1. HOME
  2. Blog
  3. キャンペーン

Info.

お知らせ

キャンペーン

ウェブ脆弱性診断サービスキャンペーン (2019年1月23日~)

キャンペーン期間:2019年1月23日~ 対象商品: Web Application Firewall ※本サービスは、デジタルテクノロジー株式会社が行います。 CMSをはじめ、ウェブサーバに対する攻撃は激化しており、ウェブサーバに関する脆弱性は日常的に発見されています。 バラクーダネットワークスが自社開発した脆弱性診断ツールを用いて、運用中のウェブページに潜む脆弱性診断を行い、その結果をレポートとして無料でお客様にご提供いたします。 Barracuda Vulnerability Manager(BVM)とは? ウェブサイトやウェブアプリケーションの脆弱性を診断するクラウド型の脆弱性診断ツールです。診断結果をBarracuda Web Application Firewallにインポート、ポリシー作成から適用までを簡単に行うことができます。ウェブサイトやウェブアプリケーションの脆弱性を検知し、必要に応じたセキュリティまでを時速に実現できます。 詳細はVulnerability Managerのページをご参照ください。 ウェブ脆弱性診断キャンペーン 3つのポイント 1. 無料でウェブサイトの脆弱性を狙った攻撃を把握できる ウェブサイトの脆弱性対策の必要性は感じているものの、実態は未知数。BVMなら無料で利用できるので、まずは攻撃の状況をお手軽に把握できます。 2. レポートによる攻撃の可視化 Vulnerability Managerでウェブサイトをスキャンすると、レポートが生成され、脅威の数やその種類をグラフィカルにレポート化できます。 Vulnerability Managerで生成されたレポートの一例 BVMのレポートは日本語で生成ができるようになりました(2018年5月より対応)。 ウェブ脆弱性診断サービスに関するよくある質問 こちらをご覧ください。 関連資料 Vulnerability Manager 製品ページ Barracuda Web Application Fireawall 製品ページ お問い合わせ – デジタルテクノロジー株式会社 セキュリティ診断サービス担当電話番号: 03-5604-7967メール: a-sales@dtc.co.jp 詳細はこちら:https://www.dtc.co.jp/barracuda_diagnosis

Vulnerability Manager

Barracuda Essentials 新規導入キャンペーン(2018年10月1日~2019年5月31日)

キャンペーン期間:2018年10月1日~2019年5月31日 対象商品: Essentials for Office365 Essentials for Email Security メールシステムのクラウド化が急速に進む中、Office365をはじめとするクラウドベースのメールボックスを狙った攻撃が急増しています。中でも標的型攻撃をはじめとするメールの脅威は、従来のメールセキュリティでは保護しきれません。クラウドのメールセキュリティオプションを追加したかったけど、価格面で断念した…そんなお客様に、Barracuda Essentialによるクラウドベースのメールセキュリティのおトクなキャンペーンをご用意しました。 Barracuda Essentials キャンペーンの特徴 クラウドだから常に最新の対策 Barracuda Essentialsはクラウドベースのメールセキュリティソリューション。標的型攻撃対策をはじめ、最新の脅威に常に対応が可能です。 難しい設定なし導入簡単 事前準備はDNSサーバのMXを変更のみ。評判の簡単Webユーザインターフェースで、セットアップも簡単に終了します。 期間限定で実現、最低価格に挑戦 クラウドベースのメールシステムのアドオンと同等レベルのセキュリティを提供。スパム・標的型攻撃・フィッシング対策込でおトクな価格でご提供です。 1アカウントの月額コスト例 価格例 通常価格 キャンペーン価格 1アカウントごとの月額コスト 225円 100円 Barracuda Essentialsの主な特徴 クラウドベースでインバウンド・アウトバウンドメールフィルタリング インバウンドメールのスパム、フィッシング、DoS攻撃、送信者スプーフィング、ドメイン名検証等の防御機能のほか、アウトバウンドメールフィルタリングによる機密データ漏洩対策やウィルス拡散防止機能など、メールセキュリティに必要不可欠な機能を搭載しています。 バラクーダ独自のATP機能で高度な標的型攻撃対策 クラウドベースのサンドボックス機能を搭載したバラクーダのATP(Advanced Threat Protection)機能は、悪意のあるリンクだけでなく、添付ファイルをクラウド上でエミュレートすることにより、高度なソーシャルエンジニアリング攻撃からユーザを保護します。 メール暗号化およびスプーフィングによる通信の保護 送信中のデータはTLSで保護され、データはAES256ビットで暗号化されます。また後段のメールサーバが中断した場合、クラウド上で最大96時間メールをスプーリングできます。プライマリの送信先への配信が失敗した場合は、別の送信先への配信を指定も可能です。 メールアーカイブとバックアップも可能(有償オプション) メール保存ポリシーをを設定することで、重要なメールをBarracuda Essentialでアーカイブできます。またアーカイブされたメールは、全文・条件検索が可能で必要に応じてファイルベースのエクスポートが可能です。 Barracuda EssentialsのATP機能とは Barracuda Advanced Threat Protection(ATP)は、ランサムウェア、マルウェア、高度なサイバー攻撃を複数の階層で防御するクラウドベースのサービス。シグネチャ分析、静的解析、行動分析から包括的なサンドボックスまで、複数の階層を備えることによって、多様な攻撃を高精度で検知します。バラクーダのセキュリティソリューションと統合することで、幅広い環境での脅威を検知し、脅威インテリジェンスネットワークに自動接続することで、あらゆる脅威ベクタをリアルタイムに保護します。 Barracuda Essentials新規導入キャンペーン価格 モデル 型番 通常価格 キャンペーン価格 月額あたりの1アカウントのコスト Barracuda Essentials – Security Edition 1アカウント(1年契約) BEOESI100A12 ¥3,900 ¥1,920 ¥160 Barracuda Essentials – Security Edition 1アカウント(3年契約) BEOESI100A36 ¥11,115 ¥5,400 ¥150...

Essentials