1. HOME
  2. Blog
  3. 技術情報

Info.

お知らせ

技術情報

【レポート】「Azure Virtual WAN x Barracuda CloudGen Firewallで実現する大規模拠点間接続」セミナー

凝縮された30分でノウハウを伝授するWebセミナーですが、今回は「Azure Virtual WAN x Barracuda CloudGen Firewallで実現する大規模拠点間接続」を解説しました。講師であるバラクーダネットワークスジャパン株式会社 セールスエンジニア 大森 秀昭は、Hardening Project, 日経BPイベント(CloudDays ITProExpoなど)で講演している評判の良い講師です。当日は約60名のお申し込みを頂き、Webセミナーながらとても盛会でした。 当日のアジェンダは以下の通りです。 マイクロソフトのAzure Virtual WANが正式リリースされ、Barracuda CloudGen FirewallがVPN接続の推奨製品となっています。 Azure Virtual WANは推奨パートナーデバイスで拠点間を自動接続 が特徴です。オンプレミスとクラウド間をつなぐ際にとても有効なソリューションになります。   上記のようにハブ・アンド・スポークが容易に作れることから特に大規模ネットワーク構築にも効果を発揮します。 従来のVPN Gatewayとの違いは、最大VPN接続数、最大スループットの大幅向上とハブ&スポーク構成、ネットワーク機器の自動設定の対応が大きなところです。 バラクーダネットワークスはVirtual WANのオフィシャル接続パートナーの7社のうちの1社です。 Barracuda CloudGen FirewallはMicrosoft AzureをはじめにAWS、Google Cloud Platformに対応し、マーケットプレイスからデプロイ可能です。 Barracuda CloudGen Firewallは上図のような特徴を持ち、UTMとしても使えます。また、各クラウド環境を最適化して使えるようになっています。 今回のWebinarデモでは、Azureの推奨デバイスBarracuda CloudGen Firewallを用いたAzureとオンプレミスの接続環境、および構成の自動化についてご紹介しました。 デモの流れは以下の通りです。 1.まずAzureに接続します。 2.Firewallの管理画面メニューからMicrosoft Azureにつなげられます。 3.必要情報を入れていただき、コネクトのボタンを押すと接続していきます。   4.Microsoft Azure画面からVitual WAN Hubに紐づける作業が必要になります。   Barracuda CloudGen Firewallの特徴としては以下の図の通りです。 主な注意点は以下の通りです。 以前は国をまたいだ専用線サービスは高額でした。今後はVirtual WANを活用すると安価に接続できるようになります。すでに国内の接続でも有効ですが、将来的に各国の拠点間の通信手段としても有効になります。 本件についてデモのご依頼や評価依頼も受け付けています。 また、本資料をご入用の方は以下よりお問い合わせください。 https://f.msgs.jp/webapp/form/16370_qfy_17/index.do        

Blog

Barracuda Web Application Firewall 10.0.0.010 GAリリース

Barracuda Web Application Firewall のファームウェア10.0.0.010が2019年5月28日、GAリリースされました。お早めのファームウェアアップデートを願いしますファームウェアリリースノートはこちらからご覧頂けます。 https://campus.barracuda.com/product/webapplicationfirewall/doc/86541385/release-notes-version-10-0

