Barracuda CloudGen Access 機能

ゼロトラストアクセス

クラウドおよびSaaSアプリケーションのセキュリティを確保するために、最新のSDPを実装しています。リソースへのリモートアクセス、条件付きアクセス、およびコンテキストアクセスを提供し、過剰な特権アクセスと関連するサードパーティのリスクを軽減します。従業員とパートナーは、あらたに追加の攻撃対象領域を作成することなく、企業アプリケーションとクラウドワークロードにアクセスできます。

堅牢なアクセスポリシーを作成し、誰が何にどこからアクセスできるかを可視化できます。役割および属性ベースの制御を設定して、信頼できるユーザとデバイスにコンテキストアクセスを許可し、アクセスアクティビティを完全に可視化し、リスクを軽減します。

すべてのモバイルデバイスに対するフィッシングなどの攻撃をデバイスレベルで防止します。ユーザは、追加のソフトウェアをインストールおよび管理する必要がないため、信頼性の低いモバイルネットワークおよびデバイスに関連する侵害を排除できます。

パフォーマンスとプライバシー

Barracuda CloudGen Accessでは、データがネットワークから漏洩しません。すべてのアクティビティがデバイスレベルで実行されるため、データとユーザのプライバシーが保証されます。この機能は従業員の企業セキュリティポリシーに対するコンプライアンスを大幅に向上する重要な差別化要因です。

Barracuda CloudGen Accessは、今日の私たちの働き方に合わせて設計されています。従業員、パートナー、および契約業者がさまざまなデバイスからネットワークにアクセスしているため、速度が低下しないソリューションが必要です。Barracuda CloudGen Accessは、従来のVPN製品と異なり、ネットワークの待機時間もバッテリの消耗もなく、必要なセキュリティを提供します。ユーザは、使いやすい修復エンジンによって、IT部門の関与なく、デバイスのソフトウェア更新などの小さな問題を管理できます。

Barracuda CloudGen Accessは、あらゆる大きさのユーザ規模に対応するために、自動的に拡大および縮小できる可用性の高いマイクロサービスクラスタとして導入されます。また、ネットワークロードバランサーとシームレスに統合して入力トラフィックを分散し、マイクロサービスアーキテクチャにより、障害を適切に処理して即座に自己修復します。

わかりやすい管理

すべてのインフラストラクチャ、アプリケーション、およびデバイスへのアクセスを保護できます。最新のクラウドインフラストラクチャ向けに構築されたBarracuda CloudGen Accessは、ハイブリッド環境で動作するため、クラウドへの移行時にセキュリティを確保できます。また、レガシーからSAML(Security Assertion Markup Language)とモバイルおよびデスクトップデバイスまで、すべてのアプリケーションと互換性があります。これは、リモートワークという新しい現実では重要です。

アプリケーションと役割に基づいて、企業が所有するデバイス、従業員が所有するデバイス、および自宅の共有コンピュータのプロビジョニングをわかりやすくします。ワンクリックによるユーザの追加と削除など、アプリケーションとWebへのアクセスを保護できるように、部門で簡単に導入できます。ポリシーエンジンによって、アクセス制御を設定および管理します。

ユーザとデバイスのアクセス権限を継続的に評価して、セキュリティを維持します。ディスクの暗号化、デバイスの画面ロックなどのグローバルポリシーを管理し、侵害されたデバイスへのアクセスを自動的に拒否します。アクセスの問題を解決するためのわかりやすいセルフサービスの修復手順によって、生産性を向上し、摩擦を取り除きます。

追加の操作なく、SOCタイプ2などのコンプライアンス要件を満たすことができます。Barracuda CloudGen Accessは、明確な記録システムを作成し、企業全体のシステムアクセスに関する効率的なレポートを提供します。誰が何にいつ権限アクセスしたかを1つの製品で管理、追跡、および検証します。監査およびコンプライアンスレポートを効率化します。エンドポイントテレメトリの有効な分析、アクセスポリシーの定義、デバイスのセキュリティポスチャの継続的な監視などを実行します。ハイブリッドおよびマルチクラウドのインフラストラクチャ環境でグローバルなセキュリティおよびアクセスポリシーに対するPCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard、ペイメントカード業界データセキュリティスタンダード)、NIST(米国国立標準技術研究所)Special Publication 800、およびHIPAA(Health Insurance Portability and Accountability Act、医療保険の携行性と責任に関する法律)コンプライアンスを実現します。