Barracuda Email Security Gateway

スパムとウイルスからメールインフラを徹底防御

インバウンドメールセキュリティ

Barracuda Advanced Threat Protectionは、動作、ヒューリスティック、およびサンドボックステクノロジを組み合わせて、ゼロデイ攻撃と標的型攻撃を防止します。また、添付ファイルをリアルタイムで自動的にスキャンし、疑わしい添付ファイルをサンドボックス環境で起動して、動作を監視します。添付ファイルを拒否するだけでなく、結果をBarracuda Real Time Intelligence Systemと統合し、他のすべての企業を保護します。

Barracuda Advanced Threat Protectionの詳細

バラクーダは、長年にわたるスパム対策の実績があり、スパムの検出と防止を常にリードしています。企業は、包括的なセキュリティレイヤによって、進化する攻撃に直面しても、生産性を維持できます。

Barracuda Email Security Gatewayは、Barracuda Centralを活用して、既知のスパム発信者からのメールを検出し、メールに埋め込まれたドメインが既知のスパムやマルウェアドメインにつながるかどうかを判断します。また、業界をリードする技術によって、コンテンツを従来のスパムフィルタから隠蔽しようとして画像にテキストを埋め込む攻撃を防止します。

ウィルス攻撃が高度になるにつれて、メールインフラストラクチャには高度なウィルス対策が必要になります。情報の破損と漏洩、またはネットワークの障害の可能性は、生産性に深刻な影響を及ぼし、金銭的な損害につながる可能性があります。

Barracuda Email Security Gatewayは、3層の強力なウィルススキャンテクノロジを使用して、メールとインバウンドファイルをスキャンします。また、アーカイブを解凍して、完全に保護します。エネルギー充填サービスで強力なウィルス定義を自動的に更新して、メールベースのウィルスを最新の定義で常に防止します。

Microsoft Exchangeプラグインは、ウィルスに感染した社内メールを防止するために、メールゲートウェイにアクセスしないウィルスの拡散から企業を保護します。また、ウィルス定義を定期的に更新して、最新のセキュリティを確保します。

すべての攻撃がウィルス、ユーザにクレジットカード番号を送信させること、あるいはユーザに悪意のあるリンクをクリックさせることを目的としているわけではありません。多くの場合、攻撃の目的は、ネットワークに侵入するか、ネットワークを完全に無効にすることです。Barracuda Email Security Gatewayは、メールサーバの外側に設置されるデバイスであるため、メールサーバに負荷をかけるスパムを防止できます。

Barracuda Email Security Gatewayは、メールサーバの障害または接続の損失が発生しても、メールを配信できます。オンプレミスの障害時は、最大96時間、メールをBarracuda Cloud Protection Layerにスプーリングできます。プライマリの送信先への配信が失敗した場合は、セカンダリの送信先を指定できます。

メールサーバの障害時は、すべてのメールサーバのメールをBarracuda Cloud Protection Layerで可視化できます。管理者は、スプーリングされたすべてのメールのステータス、およびメールが再配信されたかどうかをメッセージログから確認できます。

Barracuda Email Security GatewayはオンサイトのBarracuda Email Security Gatewayに配信する前にメールを事前フィルタリングするクラウドベースのサービスと統合されています。Barracuda Cloud Protection LayerはBarracuda Centralからのリアルタイムの定義で常に更新されます。また、バラクーダのグローバルクラウドインフラストラクチャは特定の時間帯とDoS攻撃時のメールの急増に柔軟に対処します。

企業は、Barracuda Cloud Protection Layerによって、メールの件数、添付ファイルのサイズ、および企業の規模に応じて、メールセキュリティインフラストラクチャを拡張できます。また、Barracuda Cloud Protection Layerの帯域幅と処理能力を活用して、メールセキュリティソリューションを簡単に拡張できます。

アウトバウンドメールセキュリティ

Barracuda Email Security Gatewayは多くの暗号化機能を実装しています。また、アウトバウンドメール向けのクラウドベースのメール暗号化サービスと完全に統合されています。ポリシーに一致する、またはバラクーダのMicrosoft Outlookアドインで暗号化されるようにマークされたメールは、Barracuda Message CenterにTLS(Transport Layer Security)でセキュアに送信されます。

Barracuda Message Centerは、256ビットの暗号鍵を実装するAES(Advanced Encryption Standard)を使用して、メールを暗号化します。Barracuda Email Security GatewayのMTA(メール転送エージェント)は、インターネット上のサイト間のメールトラフィックを暗号化するために、SMTP over TLSをサポートしています。このMTAは、Barracuda Email Security Gateway間またはSMTP over TLSをサポートするメールサーバ間で使用できます。

企業は、アウトバウンドフィルタリングによって、スパムブラックリストに追加されず、機密メールデータの漏洩を防止できます。従業員の過失によって、社内システムがボットネットスパムの送信元になる可能性があります。Barracuda Email Security Gatewayのアウトバウンドフィルタリングは、セキュリティレイヤの一部を使用して、アウトバウンドスパムおよびウィルスを防止します。このため、管理者は、DLP(データ損失防止)のコンテンツポリシーを適用し、アウトバウンドメールの他のコンテンツ標準を満たすことができます。また、デフォルトフィルタとカスタムポリシーを使用すると、機密データを検出し、メールを拒否または暗号化できます。

わかりやすいメール管理

Barracuda Email Security GatewayはWebベースの管理ポータルであるBarracuda Cloud Controlと統合されています。企業は、バラクーダのグローバルクラウドインフラストラクチャを活用して、統合的なインターフェースによって、すべてのデバイスを中央管理できます。管理者は、すべてのデバイスまたはサービスをグローバルに表示し、ポリシーと設定を中央管理できます。中小企業でも、わかりやすいインターフェースによって、最小限のITオーバーヘッドでサービスを簡単に導入および管理できます。

Barracuda Email Security Gatewayは、すべての機能を完全に有効な状態で実装しています。つまり、インバウンドおよびアウトバウンドのメールフィルタリング、暗号化、メール継続性は、すべてユーザ単位のライセンス料無しで、シンプルで包括的なサブスクリプションで提供されます。また、Barracuda Cloud Control管理ポータルは、無償で提供されています。

すべてのバラクーダ製品は、最新の攻撃を常に監視・防止する24時間365日の高度なセキュリティ運用センターであるBarracuda Centralでサポートされています。Barracuda Centralは、セキュリティ、ルール、シグネチャなどを開発するために、世界中の20万以上の収集ポイントからデータを収集し、分析しています。また、発生した大量感染に対処し、エネルギー充填サービスで最新の定義を配信します。Barracuda Email Security Gatewayは、管理が不要なこのような更新によって、最新の攻撃を包括的で正確に防止できます。