Others

【コラム】Office365バックアップの重要性

Office365を導入されて、ビジネスに活用されているお客様、OneDriveやSharePoint Onlineのバックアップは取得されていますでしょうか。クラウドだから大丈夫ですって?確かにOffice365のシステムは冗長化され、稼働率も99.9%を保証するなど高いレベルで運営されています。おそらくですが、大規模なシステム障害があったとしても OneDriveや SharePoint Onlineの情報が失われる可能性はかなり低いでしょう。 しかしながら、データ消失が人為的なものだった場合、OneDriveや SharePoint Onlineのデータがなくなることはないのでしょうか。実際、機器故障に次いでヒューマンエラーによる削除がデータ消失の原因となっています。 改めてOneDriveやSharePoint Onlineのデータを利用者が不用意に削除する、悪意を持って削除する可能性はないでしょうか。 今回のブログでは、OneDriveやSharePointの情報削除対策をご紹介します。また、より安全に OneDriveや SharePointを利用するための弊社ソリューションも併せてご紹介をいたします。 OneDriveやSharePoint Onlineの場合 SharePoint Online上で共有していたデータをメンバーユーザが削除した場合、「ごみ箱」にデータは移動します。悪意を持っているユーザの場合、このごみ箱からも「ごみ箱を空にする」を選択して、削除することでしょう。 そういったことも想定し、管理者画面には「第2段階のごみ箱」が用意されています。 この仕組みは非常によくできており、「第2段階のごみ箱」にアクセスすることで、削除されたデータを容易に「復元」できるようになっています。 ただ、「ごみ箱」と「第2段階のごみ箱」を通じて 93日間を超えたデータは自動的に破棄され、完全に復元できなくなります。したがって、「ごみ箱」はフェイルセーフの機能であり、バックアップの機能ではないことに注意する必要があります。 年に1度しか参照しないけれどもないと困るファイルや、案件が終了したため、すぐには見返されないが保存しておかないといけない重要なファイルが削除された場合、保存期間を超えるまで誰も気づかないということは容易に考えられるため何らかの方法でバックアップを取得しておく必要があります。 例:「ごみ箱」に 60日間あったデータは、「第2段階のごみ箱」で33日間保管されます。 Barracuda Cloud-to-Cloud Backup(以下、CCB)の場合 Barracuda Essentialを構成する機能の 1つとして、CCBがあります。これは、Office 365の Exchange Online、OneDrive、SharePoint Onlineを Barracuda Networksが運用するクラウドデータセンターへ直接バックアップを取得する製品です。 バックアップを取得する Office365の製品とリンクします。 バックアップ取得時間も曜日と開始時刻の組み合わせを設定することができます。 取得したバックアップデータは保存ポリシーにより、お客様で自由に保存期間を設定することができます。 必要なデータをクラウドから直接 Office365に対して高速にリストアが可能です。 まとめ データ復旧の普段使いであれば、OneDriveや SharePoint Onlineの「ごみ箱」でも困らないと思います。ただ、「ごみ箱」はバックアップではないため、保存期間を超えて不意な削除や悪意を持った削除気づかない可能性があります。そのため、ビジネスとして OneDriveや SharePoint Onlineを利用される方はバックアップを取得しておく必要があると言えるでしょう。 今回はデータ復旧の観点からのご紹介でしたが、CCBでは Exchange Onlineのユーザ単位のメールボックスなどのバックアップや、SharePoint Onlineのスタイルテンプレートやライブラリのバックアップもサポートしています。 また、Office365のアカウントを乗っ取られて第2ごみ箱まで削除されてしまう危険性もあります。その場合は、CCBに加えて Office365のアカウント乗っ取りを検知する Barracuda Sentinelという製品もございます。Barracuda Sentinelのご紹介はまた次の機会に。 テストされたい方はぜひ弊社までお問い合わせください。 製品の詳細は次のURLをご確認ください。https://www.barracuda.co.jp/products/essentials_email/

Blog

【重要:CloudGen Firewall / NextGen Firewall Xをご利用中の全てのお客様へ】各種定義ファイル継続更新のためのファームウェアアップデート実施のお願い

Barracuda CloudGen Firewall / NextGen Firewall Xをご利用のお客様にお知らせ致します。 2019年7月1日に、Barracuda Networksは各種定義ファイルアップデートのインフラストラクチャの更改を行います。これに伴い、以下に記載させていただくファームウェアをご利用の機器では、同日以降各種定義ファイルの更新ができなくなります。 影響を受けるファームウェアのバージョンは以下です。CloudGen Firewall:7.1.4およびそれ以前のバージョン、7.2.3およびそれ以前のバージョンBarracuda Firewall X:7.2.0およびそれ以前のバージョン CloudGen Firewallをご利用のお客様———————————————継続的な各種定義ファイルの更新をご利用頂くためには、2019年7月1日より前にご利用の機器のファームウェアを以下バージョンにアップデート頂く必要がございます。  [v7.1系をご利用の場合]   v7.1.5 [v7.2系をご利用の場合]   v7.2.3 (Hotfix 1004の追加インストールが必要) / v7.2.4 (2019年6月13日リリース予定) ※v7.2.3用の Hotfix 1004 は、以下よりダウンロードが可能です。CloudControlへのログインが必要となります。 https://dlportal.barracudanetworks.com/#/packages/4694/patternupdates-1004-7.2.3-1539463918.tgz v8.0.0 (パブリッククラウド版)をご利用のお客様へは影響はございません。 Barracuda Firewall Control Centerを利用されている場合は、Barracuda Firewall Control Centerのファームウェアをv7.1.5 / v7.2.3(Hotfix 1004の追加インストールが必要)、v7.2.4(2019年6月13日リリース予定)にアップデート頂くことで、引き続き管理されている機器への各種定義ファイルのアップデート配布が可能となります。 ※VirusScannerのHotFix 890または899を適用していただいたお客様に関しても、継続した各種定義ファイルのアップデートを実施するには 2019年7月1日より前にご利用の機器のファームウェアを上記バージョンにアップデート頂く必要があります。※6月末までに上記バージョンへのアップデートが完了しない場合、各セキュリティ機能は最後に適用された定義ファイルで継続動作いたします。——————————————— Barracuda Firewall Xをご利用のお客様———————————————継続的な各種定義ファイルの更新を実施するには、お客様は2019年7月1日より前にご利用の機器のファームウェアをv7.2.1.011へアップグレード頂く必要がございます。 ※6月末までに上記バージョンへのアップデートが完了しない場合、各セキュリティ機能は最後に適用された定義ファイルで継続動作いたします。——————————————— ※本件についてご質問・不明点がございます場合、ご契約のサポート窓口までお問い合わせ下さい。

