1. HOME
  2. Blog
  3. 技術情報
  4. PhishLine

Info.

お知らせ

PhishLine

2020年に注意する必要があるW-2詐欺などの税金詐欺

トピック: バラクーダ 2020年1月31日、Olesia Klevchuk 米国は再び納税時期を迎えています。つまり、IRS(米国内国歳入庁)、銀行、および企業のIT部門のすべての担当者が税金詐欺について国民に警告するということです。国民は、納税期限を守るために急ぐにつれて、警戒心が低下するため、このような警告を繰り返し受ける必要があります。一方、サイバー犯罪は、過去最多であり、2018年には1.5兆ドル以上の損害を及ぼしています。

Blog

攻撃者の視点から考える (PhishLine, Sentinel)

トピック: Barracuda PhishLine、Barracuda Sentinel、セキュリティ意識トレーニング 2019年12月18日、Dennis Dillman 攻撃者の目的と方法を調査することは、攻撃を防止することと矛盾していると思われるかもしれませんが、実際は非常に役立ちます。現在の脅威の状況では、常に逆の視点から考えること、つまり、攻撃者の目的を可視化し、直面する無数の仮定のシナリオより優位に立つために、攻撃者の思考プロセスと実際の方法を模倣する能力と欲求が必要です。

Blog

調査からサイバーセキュリティテストに費やす時間が不十分であることが判明

2019年12月9日、Mike Vizard 少なくとも理論上は、サイバーセキュリティ上の問題が増加するにつれて、IT環境の回復力を確保するためのサイバーセキュリティテストの回数も増加するはずです。侵入テストの外部委託プラットフォームのプロバイダである Synackが 300人のITリーダーを対象に実施した調査によると、回答した企業の 44%はサイバーセキュリティテストを毎月1回以上、行っています。

Blog