1. HOME
  2. Blog
  3. 技術情報
  4. PhishLine

Info.

お知らせ

PhishLine

受信者が最も検出しにくい3タイプのメール攻撃

トピック: ブランドインパーソネーション、会話乗っ取り 2020年6月9日、Stephanie Cavigliano メールセキュリティポスチャの保護については、すべての企業が自問する必要がある問題があります。つまり、従業員が正規のメールとメール攻撃を区別する方法を知っているかということです。一部の企業はセキュリティアーキテクチャに多額の投資を行うことができますが、多くの企業はそうではありません。技術的なセキュリティポスチャは企業によって異なりますが、1つの共通点は従業員です。

Blog

攻撃者の視点から考える

トピック: Barracuda PhishLine、Barracuda Sentinel、セキュリティ意識トレーニング 2020年5月14日、Dennis Dillman 攻撃者の目的と方法を調査することは、攻撃を防止することと矛盾していると思われるかもしれませんが、実際は非常に役立ちます。現在の脅威の状況では、常に逆の視点から考えること、つまり、攻撃者の目的を可視化し、直面する無数の仮定のシナリオより優位に立つために、攻撃者の思考プロセスと実際の方法を模倣する能力と欲求が必要です。

Blog

石油、ガス業界はAgent Teslaの新しい標的(メールセキュリティ)

トピック: DMARC、マルウェア 2020年4月23日、Christine Barry 現在、エネルギー企業は新しいスピアフィッシング攻撃を受けています。スパイウェアであるAgent Teslaは、この攻撃に悪用されているツールです。石油、ガス業界がAgent Teslaによる攻撃を受けていることは、初めてであるため、興味深いです。

Blog

ランサムウェアMazeが医療業界にとって非常に危険である理由

トピック: メール保護、医療、ランサムウェア対策 2020年4月27日、Christine Barry ランサムウェアMazeは、ヘルスケア攻撃の重要な要素になりつつあり、ICPO(国際刑事警察機構)が世界中のプロバイダに警告を発する状態となっています。ランサムウェアは、まったく新しいものではありませんが、進化し続けており、新しい状況とセキュリティの強化に適応し続けています。

Backup

リモートワーカーの保護とサポート

トピック: コロナウィルス(COVID-19)、データ保護、メール保護、ネットワークおよびアプリケーションセキュリティ 2020年4月3日、Christine Barry コロナウィルス(COVID-19)感染拡大によって、世界中のビジネス施設、非営利施設、および教育施設が閉鎖しています。一部の政府施設も閉鎖しており、サービスがオンラインのみに移行しています。労働者は可能なかぎり在宅勤務に移行しているため、経営者とIT部門にとっては下記のような多くの問題が生じています。

Blog

リモートワーク初心者にとって重要なセキュリティプラクティス

トピック: コロナウィルス(COVID-19)、メール保護、リモートワーク 2020年3月19日、Stephanie Cavigliano コロナウィルス(COVID-19)の拡散を最小限に抑制するために、在宅勤務を従業員に推奨しているか、義務付けている企業が増加するにつれて、リモートワークに不慣れな多くの従業員は適応方法を考え出そうとしています。

Blog

Barracuda PhishLineが米国テキサス州から認証を取得(メールセキュリティ)

トピック: Barracuda PhishLine、セキュリティ意識トレーニング 2020年2月6日、Stephanie Cavigliano Barracuda PhishLineは、HB(下院法案)3834が定める州政府と地方自治体の従業員向けリソースに準拠しているため、米国テキサス州の DIR(情報資源局)から認証を取得しました。州政府、地方自治体、および契約業者は、Barracuda PhishLineのセキュリティ意識向上トレーニングプラットフォームを活用して、毎年のセキュリティトレーニングプログラムの要件を満たすことができるようになりました。

Blog

2020年に注意する必要があるW-2詐欺などの税金詐欺(メールセキュリティ)

トピック: バラクーダ 2020年1月31日、Olesia Klevchuk 米国は再び納税時期を迎えています。つまり、IRS(米国内国歳入庁)、銀行、および企業のIT部門のすべての担当者が税金詐欺について国民に警告するということです。国民は、納税期限を守るために急ぐにつれて、警戒心が低下するため、このような警告を繰り返し受ける必要があります。一方、サイバー犯罪は、過去最多であり、2018年には1.5兆ドル以上の損害を及ぼしています。

Blog

攻撃者の視点から考える (PhishLine, Sentinel)

トピック: Barracuda PhishLine、Barracuda Sentinel、セキュリティ意識トレーニング 2019年12月18日、Dennis Dillman 攻撃者の目的と方法を調査することは、攻撃を防止することと矛盾していると思われるかもしれませんが、実際は非常に役立ちます。現在の脅威の状況では、常に逆の視点から考えること、つまり、攻撃者の目的を可視化し、直面する無数の仮定のシナリオより優位に立つために、攻撃者の思考プロセスと実際の方法を模倣する能力と欲求が必要です。

Blog

調査からサイバーセキュリティテストに費やす時間が不十分であることが判明

2019年12月9日、Mike Vizard 少なくとも理論上は、サイバーセキュリティ上の問題が増加するにつれて、IT環境の回復力を確保するためのサイバーセキュリティテストの回数も増加するはずです。侵入テストの外部委託プラットフォームのプロバイダである Synackが 300人のITリーダーを対象に実施した調査によると、回答した企業の 44%はサイバーセキュリティテストを毎月1回以上、行っています。

Blog