1. HOME
  2. Blog
  3. Blog
  4. 海外ブログ

Info.

お知らせ

海外ブログ

データ損失による損害

トピック: バラクーダのバックアップサーバ、Barracuda Cloud-to-Cloud Backup、データ保護 2020年7月6日、Christine Barry すべての企業はビジネスの過程でデータを作成および収集します。データは従来の財務情報と取引情報だけではありません。企業は、デジタル変革によって、インターネットを検索し、Webサイトを閲覧するだけでなく、スマートフォンとIoT(モノのインターネット)デバイスで作成されたデータを活用することもできるようになりました。専門家は近い将来、デジタルユニバースのバイト数が星の数の40倍になると予測しています。

Backup

デジタル変革とセキュアなリモートアクセスに関するエキスパートによる分析

トピック: Barracuda CloudGen Firewall、デジタル変革、Microsoft Azure、リモートワーク 2020年7月1日、Christine Barry 現在の世界的なパンデミックによって世界中のワークフローとビジネス運営が混乱していることは間違いありません。電子商取引が急増しており、電子署名とリモート会議が新しい方法で導入されています。また、ギャラップの最近の調査によると、パンデミック関連の懸念によって、米国内の従業員の約10分の7がリモートワークを行っています。

Blog

Barracuda Threat Spotlight(バラクーダが注目する脅威): クリプトマイナーマルウェアの新しい亜種

トピック: マルウェア、ネットワークおよびアプリケーションセキュリティ 2020年6月25日、Erez Turjeman クリプトマイナーマルウェアGolangの新しい亜種がMicrosoft WindowsとLinuxの両方のマシンを攻撃しています。この亜種は非常に新しいため、攻撃の規模は小さいですが、バラクーダの調査担当者は、これまで、このマルウェアに関連付けられた中国を拠点とする7個の送信元IPアドレスを確認しています。この新しいマルウェアは、エンドユーザではなく、サーバを攻撃しています。

Blog

コロナウィルス(COVID-19)パンデミックによって、セキュリティは一変している

トピック: コロナウィルス(COVID-19)、リモートワーク、SD-WAN(Software Defined Wide Area Network) 2020年6月29日、Mike Vizard コロナウィルスパンデミックによって、ITおよびセキュリティが一変していることは、疑いようがありません。近い将来、オフィスに戻る従業員は増加する可能性があります。しかし、これまで以上に頻繁に在宅勤務する従業員の方が増加することは明らかです。

Blog

Below the Surface: メール攻撃のタイプなど

トピック: 13タイプのメール攻撃、メール保護 2020年6月29日、Anne Campbell JST(日本標準時)の隔週火曜、バラクーダは、ライブストリームの新しいシリーズBelow the SurfaceをLinkedInで配信しており、最新の重大なすべてのセキュリティニュースだけでなく、バラクーダの最近の調査、レポート、およびソートリーダーシップに関するバラクーダの重要なエキスパートとの率直なディスカッションを行っています。

Blog

企業はコロナウィルス(COVID-19)後のセキュリティトレーニングの質を向上する必要がある

トピック: 業界解説 2020年6月22日、Mike Vizard COVID-19パンデミックの結果、ほとんどの企業は、顧客との関係を確立および維持するために、デジタルチャネルにこれまで以上に依存しています。現在のパンデミックが、いつ収束するか、または収束するかどうかに関係なく、店舗を物理的に訪問せずに買い物をすることができると判断する人、およびオフィスで会議を行わずに商談をまとめることができると判断する人が増加しています。

Blog

WAF(Webアプリケーションファイアウォール)が必要な理由

2020年6月23日、Christine Barry アプリケーションセキュリティは、見落とされているか、誤解されている場合が多いため、多くの企業は世界中の攻撃者から攻撃を受けやすいままです。ベライゾンの最新のDBIR(データ漏洩/侵害調査報告書)によると、Webアプリケーション攻撃は、過去1年間で倍増しており、DBIRで分析されたすべての攻撃の約43%に増加しています。また、すべての侵害の55%は組織犯罪、30%は内部攻撃に関連しています。

Blog

メール攻撃のタイプ: ブランドインパーソネーション

トピック: 13タイプのメール攻撃、ブランドインパーソネーション、メール保護、Office 365セキュリティ 2020年6月24日、Christine Barry ブランドインパーソネーションは、メールの悪意を隠蔽するために、企業またはブランドを偽装する攻撃です。ブランドインパーソネーションの意図は、受信者が、メールが信頼可能な送信者から送信されたと思い込んで、メールに返信し、機密情報を提供することです。

Blog

クラウドセキュリティの問題が顕在化している

2020年6月16日、Mike Vizard コロナウィルス(COVID-19)パンデミックの結果、企業がアプリケーションをクラウドに加速度的に移行していることが十分に裏付けられています。しかし、この移行が加速するにつれて、企業が直面するクラウドセキュリティの問題が増加しています。

Blog

主要なMaaS(Malware-as-a-Service)として進化するEmotet

トピック: ブランドインパーソネーション、メール保護、Emotet、マルウェア、スパム 2020年6月19日、Christine Barry サイバー犯罪が非常に急速に増加している理由の一つは、「食物連鎖」の頂点にいる攻撃者が犯罪の「スケーラブルなビジネスモデル」を構築しているためです。この結果、経験が豊富な攻撃者グループが協力し、新参の攻撃者が古参の攻撃者のリソースを活用できます。CaaS(Crime-as-a-Service)は、まったく新しくありません。しかし、クライムウェア開発者が、最新の脆弱性を悪用し、セキュリティを常に上回ろうとしているため、ツールは急速に変化しています。バンキング型トロイの木馬Emotetは他の攻撃者グループにマルウェアを配信する主要なサービスとして進化しています。このため、この脅威を理解および防止する必要があります。

Blog