ブログ

セキュリティとストレージのリーディングカンパニー > ブログ

ブログ

2017年03月23日new!
ランサムウェアとモノのインターネット

Ransomware and the Internet of Things

Dark Readingの記事で、モノのインターネット(IoT)を標的にしたランサムウェア攻撃が甚大な被害を及ぼす可能性が取り上げられています。モノのインターネットは、カメラ、DVR、子ども用スマートトーイといった消費者向けのデバイスの枠を超え、強力で重要性の高いシステムへと成長しました。公立の教育機関の安全性、病院の医療デバイス、HVACシステムの構築、信号機などは、すべてモノのインターネットで実現可能です。では、このようなデバイスがランサムウェアの標的になったら、何が起こるのでしょうか。


ランサムウェアとモノのインターネット

2017年03月23日new!
ハードウェアリフレッシュでNextGen Firewallを最大限に活用

Get the most out of your NextGen Firewall Refresh

バラクーダネットワークスのサポートは高い実績を誇るシステムですが、「売り」の1つになっているのがハードウェアリフレッシュプログラムです。インスタントリプレースサービスで提供されるこのプログラムでは、最新モデルのハードウェアに追加料金なしで乗り換えることができます。


ハードウェアリフレッシュでNextGen Firewallを最大限に活用

2017年03月23日new!
Barracuda WAFがAWSでBYoL Auto-Scalingのサポートを開始

Barracuda WAF now supports BYoL Autoscaling on AWS

Barracuda Web Application Firewall(WAF)リリース8.1.1には、次のようなAWS向けの新機能が搭載されています。

  • ・BYoL Auto Scaling

  • ・BYoL Auto Licensing

    • ・監査用のLicense Usage History Logging(S3)

  • ・S3バケットへの設定バックアップ

  • ・終了時にシステムステータスをS3にエクスポート


Barracuda WAFがAWSでBYoL Auto-Scalingのサポートを開始

2017年03月22日new!
ITセキュリティ監査をプロセスエンジニアリングに組み込む必要性

IT Security Audits Need to Be Part of an Exercise in Process Engineering

ロシアの関与が疑われるハッキングが絡んだ政治スキャンダルや、セキュリティ侵害事件の発覚に伴いVerizonによるYahoo買収価格が大幅に引き下げられたことを背景に、多くの企業の経営陣は、自社のITセキュリティの現状に疑問を持ち始めています。

議論の余地はあるかもしれませんが、ITセキュリティをリスク管理として捉える考え方は、長らく放置されてきました。今後、ほとんどの組織の経営陣は、自社のITセキュリティのレベルを実証できるデータをITセキュリティプロフェッショナルに提示するよう、求めてくるでしょう。ほとんどの場合、ITセキュリティプロフェッショナルが行うべきことは、監査です。


ITセキュリティ監査をプロセスエンジニアリングに組み込む必要性

2017年03月22日new!
バラクーダネットワークスならAWSとAzureの両方をサポート


Barracuda Cloud Readyイニシアティブ:オンプレミスのバラクーダネットワークスをクラウドに移行

Whichever cloud you choose, Barracuda has you covered

最近、パブリッククラウドが注目を集めていますが、バラクーダネットワークスも例外ではありません。バラクーダネットワークスは先頃、Cloud Readyイニシアティブを立ち上げました。これは、オンプレミスで稼働しているバラクーダネットワークスのソリューションを、AmazonまたはMicrosoftのパブリッククラウドへと移行するイニシアティブです。また、高い実績を誇るバラクーダネットワークスのセキュリティソリューションは、Google Public Cloudもサポートしています。バラクーダネットワークスは、お客様が選択したパブリッククラウドへの移行をサポートします。


バラクーダネットワークスならAWSとAzureの両方をサポート

2017年03月22日new!
Threat Spotlight:宅配サービスのなりすましメール

Threat Spotlight:  Delivery Impersonations

ここ数ヵ月、バラクーダネットワークスのお客様から、Fedex/DHLのなりすまし被害を多数ご報告いただいています。これは、ハッカーが宅配業者になりすまし、ランサムウェアなどの標的型攻撃でエンドポイントを感染させようとする攻撃です。ハッカーはメール開封率を高めようと、もっともらしい送信者や緊急の対応を訴える件名を使ってメールを送信します。


Threat Spotlight:宅配サービスのなりすましメール

2017年03月21日
アプリケーションセキュリティの最新情報 - 2017年2月

Web Application Security News for February 2017

今月は、世界中でハッキングが発生しました。Yahooのデータ流出は、国家が支援するハッカーの関与が疑われています。StreamのXSSバグが発見されました。また、ロシア人ハッカーがSQLiを使って60を超える大学と政府機関のアクセス情報を収集し、売却した事件も報告されています。先月修正されたWordPressの脆弱性については、100万を超えるサイトに影響が出ています。さらに、Miraiを後継するマルウェアがまもなく登場するのではないか、と予測されています。


アプリケーションセキュリティの最新情報 - 2017年2月

2017年03月21日
バラクーダネットワークスがTech & Learning Annual Awardsで第1位を獲得

Barracuda gets top grades at Tech & Learning Annual Awards

Tech & Learning Annual Awards of Excellence(AOE)の受賞ソリューションが決定しました。バラクーダネットワークスも賞を獲得することができましたことをご報告します。Barracuda Essentials for Office 365が新製品部門、他のソリューションがアップグレード製品部門でAOE(Awards of Excellence)に輝いています。受賞ソリューションについて詳しくは、Tech & Learningのサイトをご覧ください。


バラクーダネットワークスがTech & Learning Annual Awardsで第1位を獲得

2017年03月21日
セキュリティサービスの増加によって変化するITセキュリティプロフェッショナルの役割

Rise of Security Services Will Change Role of IT Security Professionals

予算的にみると、ITセキュリティプロフェッショナルにはこれまでにない幸運が待ち受けています。来年のIT予算に関する予想では、ITセキュリティ予算の増大が期待されています。ベンチャーキャピタリストがまとめた最新の予測によると、ITセキュリティの累積支出は2021年までに1兆ドルに達するとされています。ITセキュリティ支出がIT予算全体に占める割合は比較的小さいままだというIT組織は多数存在します。たとえばITセキュリティ支出が2桁増になれば、ITセキュリティが実質的に改善する可能性があるでしょう。


セキュリティサービスの増加によって変化するITセキュリティプロフェッショナルの役割

2017年03月17日
バラクーダネットワークスのエズラ・ホオカノとニール・ブラッドバリーがCRNの2017年チャネルチーフに選出

Barracuda’s Ezra Hookano and Neal Bradbury Recognized by CRN with 2017 Channel Chief Honors

今週、CRN©は2017年チャネルチーフを発表しました。リストには、バラクーダネットワークスのチャネル担当VPであるエズラ・ホオカノ(Ezra Hookano)、Intronis MSP Solutions by Barracudaのビジネスディベロップメント部門シニアディレクタ
であるニール・ブラッドバリー(Neal Bradbury)が含まれています。CRNは、ITチャネルパートナーを通じて大きな成長と収益をもたらしたトップリーダーをチャネルチーフとして選出しています。


バラクーダネットワークスのエズラ・ホオカノとニール・ブラッドバリーがCRNの2017年チャネルチーフに選出

お役立ち情報満載の資料ダウンロード|機能詳細、導入構成、モデル一覧などお役立ち情報が満載です。

お問い合わせはこちら

03-5436-6235 受付時間 平日9:00〜17:00

Webからのお問い合わせはこちら