1. HOME
  2. Blog
  3. 技術情報
  4. CloudGen Firewall

Info.

お知らせ

CloudGen Firewall

リモートの教職員の生産性とセキュリティを維持する

トピック: BYOD(Bring Your Own Device)、Barracuda CloudGen Firewall、コロナウィルス(COVID-19)、K-12教育、ネットワークおよびアプリケーションセキュリティ、リモートワーク 2020年3月20日、Mike Goldgof コロナウィルスの感染拡大によって、学校は一時的に閉鎖されていますが、教職員の業務は停止していません。計算や報告を行い、助成金申請を提出し、学生と教職員のデータを更新する必要があります。バーチャルラーニングで授業を引き続き行っている学校は、さらに問題に直面しています。教職員は、場合によって、ローカルデスクトップ、ファイルサーバ、または学校のネットワーク内にホスティングされたアプリケーションにアクセスする必要があります。現在のパンデミックによって、学校のIT部門は大規模でさまざまな問題に直面しています。多くの学校は、このレベルの混乱に備えて準備ができていません。

Blog

リモートワーク初心者にとって重要なセキュリティプラクティス

トピック: コロナウィルス(COVID-19)、メール保護、リモートワーク 2020年3月19日、Stephanie Cavigliano コロナウィルス(COVID-19)の拡散を最小限に抑制するために、在宅勤務を従業員に推奨しているか、義務付けている企業が増加するにつれて、リモートワークに不慣れな多くの従業員は適応方法を考え出そうとしています。

Blog

Barracuda CloudGen Firewallの在宅勤務機能(リモートアクセス)

トピック: ネットワークセキュリティとアプリケーションセキュリティ、リモートワーク 2020年3月16日、Christine Barry バラクーダのソリューションは長年にわたりワークロードの分散とモバイルワーカーをサポートするように設計されてきました。バラクーダは、Barracuda CloudGen Firewallをリリースした数年前に、仕事の性質の変化に気づき製品へ反映しました。Barracuda CloudGen Firewallを新しい方法でファイアウォールをクラウド環境に最適化したのです。

Blog

Barracuda CloudGen Firewall ファームウェア v7.2.6 GAリリース

Barracuda CloudGen Firewall のファームウェアv7.2.6が2020年3月13日、GAリリースされました。 Barracuda CloudGen Firewall のファームウェアは、ダウンロードポータルからご利用頂けます(Barracuda Cloud Controlへのログインが必要です)。またリリースノートはBarracuda Campus、マイグレーションノートはMigration Noteよりご確認ください。

CloudGen Firewall

WEF(世界経済フォーラム)がサイバー犯罪を防止するためにISP(インターネットサービスプロバイダ)による取り組みを指揮

2020年1月27日、Mike Vizard サイバーセキュリティ部門とISPの間の関係は、良好な場合でも、常に対立しています。一方、ISPは多くの悪意のあるネットワークトラフィックを実際に防止しています。問題は、ファイアウォールで防止する必要があるマルウェアの数にから調べるに、ネットワーク境界に到達する悪意のあるトラフィックが多すぎることです。

Blog

バラクーダがガートナーの2020年のPeer InsightsでネットワークファイアウォールのCustomers’ Choiceに選ばれました(CloudGen Firewall)

トピック: Barracuda CloudGen Firewall 2020年1月22日、Mike Goldgof バラクーダがガートナーの2020年のPeer InsightsでネットワークファイアウォールのCustomers’ Choiceとして評価されたことを発表します。この評価は、ガートナーが確認したエンドユーザからのフィードバックに基づいているため、バラクーダにとって特に重要です。この確認プロセスはPeer Insightsのすべてのレビューがコンテキスト、品質、および関連性の最低基準を満たしていることを確認するものです。

Blog

Barracuda Cloud Security Guardianがパブリッククラウドのセキュリティを強化する5つの方法

トピック: Barracuda Cloud Security Guardian、Barracuda CloudGen Firewall、Microsoft Azure、ネットワークおよびアプリケーションセキュリティ、Barracuda WAF-as-a-Service 2019年12月31日、Rich Turner クラウドセキュリティに対処する場合は、クラウドワークロードを攻撃する可能性がある犯罪者およびその脅威と同様、社内のポリシーと慣習も検討する必要があります。ガートナーの分析によると、2020年までに、クラウド侵害の80%の原因は、クラウドプロバイダによる脆弱性ではなく、ユーザによる誤設定、認証情報の不適切な管理、または社内の情報の盗み出しになります。

Blog

Ringビデオシステムの侵害によるIoT(モノのインターネット)サイバーセキュリティ意識の向上 (CloudGen Firewall)

トピック: IoT(モノのインターネット)セキュリティ、ネットワークおよびアプリケーションセキュリティ 2019年12月13日、Mike Vizard サイバーセキュリティプロフェッショナルが、何らかの IoT(モノのインターネット)デバイスの導入に伴うサイバーセキュリティ攻撃の可能性について、企業にどれほど警告しても、通常、企業経営者の注目を実際に集めるには、消費者に顕著に影響する実例が必要です。

Blog

Barracuda CloudGen Firewallのファームウェアv8.0.2がGAリリースされました。

Barracuda CloudGen Firewall のファームウェアv8.0.2が2019年12月19日、GAリリースされました。 Barracuda CloudGen Firewall のファームウェアは、ダウンロードポータルからご利用頂けます(Barracuda Cloud Controlへのログインが必要です)。またリリースノートはBarracuda Campus、マイグレーションノートはMigration Noteよりご確認ください。

CloudGen Firewall

Microsoft Ignite 2019のハイライト

トピック: Barracuda CloudGen Firewall、Microsoft Azure、Barracuda Web Application Firewall 2019年11月14日、Anne Campbell バラクーダは、米国フロリダ州オーランドで1週間にわたって開催されたMicrosoft Ignite 2019を終えて、カリフォルニア州に戻りました。Igniteでは、MISA(Microsoftインテリジェントセキュリティアソシエーション)が共催した前日の日曜のMicrosoft Cybersecurity Summitから製品の発表、セッションなどまで、すべてのパートナーおよびお客様に有意義な時間を過ごしていただきました。

Blog