1. HOME
  2. Blog
  3. 技術情報
  4. Email Threat Scanner

Info.

お知らせ

Email Threat Scanner

サイバーセキュリティ意識はエンドユーザトレーニングに代わるものではない【メールセキュリティ】

2019年10月4日、Mike Vizard 米国DHS(国土安全保障省)は10月をNCSAM(National CyberSecurity Awareness Month)と指定しています。基本的に、DHSは、第2次世界大戦のLoose Lips Sinks Shipsプロパガンダを思い起こす方法によって、消費者と企業の両方のサイバーセキュリティ意識を向上する取り組みを行っています。

Blog

Barracuda Threat Spotlight(バラクーダが注目する脅威): 非効率なインシデント対応【メールセキュリティ】

2019年9月26日、Fleming Shi 企業は、メール攻撃に効率的に対応できていないため、毎年、数十億ドルの損害を受けています。多くの企業にとって、メール攻撃の検出と排除は時間とリソースがかかりすぎる遅い手動のプロセスです。このため、攻撃が拡散し、損害が拡大する場合が多いです。

Blog

攻撃を受ける可能性があるSMB(中小企業)のサイバーセキュリティに関する考えは集団心理に支配されている

2019年9月30日、Mike Vizard SMBのサイバーセキュリティに関する考えは、かなり集団心理に支配されています。企業経営者は、リスクがあることは意識していますが、不運な従業員だけが攻撃を受け、他の従業員は攻撃を受けないと考える傾向があります。

Blog

脅威スポットライト:政府のランサムウェア攻撃【メールセキュリティ】

2019年8月28日フレミング・シ サイバー犯罪者は、ランサムウェアで全米の州および地方政府を標的にしています。 バラクーダの研究者は、今年これまでに攻撃された50以上の都市と町を特定しました。広範なターゲットにわたる数百の攻撃に関するチームの最近の分析では、政府機関がすべてのランサムウェア攻撃のほぼ3分の2の犠牲者であることが明らかになりました。地方政府、郡政府、州政府はすべて、学校、図書館、裁判所、その他の団体を含むすべての標的となっています。

Blog

詳細レポート:サイバー犯罪者がメールアカウントの乗っ取りをどのように使用しているか【メールセキュリティ】

電子メールアカウントの乗っ取りは企業にとってますます大きな脅威となり、サイバー犯罪者はこれらのタイプの攻撃の使用方法を進化させています。攻撃者は、電子メールアカウントの乗っ取りによって侵害されたアカウントを頻繁に使用して、横方向のフィッシング攻撃を仕掛けています。 これらのタイプの脅威の詳細と攻撃者が検出を回避するために使用している最新の戦術を明らかにするために、Barracudaは最近、UC BerkleyおよびUC Davisの研究者と共同で詳細な研究レポートをリリースしました。

Blog

受信トレイには何がありますか?【メールセキュリティ】

ビジネス電子メール侵害(BEC)詐欺により、過去数年間で数十億ドルの損失が発生しています。これらの攻撃は、受信者をだまして何かをさせるように特別に作成されているため、効果的です。攻撃者は通常、意図した受信者によって既に信頼されている誰かのIDを使用して、ビジネスを詐欺して機密データを共有したり、詐欺師のアカウントにお金を送ったりします。

Blog

Barracuda Threat Spotlight(バラクーダが注目する脅威): ラテラルフィッシング攻撃【メールセキュリティ】

2019年7月18日、Asaf Cidon このブログはBarracuda SentinelチームのAsaf CidonとGrant Hoの共著です。 メールアカウント乗っ取り攻撃は引き続き最も急速に増大するメールセキュリティ攻撃の一つですが、攻撃者は乗っ取ったアカウントを悪用する新しい方法を採用および導入しています。

Blog

個人のメールアカウントを使用するビジネス上のリスク【メールセキュリティ】

最近、顧客がビジネス関連の電子メールにHotmailやYahooなどの個人アカウントを使用するときに興味深い点を挙げている質問を尋ねました  。 「ビジネス目的で個人の電子メールを使用するのはいつですか?」 簡単な答えは決してありませんが、個人の所有者であるコンサルタントは、しばしば「個人的な」メールアカウントに戻ることができます。スマートなものは、ビジネスやビジネス名を反映するセカンダリアカウントを設定します(実質的にすべてのサービスプロバイダー、つまりVerizon、Comcastなどの人々は追加料金なしで複数のメールアカウントを作成する機能を含みます)。

Blog

高まる電子メールの脅威:インスタントメッセージングツールが答えですか?【メールセキュリティ】

バラクーダでは、2つのヘッドが1つよりも優れていると考えています。その論理に従って、業界の動向について同業者から意見を聞く機会の価値について議論することはできません。このような手段により、パートナーが顧客の電子メール攻撃との戦いをますます支援しているため、チャネルにとって、電子メールセキュリティが2019年の最大の焦点であることを最近発見しました。

Blog

特別レポート: メールセキュリティのグローバルトレンド【メールセキュリティ】

進化するメールセキュリティ攻撃に常に対処することは、すべての規模の企業のITプロフェッショナルにとって無視することが困難な課題です。ITプロフェッショナルは、攻撃を防止し、侵害の可能性に対処しようとしていますが、苦戦しています。このため、攻撃を防止しようとしている企業と個人の両方が重大な影響を受けています。 バラクーダは、メールセキュリティの現状をさらに明確に把握するために、アメリカ大陸、EMEA(ヨーロッパ、中東、およびアフリカ)、およびAPAC(アジア太平洋地域)内の従業員100~5,000人の企業に勤務する660人のIT関係者を調査しました。調査結果からは、メール攻撃のビジネスへの影響、コストの増加と金銭的損害、およびOffice 365に関する懸念の増大と内部関係者による脅威という主要な懸念が判明しました。

Blog