1. HOME
  2. Blog
  3. 技術情報
  4. Cloud Security Guardian

Info.

お知らせ

Cloud Security Guardian

頭字語で表されるクラウドセキュリティを理解する のページ写真 1

頭字語で表されるクラウドセキュリティを理解する

トピック: AWS(Amazon Web Services)、Barracuda Cloud Security Guardian、金融、Microsoft Azure、小売、頭字語で表されるクラウドセキュリティ 2020年8月13日、Rich Turner 注: このブログはパブリッククラウドセキュリティに関する6回シリーズの最後の記事です。シリーズ全体は、このページで読むことができます。

Blog

セキュリティとコンプライアンス のページ写真 2

セキュリティとコンプライアンス

トピック: AWS(Amazon Web Services)、Barracuda Cloud Security Guardian、データ保護、GDPR(欧州連合一般データ保護規則)コンプライアンス、Microsoft Azure、頭字語で表されるクラウドセキュリティ 2020年8月5日、Rich Turner CSPM(Cloud Security Posture Management)ソリューションはクラウドワークロードと顧客を保護するための最新のトレンドです。CSPMは、クラウドインフラストラクチャを評価し、誤設定、または企業のベストプラクティスへの違反を検出します。また、このような機能によって、データ侵害またはデータ漏洩につながる可能性がある問題を検出するだけでなく、コンプライアンスに関与します。

Blog

フィッシングは企業にとって実存的な脅威に進化している のページ写真 3

フィッシングは企業にとって実存的な脅威に進化している

トピック: コロナウィルス(COVID-19)、メールセキュリティ、ソーシャルエンジニアリング、スピアフィッシング 2020年7月21日、Mike Vizard RSAが今年の第1四半期に検出した攻撃の半数以上はフィッシングです。なお、RSAが第1四半期に世界中で検出した攻撃の回数は合計50,119です。明らかに、コロナウィルス(COVID-19)に関連する攻撃が、このようなフィッシングの非常に大きな割合を占めており、第2四半期に増加しています。コロナウィルスパンデミックが引き続きニュースの中心であるため、当然、セキュリティ部門はフィッシングなどのコロナウィルスに関連する攻撃が今年1年にわたってはるかに拡散および高度化することを想定する必要があります。

Blog

Barracuda Cloud Security Guardianがパブリッククラウドのセキュリティを強化する5つの方法 (3) のページ写真 4

Barracuda Cloud Security Guardianがパブリッククラウドのセキュリティを強化する5つの方法 (3)

トピック: Barracuda Cloud Security Guardian、Barracuda CloudGen Firewall、Microsoft Azure、ネットワークおよびアプリケーションセキュリティ、Barracuda WAF-as-a-Service 2020年6月18日、Rich Turner クラウドセキュリティに対処する場合は、クラウドワークロードを攻撃する可能性がある犯罪者およびその脅威と同様、社内のポリシーと慣習も検討する必要があります。2018年のガートナーの予測によると、2020年までに、クラウド侵害の80%の原因は、クラウドプロバイダによる脆弱性ではなく、ユーザによる誤設定、認証情報の不適切な管理、または社内の情報の盗み出しになります。今年はまだ途中ですが、この割合は着実に増加していると思われます。

Blog

ネットワークセキュリティポスチャの管理: クラウドのパラダイムシフト のページ写真 5

ネットワークセキュリティポスチャの管理: クラウドのパラダイムシフト

トピック: Barracuda Cloud Security Guardian、Microsoft Azure、ネットワークおよびアプリケーションセキュリティ 2020年5月13日、Vinayak Shastri 過去数年間にわたってクラウドコンピューティングへの移行が行われていますが、クラウドワークロードおよびアプリケーションを管理するスキルは需要に対応していません。Microsoft Azureのリリースから10年、およびGCP(Google Cloud Platform)とAWS(Amazon Web Services)のリリースから15年以上が経過した現在も、従来のオンプレミスの戦略によってクラウドのネットワークセキュリティを導入および管理する企業が存在します。この理由は何でしょうか。

