1. HOME
  2. Blog
  3. 技術情報

Info.

お知らせ

技術情報

メールセキュリティ: 2020年版メールの脅威と対策ガイダンス〜 banner

メールセキュリティ : 2020年版メールの脅威と対策ガイダンス〜

メールセキュリティについて語る人が多い一方で、予防策を講じない人や会社が多いことは驚きです。 Fbi(米国連邦捜査局)のIC3(米国インターネット犯罪苦情センター)によると、サイバー犯罪によって、2019年だけで35億ドルの損害が生じており、BEC(ビジネスメール詐欺)が最大の損害を及ぼしています。 「2023年まで毎年BEC(ビジネスメール詐欺)は倍増し続けて損害は50億ドル以上になり、BECは企業にとって大きな金銭的損害を与えます」と予想されています。(ガートナー、2020年3月) 標的型メール攻撃による経済的損失を回避するには、一般的なEメールの脅威とは何か、およびそれらに対処する方法を知ることが重要です。 #包括的なメールセキュリティ対策 #TotalEmailProtection #BarracudaEssential #BarracudaSentinel #BarracudaEmailSecurityGateway

Blog

頭字語で表されるクラウドセキュリティを理解する のページ写真 1

頭字語で表されるクラウドセキュリティを理解する

トピック: AWS(Amazon Web Services)、Barracuda Cloud Security Guardian、金融、Microsoft Azure、小売、頭字語で表されるクラウドセキュリティ 2020年8月13日、Rich Turner 注: このブログはパブリッククラウドセキュリティに関する6回シリーズの最後の記事です。シリーズ全体は、このページで読むことができます。

Blog

セキュリティとコンプライアンス のページ写真 2

セキュリティとコンプライアンス

トピック: AWS(Amazon Web Services)、Barracuda Cloud Security Guardian、データ保護、GDPR(欧州連合一般データ保護規則)コンプライアンス、Microsoft Azure、頭字語で表されるクラウドセキュリティ 2020年8月5日、Rich Turner CSPM(Cloud Security Posture Management)ソリューションはクラウドワークロードと顧客を保護するための最新のトレンドです。CSPMは、クラウドインフラストラクチャを評価し、誤設定、または企業のベストプラクティスへの違反を検出します。また、このような機能によって、データ侵害またはデータ漏洩につながる可能性がある問題を検出するだけでなく、コンプライアンスに関与します。

Blog

フィッシングは企業にとって実存的な脅威に進化している のページ写真 3

フィッシングは企業にとって実存的な脅威に進化している

トピック: コロナウィルス(COVID-19)、メールセキュリティ、ソーシャルエンジニアリング、スピアフィッシング 2020年7月21日、Mike Vizard RSAが今年の第1四半期に検出した攻撃の半数以上はフィッシングです。なお、RSAが第1四半期に世界中で検出した攻撃の回数は合計50,119です。明らかに、コロナウィルス(COVID-19)に関連する攻撃が、このようなフィッシングの非常に大きな割合を占めており、第2四半期に増加しています。コロナウィルスパンデミックが引き続きニュースの中心であるため、当然、セキュリティ部門はフィッシングなどのコロナウィルスに関連する攻撃が今年1年にわたってはるかに拡散および高度化することを想定する必要があります。

Blog

HTTPS(ハイパーテキスト転送プロトコルセキュア)の重要性に関する発表 のページ写真 4

HTTPS(ハイパーテキスト転送プロトコルセキュア)の重要性に関する発表

トピック: Barracuda WAF-as-a-Service、Barracuda Web Application Firewall 2020年8月12日、Tushar Richabadas 最近、米国のDotGov(.gov)レジストラは米国政府のすべてのWebサイトがブラウザ上のHSTS(HTTP Strict Transport Security)プリロードリストに追加されることを発表しました。この発表は米国政府のWebサイトへのすべてのアクセスを完全に保護する上で非常に重要な一歩です。

Blog

Barracuda Web Security Gateway 15.0.0.009 GAリリース のページ写真 6

Barracuda Web Security Gateway 15.0.0.009 GAリリース

Barracuda Web Security Gatewayのファームウェア 15.0.0.009が2020年8月4日、GAリリースされました。 お早めのファームウェアアップデートをお願い致します。 ファームウェアリリースノートはこちらからご覧頂けます。https://campus.barracuda.com/product/websecuritygateway/doc/9011724/release-note

技術情報

ビジネスのデジタル変革のマイナス面 のページ写真 7

ビジネスのデジタル変革のマイナス面

トピック: コロナウィルス(COVID-19)、ネットワークおよびアプリケーションセキュリティ、Barracuda Web Application Firewall 2020年7月14日、Mike Vizard コロナウィルス(COVID-19)パンデミックがどれほど悪性であり続けるかに関係なく、ほとんどの企業は、主に、顧客を魅了するデジタルテクノロジにさらに依存して、収益を生み出す方法を見いだしています。一方、セキュリティの観点からは、攻撃者がこのような取り組みを入念に追跡しているという問題があります。

Blog

すべてのWAF(Webアプリケーションファイアウォール)が平等に創られているわけではない のページ写真 8

すべてのWAF(Webアプリケーションファイアウォール)が平等に創られているわけではない

トピック: ネットワークおよびアプリケーションセキュリティ、Barracuda Web Application Firewall 2020年7月15日、Christine Barry Barracuda Web Application Firewallは長年にわたって進化および革新してきました。この進化と革新にはBarracuda CloudGen FirewallとのAPI(アプリケーションプログラミングインターフェース)統合、ネイティブクラウドサービスとの密接な統合、および、最近では、クラウドネイティブバージョンであるBarracuda WAF-as-a-Serviceがあります。

Blog