撃が増加する可能性があります。消費者は、お得な買い物をしようとあわてて、購入先をあまり意識せず、「警告」を見落としがちです。

Blog

What do you lose when you lose your data

データ損失による損害(バックアップ)

トピック: Barracuda Cloud-to-Cloud Backup、データ保護 2019年12月11日、Christine Barry すべての企業はビジネスの過程でデータを作成および収集します。データは従来の財務情報と取引情報だけではありません。企業は、デジタル変革によって、インターネットを検索し、Webサイトを閲覧するだけでなく、スマートフォンとIoT(モノのインターネット)デバイスで作成されたデータを活用することもできるようになりました。専門家は近い将来、デジタルユニバースのバイト数が星の数の40倍になると予測しています。

Backup

調査からサイバーセキュリティテストに費やす時間が不十分であることが判明

2019年12月9日、Mike Vizard 少なくとも理論上は、サイバーセキュリティ上の問題が増加するにつれて、IT環境の回復力を確保するためのサイバーセキュリティテストの回数も増加するはずです。侵入テストの外部委託プラットフォームのプロバイダである Synackが 300人のITリーダーを対象に実施した調査によると、回答した企業の 44%はサイバーセキュリティテストを毎月1回以上、行っています。

Blog

安全な年末年始のためのベストプラクティス

2019年12月6日、Christine Barry 年末年始が近づいているため、私たちの多くは非常に忙しくなります。つまり、料理、装飾、訪問、およびプレゼントに忙殺されやすくなります。年末年始は、攻撃が成功する可能性が他の時期より高いため、攻撃者にとって消費者と企業を攻撃する絶好の時期です。このブログでは、最も実行される攻撃に対する消費者向けの適切なセキュリティ対策を説明します。

Blog

セキュリティの一年: 2019年から学んだこと

トピック: クレデンシャルスタッフィング、データ保護、メール保護 2019年12月11日、Phil Muncaster サイバー犯罪の地下組織はルールに従っているわけではありません。このため、サイバー犯罪の新しい傾向がカレンダーに従っていることは、期待できません。とはいえ、来年末は、評価を行うには十分な時期です。

Blog

2019年のメール脅威を総括、ソーシャルな手法が進化(吉澤 亨史氏メールセキュリティ・コラム)

企業や個人を狙うサイバー攻撃は、現在もメールが大きな割合を占めています。その目的はマルウェア感染や情報を盗み出すことで、手法も多様化しています。マルウェア感染を目的とした手法では、マルウェアを添付したり、本文のURLリンクから悪意のあるウェブサイトに誘導したりするほか、脆弱性を悪用するケースも増えています。また、ログイン情報などを盗み出すことを目的とした手法では、フィッシングの手法が取られています。ここでは、2019年のメール脅威をまとめます。

Blog