1. HOME
  2. Blog
  3. 技術情報

Info.

お知らせ

技術情報

頭字語で表されるクラウドセキュリティを理解する

トピック: AWS(Amazon Web Services)、Barracuda Cloud Security Guardian、金融、Microsoft Azure、小売、頭字語で表されるクラウドセキュリティ 2020年8月13日、Rich Turner 注: このブログはパブリッククラウドセキュリティに関する6回シリーズの最後の記事です。シリーズ全体は、このページで読むことができます。

Blog

セキュリティとコンプライアンス

トピック: AWS(Amazon Web Services)、Barracuda Cloud Security Guardian、データ保護、GDPR(欧州連合一般データ保護規則)コンプライアンス、Microsoft Azure、頭字語で表されるクラウドセキュリティ 2020年8月5日、Rich Turner CSPM(Cloud Security Posture Management)ソリューションはクラウドワークロードと顧客を保護するための最新のトレンドです。CSPMは、クラウドインフラストラクチャを評価し、誤設定、または企業のベストプラクティスへの違反を検出します。また、このような機能によって、データ侵害またはデータ漏洩につながる可能性がある問題を検出するだけでなく、コンプライアンスに関与します。

Blog

HTTPS(ハイパーテキスト転送プロトコルセキュア)の重要性に関する発表

トピック: Barracuda WAF-as-a-Service、Barracuda Web Application Firewall 2020年8月12日、Tushar Richabadas 最近、米国のDotGov(.gov)レジストラは米国政府のすべてのWebサイトがブラウザ上のHSTS(HTTP Strict Transport Security)プリロードリストに追加されることを発表しました。この発表は米国政府のWebサイトへのすべてのアクセスを完全に保護する上で非常に重要な一歩です。

Blog

Barracuda Web Security Gateway 15.0.0.009 GAリリース

Barracuda Web Security Gatewayのファームウェア 15.0.0.009が2020年8月4日、GAリリースされました。 お早めのファームウェアアップデートをお願い致します。 ファームウェアリリースノートはこちらからご覧頂けます。https://campus.barracuda.com/product/websecuritygateway/doc/9011724/release-note

Web Security Gateway

ビジネスのデジタル変革のマイナス面

トピック: コロナウィルス(COVID-19)、ネットワークおよびアプリケーションセキュリティ、Barracuda Web Application Firewall 2020年7月14日、Mike Vizard コロナウィルス(COVID-19)パンデミックがどれほど悪性であり続けるかに関係なく、ほとんどの企業は、主に、顧客を魅了するデジタルテクノロジにさらに依存して、収益を生み出す方法を見いだしています。一方、セキュリティの観点からは、攻撃者がこのような取り組みを入念に追跡しているという問題があります。

Blog

すべてのWAF(Webアプリケーションファイアウォール)が平等に創られているわけではない

トピック: ネットワークおよびアプリケーションセキュリティ、Barracuda Web Application Firewall 2020年7月15日、Christine Barry Barracuda Web Application Firewallは長年にわたって進化および革新してきました。この進化と革新にはBarracuda CloudGen FirewallとのAPI(アプリケーションプログラミングインターフェース)統合、ネイティブクラウドサービスとの密接な統合、および、最近では、クラウドネイティブバージョンであるBarracuda WAF-as-a-Serviceがあります。

Blog

クラウドメールセキュリティの7つの利点

トピック: Barracuda Email Security Gateway、Barracuda Essentials、Barracuda Sentinel 2020年7月8日、Stephanie Cavigliano 現在、Office 365を使用するユーザは2億2,500万人以上です。マイクロソフトの最新の収支報告(2020年4月)によると、Office 365ユーザは、毎月、約350万人、増加しています。在宅勤務の従業員を増加する企業が増加するにつれて、この人数は引き続き増加する可能性が高いです。ほとんどの人はOffice 365がこれほど普及している理由をよく知っています。率直に言うと、簡単だからです。ハードウェアが不要であるため、余分な管理コストを削減できます。企業は、オプションのアドオン機能を含むさまざまなユーザごとのサブスクリプションモデルによって、Office 365環境を特定のビジネスニーズに合わせてカスタマイズできます。SharePointとMicrosoft OneDriveが追加されたため、ユーザコラボレーションが簡単になり、ユーザが自宅からでも協力して仕事を行うことができます。

Blog

バラクーダが2020 Microsoft Partner of the Year AwardsのCommercial Marketplace部門のファイナリストにノミネート

トピック: Barracuda CloudGen Firewall、Microsoft Azure、Barracuda Web Application Firewall 2020年7月13日、Anne Campbell 今日、バラクーダは2020 Microsoft Partner of the Year AwardsのCommercial Marketplace部門のファイナリストにノミネートされたことを発表しました。バラクーダは、マイクロソフトのテクノロジに基づくカスタマソリューションの革新と導入に優れた実績を示していることを理由に、マイクロソフトの世界中の主要なパートナーの一つとして評価されました。

Blog

頭字語で表されるクラウドセキュリティ

トピック: AWS(Amazon Web Services)、Barracuda CloudGen Firewall、データ保護、Microsoft Azure、ネットワークおよびアプリケーションセキュリティ、頭字語で表されるクラウドセキュリティ、Barracuda Web Application Firewall 2020年7月7日、Rich Turner クラウドが初期段階にあり、顧客が共有責任モデルに関する諸問題を理解し始めていた時期は、ファイアウォールセキュリティが完璧なセキュリティソリューションであると思われていました。次世代ファイアウォールとWAF(Webアプリケーションファイアウォール)はパブリッククラウドで実行されるWebアプリケーションおよびインフラストラクチャを保護するための主要なセキュリティ機能になりました。

Blog