1. HOME
  2. Blog
  3. 技術情報

Info.

お知らせ

技術情報

クラウドセキュリティへの信頼の増大とそれに伴う懸念

トピック: Barracuda Cloud Security Guardian、Barracuda Web Application Firewall 2019年11日14日、Rich Turner 現在の企業にとって、デジタル変革は、ますます最も重要になっています。CIOは、新しいアプリケーションベースのモデルを複数のクラウドプロバイダに依存しており、常に変化する市場の需要を満たすために、ビジネスアジリティを向上しています。しかし、セキュリティは依然として問題です。また、Webアプリケーションは依然としてデータ盗難とDDoS(分散サービス拒否)の主要な標的です。今年のベライゾンのレポートによると、ベライゾンが分析した侵害の4分の1がWebアプリケーション攻撃から発生しています。

Blog

Microsoft Ignite 2019のハイライト

トピック: Barracuda CloudGen Firewall、Microsoft Azure、Barracuda Web Application Firewall 2019年11月14日、Anne Campbell バラクーダは、米国フロリダ州オーランドで1週間にわたって開催されたMicrosoft Ignite 2019を終えて、カリフォルニア州に戻りました。Igniteでは、MISA(Microsoftインテリジェントセキュリティアソシエーション)が共催した前日の日曜のMicrosoft Cybersecurity Summitから製品の発表、セッションなどまで、すべてのパートナーおよびお客様に有意義な時間を過ごしていただきました。

Blog

【Backup障害:復旧済】クラウドGUIが表示されない

以下既報の障害について、本日(11/28)15:40頃に復旧を確認致しました。クラウドGUIの表示、およびGUI上でのリンキング、設定等全ての操作が正常に可能な状態となっております。 原因については、情報が得られ次第、更新情報として本通知ページにてお知らせ致します。お客様には多大なるご不便、ご迷惑をお掛けし、大変申し訳ございませんでした。 —————————————————-[発生時刻]11/28 (木) 午後12:30頃 ~ 午後15:40頃 [事象]BackupのクラウドGUI画面が表示されない※Cloud Controlにはログイン可能だが、左ペインの[Backup]タブをクリックしても、ページがロードされない [影響]・クラウドGUIからの設定・レポート閲覧・レストア等操作ができない※設定済みのバックアップスケジュールの実行には影響ありません。 [障害原因]情報が得られ次第、更新致します。 —————————————————-

Backup

AWS Well-Architectedフレームワークの第3の柱: インフラストラクチャ保護(ネットワークセキュリティ)

トピック: AWS(Amazon Web Services)、Barracuda Cloud Security Guardian、データ保護、AWS Well-Architectedフレームワークの5本の柱、ネットワークおよびアプリケーションセキュリティ、Webセキュリティおよびフィルタリング 2019年11月11日、Rich Turner このブログはAWS Well-Architectedフレームワークの5本の柱に関するシリーズ(7つのブログ)の第4の記事です。シリーズ全体については、Five Pillars for well-architected AWS securityをご参照ください。

Blog

マルチリンクの仮想WAN(ワイドエリアネットワーク)サイトへの接続

トピック: Barracuda CloudGen Firewall、Microsoft Azure、ネットワークおよびアプリケーションセキュリティ、Office 365のセキュリティ、SD-WAN 2019年11月5日、Michael Zoller ガートナーによると、ワークロードをクラウドで実行すると、効率が大幅に向上し、2020年までに、すべての企業ワークロードの83%がクラウドにホスティングされると予測されています。しかし、多くのクラウド移行プロジェクトは、ブランチオフィス内のユーザ向けのサービスレベルとアクセスレベルを維持するクラウドに、サービスを移行するという目標を達成していません。信頼性の低い低帯域幅のインターネットリンクまたはレガシーMPLS(Multi Protocol Label Switching)バックホールネットワークアーキテクチャでは、パフォーマンスおよびサービス品質が貧弱であるため、UX(ユーザエクスペリエンス)も貧弱になる可能性があります。Office 365のアプリケーショントラフィックを高度に処理するには、ブランチオフィスのデバイスをSD-WAN(Software Defined Wide Area Network)対応にする必要があります。この問題の解決に注力している製品がクラウドへの信頼性と一貫性の高いアクセスを確保するBarracuda CloudGen Firewall for Azure Virtual WANです。クラウドへのセキュアな接続は、本質的に複雑であり、VPN(仮想プライベートネットワーク)トンネル、動的ルーティングなどの設定を必要とします。簡単で非常に強力なツールによって、このプロセスをシームレスに自動化すると、複雑な手動プロセスを削減できます。

Blog

Barracuda CloudGen FirewallがマイクロソフトのSIEM(セキュリティ情報イベント管理)ソリューションであるAzure Sentinelと統合

トピック: Barracuda CloudGen Firewall、Microsoft Azure、ネットワークおよびアプリケーションセキュリティ、Barracuda Web Application Firewall 2019年11月5日、Fleming Shi バラクーダはBarracuda CloudGen FirewallがAzure Sentinelと統合されたことを発表します。この密接な統合については、Azure Sentinelのデータソースの接続をご参照ください。

Blog

AWS Well-Architectedフレームワークの第2の柱: 発見的統制

トピック: AWS(Amazon Web Services)、Barracuda Cloud Security Guardian、AWS Well-Architectedフレームワークの5本の柱、ネットワークおよびアプリケーションセキュリティ 2019年11月4日、Rich Turner このブログはAWS Well-Architectedフレームワークの5本の柱に関するシリーズ(7つのブログ)の第3の記事です。シリーズ全体については、Five Pillars for well-architected AWS securityをご参照ください。

Blog

Barracuda Threat Spotlight(バラクーダが注目する脅威): 学校に対するサイバー攻撃

トピック: K-12教育、K-12ランサムウェア 2019年10月31日、Jonathan Tanner 学校の新年度が始まっているため、学校に対するサイバー攻撃は大幅に増加しています。米国K-12 CRC(K-12 Cybersecurity Resource Center)がまとめたデータをバラクーダが分析した結果によると、今年は、過去2年間の合計とほぼ同数のインシデントが、すでに発生しています。K-12 CRCは、2016年以降、米国の学校に対する攻撃の報告を追跡しています。学校に対する攻撃の回数は、2018年は124回、2017年は218回でしたが、今年は、すでに301回です。

Blog

金融業界がどのようにクラウドでセキュリティを維持しているか

2019年10月30日、Chris Hill 銀行は、わずか数年前は、クラウドに不安を感じていましたが、現在は、間違いなく、ガートナーが幻滅の段階と呼んだ時期を経て、クラウドがもたらす大きな価値を理解しています。また、PSD2(Revised Directive on Payment Services)の実施、フィンテック企業の増加、およびブロックチェーンテクノロジの出現によって、クラウドが将来の成功への実行可能な道になる可能性があることを認識しています。

Blog

バラクーダのラテラルフィッシング攻撃に関する調査【メールセキュリティ】

2019年10月28日、Anne Campbell 今年、バラクーダは、カリフォルニア大学バークレー校およびサンディエゴ校の調査担当者と協力して、増大するラテラルフィッシング攻撃の傾向を調査しました。ラテラルフィッシング攻撃では、攻撃者が、乗っ取ったアカウントを使用して、社内の連絡先から社外のパートナーまでの多くの受信者にフィッシングメールを送信します。この調査によると、7分の1が過去7か月間でラテラルフィッシング攻撃を受けています。

Blog