CloudGen Firewall

Barracuda Web Security Gateway 14.1.012 GAリリース

Barracuda Web Security Gateway(旧称 Barracuda Web Filter)のファームウェア 14.1.012が2019年5月22日、GAリリースされました。 お早めのファームウェアアップデートを願いします。 ファームウェアリリースノートはこちらからご覧頂けます。 https://campus.barracuda.com/product/websecuritygateway/doc/9011724/release-notes/?lang=2AJYS

Web Security Gateway

Barracuda Load Balancer ADC 6.4.0.005 GAリリース

Barracuda Load Balancer ADCのファームウェア 6.4.0.005 が2019年5月7日、GAリリースされました。お早めのファームウェアアップデートを願いします。 ファームウェアリリースノートはこちらからご覧頂けます。https://updates.cudasvc.com/cgi-bin/view_release_notes.cgi?type=lbware&version=6.4.0.005&platform=3  

Load Balancer

(一部更新)【CloudGen Firewallのウィルススキャン機能をご利用中のお客様へ】 Aviraエンジン向け定義ファイル更新に関するご注意

※本年3/14に既にお知らせしております内容について、一部更新致します。 【更新点】・ファームウェアバージョンv7.2系の最新バージョンであるv7.2.3でも、新たにリリースされたHotFix 1004の適用が必要となりました。  対策として既にv7.2.3にバージョンアップを実施済みのお客様に置かれましては、更なるお手数をお掛けすることとなり、申し訳ございません。 以下更新点も含め、お知らせを再掲致します。何卒よろしくお願い申し上げます。 Barracuda CloudGen Firewallのウィルススキャン機能をご利用のお客様にお知らせ致します。 ファームウェアバージョン7.1.4以前(v7.1系の場合)もしくは7.2.2以前(v7.2系の場合)をご使用中の機器では、スキャンエンジンとしてAviraを有効にされている場合、2019年7月1日以降、ウィルス定義ファイルの更新が利用できなくなります。※バージョン7.0.x以前は、既にファームウェアサポートが終了しております。 ウイルススキャン機能(サービス)の現状の設定については、以下Barracuda Campusの記事を参照の上、ご確認下さい。*****Virus Scannerを有効にする方法*****https://campus.barracuda.com/product/cloudgenfirewall/doc/73719399/how-to-enable-the-virus-scanner Aviraエンジンで継続してウィルス定義ファイルの更新を行うには、ファームウェアバージョン7.1.5(v7.1系の場合)、もしくは6月にリリース予定の7.2.4(v7.2系の場合)にアップデートを実施頂く必要がございます。 2019年7月1日までにファームウェアのアップデートを実施することが難しい場合、暫定対応として以下Aviraエンジンの修正プログラムを適用をご検討下さい。適用により、ご使用中のバージョンで引き続き定義ファイルの更新が可能となります。 【修正プログラムについて】Hotfix 890:対象ファームウェア 7.1.0 / 7.1.1 / 7.1.2 / 7.1.3 / 7.1.4https://dlportal.barracudanetworks.com/#/packages/4544/Virscan-890-7.1.4-144565.tgz Hotfix 899:対象ファームウェア 7.2.0 / 7.2.1 / 7.2.2https://dlportal.barracudanetworks.com/#/packages/4549/Virscan-889-7.2.2-144606.tgz Hotfix 1004:対象ファームウェア 7.2.3https://dlportal.barracudanetworks.com/#/packages/4694/patternupdates-1004-7.2.3-1539463918.tgz ※修正プログラムのダウンロードには、CloudControlへのログインが必要となります。 ※本件についてご質問・不明点がございます場合、ご契約のサポート窓口までお問い合わせ下さい。 以上

技術情報

[障害報告:復旧済] Barracuda Backup / クラウドGUIのダッシュボードで機器が「オフライン」と表示される

一昨日より発生しておりました、Barracuda BackupのクラウドGUIのダッシュボード上で確認できる動作状態で、機器とクラウドとの実際の接続状況に関わらず、「オフライン」と表示される障害について復旧済みとなりましたのでご報告致します。 現在クラウドGUIの表示は正常な表示となっております。 【発生日時】2019年3月17日正午頃 ~ 2019年3月19日4:50頃 【発生事象】クラウドGUIで機器の接続ステータスがオフラインと表示されてします。 ご不便おかけいたしましたが、引き続きBarracuda製品をご愛顧頂ますようお願い申し上げます。

技術情報