Cloud Security Guardian for Azure

クラウド内のセキュリティポリシーコンプライアンスを自動化

For Azure

Barracuda Cloud Security Guardianは、Microsoft Azureと統合されており、組み込みのセキュリティおよびアラート機能を適用するように、新規に設計されています。このため、コンプライアンス義務が増大する時代のセキュリティの維持に役立つ高度に自動化された使いやすいソリューションになっており、クラウドインフラストラクチャのセキュリティを強化できます。


Barracuda Cloud Security GuardianとMicrosoft Graph Security API

Barracuda Cloud Security Guardianは、クラウドとネイティブに統合されているため、Microsoft Graph Security APIによってアラートを常に受信します。このソリューションは、ネイティブのアラートとバラクーダのコンプライアンスアラートを統合的なインターフェースに集約して表示します。また、アラートを実行可能な対処に明確に関連付けます。

Barracuda Cloud Security GuardianとAzure Firewall

WAF(Webアプリケーションファイアウォール)などのファイアウォールが必要なセキュリティ状況を検出し、ファイアウォールを自動的に導入および設定できるクラウドセキュリティポスチャソリューションはBarracuda Cloud Security Guardianのみです。Barracuda Cloud Security Guardianは、Microsoft Azureと密接に統合されており、ステートフルファイアウォールであるAzure Firewallをサービスとして自動的に導入および設定できます。また、Barracuda CloudGen FirewallとAzure Firewallの両方のインスタンスをコンソール内からシームレスに管理および可視化できます。