1. HOME
  2. Blog
  3. 技術情報
  4. Essentials

Info.

お知らせ

Essentials

クラウドメールセキュリティの7つの利点

トピック: Barracuda Email Security Gateway、Barracuda Essentials、Barracuda Sentinel 2020年7月8日、Stephanie Cavigliano 現在、Office 365を使用するユーザは2億2,500万人以上です。マイクロソフトの最新の収支報告(2020年4月)によると、Office 365ユーザは、毎月、約350万人、増加しています。在宅勤務の従業員を増加する企業が増加するにつれて、この人数は引き続き増加する可能性が高いです。ほとんどの人はOffice 365がこれほど普及している理由をよく知っています。率直に言うと、簡単だからです。ハードウェアが不要であるため、余分な管理コストを削減できます。企業は、オプションのアドオン機能を含むさまざまなユーザごとのサブスクリプションモデルによって、Office 365環境を特定のビジネスニーズに合わせてカスタマイズできます。SharePointとMicrosoft OneDriveが追加されたため、ユーザコラボレーションが簡単になり、ユーザが自宅からでも協力して仕事を行うことができます。

Blog

スピアフィッシングと「孫子(の兵法)」

トピック: メール保護、Barracuda Essentials、スピアフィッシング 2020年6月12日、Christine Barry スピアフィッシングは世界中で急速に最新で最も危険なサイバー攻撃の一つになっています。数字は損害の計算方法と犯罪の分類方法によって異なりますが、IC3(米国インターネット犯罪苦情センター)のレポートによると、2018年の企業のフィッシング関連の損害は4800万ドル以上です。フィッシング攻撃に関連するBEC(ビジネスメール詐欺)、企業データ侵害などの犯罪を個別に分類すると、この数字ははるかに大きくなります。

Blog

メール攻撃のタイプ: 会話乗っ取り

トピック: 会話乗っ取り、メール保護、Barracuda Essentials、Barracuda Sentinel 2020年6月11日、Christine Barry 会話乗っ取りはバラクーダの無料の電子書籍である13 email threat types to know about right nowで特定された高度な攻撃の一つです。簡単に言うと、この攻撃では、攻撃者が、信頼可能な送信元を偽装し、受信者とコミュニケーションします。Norfundに対する最近の攻撃では、この方法が複数回にわたって悪用されました。攻撃者は、Norfundの潜在顧客とのコミュニケーションパターンを理解するとすぐに、Norfundと顧客の両方を偽装できました。Norfundは顧客から偽装のメールとドキュメントを受信しており、顧客はNorfundから偽装のメールと説明を受信していました。Norfundは攻撃者の口座に1000万ドルを送金させられ、顧客は現在のパンデミックによって遅延したと通知された送金をじっと待たされました。

Blog

石油、ガス業界はAgent Teslaの新しい標的(メールセキュリティ)

トピック: DMARC、マルウェア 2020年4月23日、Christine Barry 現在、エネルギー企業は新しいスピアフィッシング攻撃を受けています。スパイウェアであるAgent Teslaは、この攻撃に悪用されているツールです。石油、ガス業界がAgent Teslaによる攻撃を受けていることは、初めてであるため、興味深いです。

Blog

リモートワーカーの保護とサポート

トピック: コロナウィルス(COVID-19)、データ保護、メール保護、ネットワークおよびアプリケーションセキュリティ 2020年4月3日、Christine Barry コロナウィルス(COVID-19)感染拡大によって、世界中のビジネス施設、非営利施設、および教育施設が閉鎖しています。一部の政府施設も閉鎖しており、サービスがオンラインのみに移行しています。労働者は可能なかぎり在宅勤務に移行しているため、経営者とIT部門にとっては下記のような多くの問題が生じています。

Blog

在宅勤務環境の中の World Backup Day(バックアップ)

トピック: Barracuda Backup、Barracuda Cloud-to-Cloud Backup、コロナウィルス(COVID-19)、データ保護、WBD(World Backup Day) 2020年3月31日、Christine Barry 毎年、バラクーダは、個人と企業にデータ保護の重要性に関する注意を喚起するために、World Backup Day(WBD)を紹介しています。データを重視している個人と企業が、定期的に、バックアップを行っており、他のデータ保護ソリューションを使用していることは、明らかですが、WBDは、パフォーマンスをチェックし、バックアップ戦略に不都合がないか調査するためのよい機会です。

Backup

コロナウィルス(COVID-19)による不安の時期にビジネス継続性を確保する(メールセキュリティ)

トピック: ビジネス継続性、コロナウィルス(COVID-19)、メール保護、リモートワーク 2020年3月31日、Olesia Klevchuk コロナウィルスに関する懸念が世界中で引き続き増大しているため、従業員に在宅勤務を推奨する企業は増加しています。最も重要なコミュニケーション方法の一つであるメールは、急速に、すべてのビジネスをこの時期に継続するために不可欠になっています。

Essentials

バラクーダがガートナーの2019年9月のPeer InsightsでメールセキュリティのCustomers’ Choiceとして評価【メールセキュリティ】

2019年10月23日、Olesia Klevchuk バラクーダがガートナーの2019年9月のPeer InsightsでメールセキュリティのCustomers’ Choiceとして評価されたことをお知らせいたします。この評価は、ガートナーが確認したエンドユーザからのフィードバックに基づいているため、バラクーダにとって特に重要です。この確認プロセスは Peer Insightsのすべてのレビューがコンテキスト、品質、および関連性の最低基準を満たしていることを確認するものです。

Blog

アイスフィッシング【メールセキュリティ】

2019年10月17日、Dennis Dillman ユーザを最新のソーシャルエンジニアリング攻撃にさらすことは、すべてのセキュリティ意識トレーニングプログラムの主要な特徴です。Barracuda PhishLineは、従業員がスピアフィッシング攻撃を正常に検出し、その影響の可能性を判断できるかどうかを評価するための現実的なフィッシングシミュレーションテンプレートを実装しています。また、このテンプレートに関連するクリック率のデータを長年にわたって追跡しています。さまざまな業界のBarracuda PhishLineユーザには明らかな傾向が見られます。つまり、ユーザは社内の部門またはアプリケーションを偽装するメールにだまされる可能性が最も高いということです。

Blog