1. HOME
  2. Blog

Info.

お知らせ

管理者

2019年のメール脅威を総括、ソーシャルな手法が進化(吉澤 亨史氏メールセキュリティ・コラム)

企業や個人を狙うサイバー攻撃は、現在もメールが大きな割合を占めています。その目的はマルウェア感染や情報を盗み出すことで、手法も多様化しています。マルウェア感染を目的とした手法では、マルウェアを添付したり、本文のURLリンクから悪意のあるウェブサイトに誘導したりするほか、脆弱性を悪用するケースも増えています。また、ログイン情報などを盗み出すことを目的とした手法では、フィッシングの手法が取られています。ここでは、2019年のメール脅威をまとめます。

Blog

適切なデータ保護がビジネスに与える付加価値

スピアフィッシングとランサムウェアに関する記事をよく目にしますが、その見出しからはデータ保護がビジネスクリティカルであることを定期的に再認識できます。ボルチモア市、Oklahoma City Public Schools(オクラホマシティ公立学校)、およびWolverine Solutions Groupは、過去数か月でランサムウェア攻撃を受けた企業と団体の一部にすぎません。このような攻撃がどこでも実行されている一方、多くの企業はこのような犯罪と他のすべての致命的なビジネス上の損害に無防備です。この理由は、バックアップソリューションの誤解または誤設定である場合もあれば、ビジネスの拡大に注力しすぎてビジネスデータの保護方法についてまったく考えていないビジネスマネージャの問題にすぎない場合もあります。

Backup

Barracuda Threat Spotlight(バラクーダが注目する脅威): モジュール式マルウェア

進化する高度なモジュール式マルウェア攻撃からビジネスを保護しましょう。 バラクーダの調査担当者によって、モジュール式マルウェアの悪用が2019年初以降、急増していることが確認されています。バラクーダのお客様へのメール攻撃を分析した最近の結果によると、2019年の最初の5か月で15万個以上の悪意のあるファイルが検出されています。 モジュール式マルウェアを検出および防止できるように、攻撃とソリューションについて詳細に説明します。

Blog

Barracuda Advanced Bot Protectionとは

Webアプリケーションはセキュリティ侵害につながるハッキングの最大の攻撃ベクタであり、サイバー犯罪者は、高度なボットによって、Webアプリケーションの脆弱性を悪用することにますます狡猾になっています。ボットは、簡単なスクリプトを悪用するものから、ヘッドレスブラウザ、ML(機械学習)などの高度な技術を悪用して従来のアプリケーションセキュリティをバイパスするものへと進化してきました。Barracuda Advanced Bot Protectionが必要な理由は、このためです。

Blog

Barracuda Web Security Gateway 14.1.014 GAリリース

Barracuda Web Security Gateway(旧称 Barracuda Web Filter)のファームウェア 14.1.014が2019年6月25日、GAリリースされました。 お早めのファームウェアアップデートを願いします。 ファームウェアリリースノートはこちらからご覧頂けます。 http://updates.cudasvc.com/cgi-bin/view_release_notes.cgi?type=spyware&version=14.1.0.014&platform=3

Web Security Gateway

【コラム】WAFの種類と、クラウド型WAFが選ばれる理由

Webアプリケーションの脆弱性を悪用したサイバー攻撃による情報漏えい事件が後を絶たないことから、WAF(Webアプリケーション・ファイアウォール)のニーズが高まっています。特に、クラウド型WAFを導入するケースが増えており、またアプライアンス型のWAFを対象に含めるMSS(マネージドセキュリティサービス)も増えています。WAFにはこのほか、ソフトウェア型があります。ここでは、WAFの種類と特徴について紹介します。

Blog

Barracuda CloudGen Firewall Fシリーズのファームウェア7.2.4がGAリリースされました。

Barracuda CloudGen Firewall Fシリーズのファームウェア7.2.4が2019年6月17日、GAリリースされました。Barracuda CloudGen Firewall Fシリーズのファームウェアは、ダウンロードポータルからご利用頂けます(Barracuda Cloud Controlへのログインが必要です)。またリリースノートはBarracuda Campus、マイグレーションノートはMigration Noteよりご確認ください。

CloudGen Firewall

サイバーセキュリティチームは侵襲性の高いマルウェアによるIT環境への侵入を防止する必要がある【メールセキュリティ】

マルウェア検出は雑草が庭にはびこらないようにすることに非常に似ています。さまざまな雑草が他家受粉すると、新しい雑草が生まれる場合もあります。しかし、検出したマルウェアのほとんどはサイバーセキュリティプロフェッショナルにとって既知のものです。実際、このようなマルウェアのほとんどは、庭にはびこる雑草に非常に似ており、ほぼ同じように侵入します。

Blog