Blog

ビジネスのデジタル変革への取り組みを保護するには、コンプライアンスコストの削減が必要 のページ写真 6

ビジネスのデジタル変革への取り組みを保護するには、コンプライアンスコストの削減が必要

トピック: Barracuda Cloud Security Guardian、データ保護、メール保護、ネットワークおよびアプリケーションセキュリティ 2020年5月18日、Mike Vizard 現在、明らかに、多くのIT部門はビジネスのデジタル変革とセキュリティの間のジレンマに直面しています。企業は、コロナウィルス(COVID-19)パンデミックを受けて、ビジネスのデジタル変革への新しい取り組みをビジネス継続性の本格的な戦略に変えています。企業がこのような取り組みを行うには、IT部門が主にクラウドコンピューティング環境への新しいアプリケーションの導入速度を加速する必要があります。クラウドの回復力とセキュリティの両方が既存のオンプレミスのIT環境より高いことが前提です。

Blog

パブリッククラウドにおいてコロナウィルス(COVID-19)などの緊急事態ではどのように対処するべきか のページ写真 7

パブリッククラウドにおいてコロナウィルス(COVID-19)などの緊急事態ではどのように対処するべきか

トピック: AWS(Amazon Web Services)、Microsoft Azure、Office 365セキュリティ、リモートワーク、小売 2020年3月13日、Rich Turner コロナウィルスはオンラインやクラウドにどのように関係しているでしょうか。簡単に言うと、コロナウィルスへの必然的な対応によって、社会全体のコミュニケーション方法が、急速に変化し、対面からオンラインに移行するということです。つまり、買い物、会話などのオンラインで行われているすべてのことが大幅に増加し、対面で行われている多くのコミュニケーションがオンラインに移行するということです。

Blog

S3 バケット内の不審なファイルは Barracuda CSG に隔離してもらおう【BeeX Technical Blog】 のページ写真 8

S3 バケット内の不審なファイルは Barracuda CSG に隔離してもらおう【BeeX Technical Blog】

株式会社BeeXにて表記のブログが公開されましたのでご紹介します。—もうすぐ花粉症の季節ですね…那須です。 これまで、セキュリティ向上の記事を 2 つ書きました。・Dome9 を利用して AWS をより安全に使いましょう・様々な脆弱性からクラウド環境を守る Prisma Cloud Dome9 は主にセキュリティルールの遵守をサポートしたり、SG や IAM ユーザを知らないうちに変更されることを防いだりしてくれるサービスでした。そして Prisma Cloud は主に様々な環境の脆弱性を定期的にチェックしてくれるサービスでした。 今回は Barracuda Cloud Security Guardian (以降 CSG) を紹介します。 (この続きは以下をご覧ください)https://www.beex-inc.com/blog/security-using-barracuda-csg/

Blog

Barracuda Cloud Security Guardianがパブリッククラウドのセキュリティを強化する5つの方法 (2) のページ写真 9

Barracuda Cloud Security Guardianがパブリッククラウドのセキュリティを強化する5つの方法 (2)

トピック: Barracuda Cloud Security Guardian、Barracuda CloudGen Firewall、Microsoft Azure、ネットワークおよびアプリケーションセキュリティ、Barracuda WAF-as-a-Service 2019年12月31日、Rich Turner クラウドセキュリティに対処する場合は、クラウドワークロードを攻撃する可能性がある犯罪者およびその脅威と同様、社内のポリシーと慣習も検討する必要があります。ガートナーの分析によると、2020年までに、クラウド侵害の80%の原因は、クラウドプロバイダによる脆弱性ではなく、ユーザによる誤設定、認証情報の不適切な管理、または社内の情報の盗み出しになります。

Blog

AWS re:Invent 2019: ニュース、統合、その他 のページ写真 10

AWS re:Invent 2019: ニュース、統合、その他

トピック: AWS(Amazon Web Services) 2019年12月4日、Anne Campbell AWS re:Inventが現在、米国ネバダ州ラスベガスで開催されています。このイベントは、12月2日(月曜)に始まり、12月6日(金曜)まで開催されます。約5万社の顧客、パートナー、およびベンダが基調講演、ブレイクアウトセッション、ブートキャンプ、ハンズオン、認定資格、交流などを目的として集まります。

Blog