1. HOME
  2. Blog
  3. 技術情報
  4. CloudGen Firewall

Info.

お知らせ

CloudGen Firewall

FBI(米国連邦捜査局)のランサムウェア警告は、ほとんどのユーザに知れ渡っている【メールセキュリティ】

2019年10月4日、Anastasia Hurley 自治体と学校の当局者ではない場合は、最近のランサムウェア攻撃について特に問題ないと感じるかもしれません。結局、犯罪者は米国内の自治体と学校だけを攻撃していると思うでしょう。しかし、FBIのIC3(米国インターネット犯罪苦情センター)は2016年以降初めて、連邦政府と地方政府だけでなく、医療業界、製造業界、および運送業界にもランサムウェア攻撃に関する重要なアラートを発行しました。このアラートは、製造業界と医療業界への最近の有名な攻撃だけでなく、連邦政府によるランサムウェア攻撃への対策が不十分であるという懸念にも応じて、発行されたと思われます。

Blog

サイバーセキュリティ意識とIoT(モノのインターネット)セキュリティ

2019年10月2日、Christine Barry 10月は米国のNCSAM(National CyberSecurity Awareness Month)およびEU(欧州連合)のECSM(European CyberSecurity Month)として知られています。さまざまなサイバーセキュリティ問題に関する意識を向上し、サイバーセキュリティを強化できるように、国民を教育するために、政府と産業界が協同して行っている取り組みです。

Blog

Barracuda CloudGen Firewall Fシリーズのファームウェア8.0.1がGAリリースされました。

Barracuda CloudGen Firewall Fシリーズのファームウェア8.0.1が2019年9月12日、GAリリースされました。 Barracuda CloudGen Firewall Fシリーズのファームウェアは、ダウンロードポータルからご利用頂けます(Barracuda Cloud Controlへのログインが必要です)。またリリースノートはBarracuda Campus、マイグレーションノートはMigration Noteよりご確認ください。

CloudGen Firewall

データ侵害の報告件数が増加するにつれて損害も増加する

2019年9月16日、Mike Vizard データ侵害の発生件数が過去数年間で増加しているかどうかを判断することは困難ですが、その報告件数が増加していることは確実です。サイバーセキュリティリスク評価プロバイダであるRisk Based Securityのレポートによると、今年の前半で3,800件以上のデータ侵害が報告されています。データ侵害の報告件数は1年前の同時期と比較して54%増加しています。

Blog

Barracuda CloudGen Firewallリリース8の新しい機能

2019年9月10日、Mike Goldgof 世界中の企業がデジタル変革を推進するにつれて、分散作業、クラウドインフラストラクチャ、およびアジャイル開発に移行する企業はますます増加しています。この移行はネットワークセキュリティソリューションに必要な機能に影響しています。

Blog

収益化の間違い:クラウドの設定ミスに対処する方法

2019年8月29日フィル・マンカスター 企業がDevOpsを活用したイノベーションとITの俊敏性を促進するために列を成すにつれて、クラウドコンピューティングが繁栄しています。2017年に英国のクラウド導入がほぼ90%に達すると、西ヨーロッパのパブリッククラウドの市場は今年430億ドルに達する可能性があります。しかし、これらの利点に加えてセキュリティの障壁もあり、このリストの一番上にあるのは設定ミスの課題です。

Blog

クラウドは「新しい」プラットフォームです

これは、2部構成のシリーズの最初の1つです。クラウド管理–参加していますか? この記事は以前、Compare The Cloudに掲載されていました The Cloud Industry Forumの調査結果によると、10のほぼ9(89%)の企業が1つのクラウドベースのサービスに完全に没頭しており、採用レベルは上昇し続けています。クラウドの歴史で初めて、クラウドインフラストラクチャは企業の総IT予算の5分の1(19%)を受け取り、オンプレミスおよびレガシーの支出を18%超えています。

Blog

Barracuda CloudGen FirewallによるOffice 365のUXの最適化

Office 365に移行する企業が増加するにつれて、多くの企業はネットワーク機能が移行の成功と有意義なUX(ユーザエクスペリエンス)の提供に不可欠であることを思い知らされています。 この課題に関するガートナーの最近のレポート: ネットワークプランナーは、WAN(ワイドエリアネットワーク)サービスの要件だけでなく、オンサイト機器の要件も再評価する必要があります。SD-WAN(Software Defined Wide Area Network)は、従来のルータより設定しやすい傾向がありますが、既存のネットワーク機器の上に階層化するだけでは、実際は技術的負債になる可能性があります。SD-WANの新しい導入は、ネットワークをわかりやすくし、既存のルータを交換するための貴重な機会です。

Blog

バラクーダがNSS LabsのSD-WAN Group TestでRecommended(推奨)の評価を獲得

バラクーダがNSS Labsの2019 Software Defined Wide Area Network (SD-WAN) Group TestでRecommended(推奨)の評価を獲得したことは、バラクーダのSD-WAN(Software Defined Wide Area Network)のお客様にとって意外ではありません。今年のテストでは、市場をリードする8つのSD-WANソリューションが評価されました。テストの詳細は、確認できますが、言うまでもなく、Barracuda CloudGen Firewallのテスト結果は、お客様とパートナーから常にお聞きしているご意見に完全に一致しています。

Blog

アプリケーションのハイパースレッディングを無効にすることをITチームに推奨

サイバーセキュリティプロフェッショナルはセキュリティとパフォーマンスのいずれを優先するかをユーザに尋ね始める必要があります。 昨年初めて公開された同じタイプのCPU脆弱性であるSpectreとMeltdownに関連して、追加の脆弱性も公開されました。この結果、FalloutとZombieLoadは、この2つの脆弱性の亜種であると思われます。また、LF(Linux Foundation)のフェローであり、Linuxカーネルの管理者の一人であるグレッグ・クロー=ハートマン氏は、サイバーセキュリティプロフェッショナルが、この2つの脆弱性の亜種が今後も定期的に公開されることを期待すべきであると述べています。

Blog