キャンペーンのお知らせ

Microsoft 365のメール検索/バックアップを簡単、クイックに
1ユーザー約100円/月から実現できるキャンペーン

今なお脅威となっているランサムウェアへの対策や、予期せぬ災害に備えるため、多くの企業が情報セキュリティにおけるデータ保護の重要性を認識しています。
ベンダーもまた、Microsoft 365に必須のバックアップ/復元方法のご紹介やプラットフォーム選びのポイントなどを、繰り返し解説しています。
バラクーダネットワークスは、クラウドバックアップはもちろん、メールアーカイブ機能を備え、Microsoft 365メールの検索を簡単・クイックにします。
メールシステム障害時には、メールの送受信を肩代わりいたします。そんな便利な機能・サービスを簡単導入、安価にお使いいただけるキャンペーンのご紹介です。

特に以下のようなMicrosoft 365のバックアップやアーカイビングに懸念があり、強化されたいお客様にお勧めのキャンペーンです。

Microsoft 365にバックアップは必要なのか?

必要です!!「Microsoft 365まるどりパック」キャンペーン
Aberdeen Groupによる2013年1月の調査によると、Microsoft 365などのSaaS展開におけるデータ損失の最大の原因は、偶然のデータ削除です。実際に失われたデータ全体の約70%は、エンドユーザーによる偶然または悪意のあるデータの削除によるものです。その他の理由として、設定の誤り、クライアントの同期の問題、そして最近ではマルウェアやランサムウェアによって、データが使用できなくなる可能性があります。

Microsoft 365アーカイビングの落とし穴

Microsoft 365アーカイビングには以下の留意点があります。

検索の使い勝手の点

  • フォルダ自体を検索することによってのみ追加領域内に移動されたアイテムを検索することが可能。
  • 過去メールが追加領域に移動されてしまっている場合、フォルダリストで対象のアイテムが保管されているアーカイブフォルダを選択し「現在のフォルダ」オプションを選択する必要がある。
  • さらに、自動拡張ストレージ領域のフォルダにサブフォルダが存在する場合、各サブフォルダを個別に検索する必要がある。

 

データ保持の注意点

  • ユーザはデフォルトでサブフォルダ内のアイテムの削除ができてしまう。
  • 完全なメールの保持を実現するためにはインプレースアーカイブと訴訟ホールドの両方をテナント全体で有効にする必要がある。

 

キャンペーン概要

名称: Microsoft 365 まるどりパック
対象製品:
Cloud-to-Cloud Backup (CCB)
Cloud Archiving Service (BCAS)
期間: 2020年11月末まで

<参加販売パートナー一覧>
JBサービス株式会社 [お問い合わせ]
キヤノンマーケティングジャパン株式会社
シネックスジャパン株式会社 [お問い合わせ]
デジタルテクノロジー株式会社
株式会社大塚商会
株式会社富士通マーケティング
東芝情報システム株式会社 [お問い合わせ] (敬称略)

 

関連リンク

バラクーダネットワークス、Microsoft 365のバックアップ&アーカイブを 簡単、迅速、低価格に実現する「Microsoft 365まるどりパック」キャンペーンを実施(PR Times)

 

お問い合わせ

お問い合わせは以下よりお願いいたします。