1. HOME
  2. Blog
  3. Others
  4. 新型コロナウイルスに関する情報 

Info.

お知らせ

新型コロナウイルスに関する情報 

2021年に注目する必要がある5つの主要な攻撃 のページ写真 1

2021年に注目する必要がある5つの主要な攻撃

トピック: API(アプリケーションプログラミングインターフェース)セキュリティ、コロナウィルス(COVID-19)、ランサムウェア対策、リモートワーク 2021年1月15日、Phil Muncaster 命を救うワクチンは間もなく提供されるかもしれませんが、多くの人にとって、2021年は、少なくとも後半までは、過去12か月間と同様になるでしょう。つまり、大規模なリモートワークが行われるということです。このため、社会距離戦略を行っており、ロックダウンされている顧客にアピールするオンラインサービスおよびアプリケーションの使用が増加します。また、現在のパンデミックから脱却し始めるにつれて、プロセスを効率化し、ビジネスアジリティを向上するために、SaaS(Software as a Service)およびIaaS(Infrastructure as a Service)クラウドサービスへの投資も増加します。

Others

ゼロトラストセキュリティは、IDで始まり、IDで終わる のページ写真 2

ゼロトラストセキュリティは、IDで始まり、IDで終わる

トピック: コロナウィルス(COVID-19)、ZTNA(ゼロトラストネットワークアクセス) 2020年12月28日、Mike Vizard コロナウィルス(COVID-19)パンデミックを受けて、さらに高まり始めているセキュリティのトレンドの一つとして、セキュリティへのID中心のアプローチへの以前からの移行が挙げられます。在宅勤務する従業員が増加する中、誰が、いつ、どこで、どのようなデータとアプリケーションにアクセスできるかを確認するためのさらに緻密なアプローチが必要であることが急速に明らかになっています。

Others

価値の高い最新のIP(知的財産)であるコロナウィルス(COVID-19)ワクチンは攻撃を受けている のページ写真 4

価値の高い最新のIP(知的財産)であるコロナウィルス(COVID-19)ワクチンは攻撃を受けている

トピック: コロナウィルス(COVID-19)、データ保護 2020年12月7日、Mike Vizard コロナウィルスワクチンのサプライチェーンにアクセスできる企業経営者と研究者に対する標的型フィッシング攻撃が検出され始めていることは意外ではありません。国家は、現在世界で最も価値の高いIPであると言っても過言ではないコロナウィルスワクチンへのアクセスを他国に依存することに、明らかに不安を感じています。

Others

ウェビナー: ゼロトラストがセキュアなリモートアクセスの新しい標準である理由 のページ写真 5

ウェビナー: ゼロトラストがセキュアなリモートアクセスの新しい標準である理由

トピック: コロナウィルス(COVID-19)、ZTNA(ゼロトラストネットワークアクセス) 2020年11月24日、Tony Burgess ネットワーク資産とアプリケーションへのリモートアクセスがエッジケースだった「黄金時代」を思い出してください。リモートから定期的に接続しているユーザは、ごく少数であり、平均よりテクノロジに精通しており、ほとんどの場合は、ネットワークリソースのごく一部にアクセスするだけで十分でした。

Others

年末年始によってセキュリティは究極の試練を受ける のページ写真 6

年末年始によってセキュリティは究極の試練を受ける

トピック: コロナウィルス(COVID-19) 2020年11月23日、Mike Vizard 今年の年末年始は、これまで以上に多くの消費者が、コロナウィルス(COVID-19)パンデミックの拡散に対処するためにも、オンラインでギフトを購入するため、多くのIT部門は究極の試練を受けるでしょう。課題は、認証ツールのプロバイダであるOpSecが2,600人の消費者を対象に実施したグローバル調査によると、コロナウィルスパンデミックの結果、消費者のセキュリティ意識が非常に向上していることです。

Others

APAC(アジア太平洋地域)に関する調査: 企業がリモートワークプレースでセキュリティの問題をどのように克服しているか のページ写真 7

APAC(アジア太平洋地域)に関する調査: 企業がリモートワークプレースでセキュリティの問題をどのように克服しているか

トピック: Barracuda CloudGen WAN、コロナウィルス(COVID-19)、SD-WAN(Software Defined Wide Area Network)、スピアフィッシング 2020年9月22日、James Forbes May APACおよび世界全体で、企業は大規模なリモートワークによる新しい現実に急速に適応せざるを得なくなっています。現在、分散している従業員と新しいビジネスモデルの急速な進展を支援するための新しい役割を担うDX(デジタルトランスフォーメーション)によって、セキュリティに重大な影響が生じています。

Others

ビジネスのDX(デジタルトランスフォーメーション)が拡大するにつれて、セキュリティリスクが増大する のページ写真 8

ビジネスのDX(デジタルトランスフォーメーション)が拡大するにつれて、セキュリティリスクが増大する

トピック: コロナウィルス(COVID-19)、リモートワーク 2020年11月16日、Mike Vizard 最近、ビジネスのDXが非常に拡大しています。コロナウィルス(COVID-19)パンデミックの結果、IT投資全体は減少しているかもしれませんが、多くの企業は生き残りをかけてビジネスのDXへの取り組みを加速しています。このような企業がすぐに取り組む必要がある課題は、このようなプロセスを保護する方法を見いだすことです。

Others

無料ウェビナー: PetSmartによるセキュリティ分析 のページ写真 9

無料ウェビナー: PetSmartによるセキュリティ分析

トピック: コロナウィルス(COVID-19)、Microsoft Azure 2020年11月3日、Christine Barry PetSmart CharitiesのNational Adoption Dayは、11月2日に始まり、11月22日まで開催されます。PetSmart Charitiesは、このような店頭と仮想のイベントによって、900万匹以上のペットが「終の棲家」を見つけることができるように支援してきました。この取り組みはニッチで最大の小売業者であるPetSmartに人々を惹きつける多くのサービスの一つにすぎません。PetSmartは、複数の国に1,650以上の店舗を持っており、EC(電子商取引)も盛んであり、現地に行く前にオンラインでアクセスできる獣医および宿泊サービスを提供しています。このため、PetSmartについて考えている人は養子縁組、獣医、おもちゃ、食べ物など、ペットに関連することについて考えているでしょう。

新型コロナウイルスに関する情報 

調査からパンデミックによるセキュリティストレスが明らかに のページ写真 10

調査からパンデミックによるセキュリティストレスが明らかに

トピック: コロナウィルス(COVID-19)、ネットワークおよびアプリケーションセキュリティ、リモートワーク 2020年11月2日、Mike Vizard コロナウィルス(COVID-19)パンデミックの結果、複数のセキュリティプラットフォームで転送されるアラートの件数が引き続き増加しているため、人員不足のセキュリティ部門が経験する疲労は大幅に増加しています。

Blog