1. HOME
  2. Blog
  3. Blog
  4. クラウドメールセキュリティの7つの利点

Info.

お知らせ

Blog

クラウドメールセキュリティの7つの利点

トピック: Barracuda Email Security GatewayBarracuda EssentialsBarracuda Sentinel

2020年7月8日、Stephanie Cavigliano

現在、Office 365を使用するユーザは2億2,500万人以上です。マイクロソフトの最新の収支報告(2020年4月)によると、Office 365ユーザは、毎月、約350万人、増加しています。在宅勤務の従業員を増加する企業が増加するにつれて、この人数は引き続き増加する可能性が高いです。ほとんどの人はOffice 365がこれほど普及している理由をよく知っています。率直に言うと、簡単だからです。ハードウェアが不要であるため、余分な管理コストを削減できます。企業は、オプションのアドオン機能を含むさまざまなユーザごとのサブスクリプションモデルによって、Office 365環境を特定のビジネスニーズに合わせてカスタマイズできます。SharePointとMicrosoft OneDriveが追加されたため、ユーザコラボレーションが簡単になり、ユーザが自宅からでも協力して仕事を行うことができます。

このような現状はメールセキュリティにとって何を意味するのでしょうか。クラウドホスティングメールに移行する企業が増加するにつれて、多くの企業はクラウドメールセキュリティの導入も検討しています。クラウドメールセキュリティは、Office 365などを使用する企業のメール保護を最適化するだけでなく、オンプレミスのMicrosoft Exchangeを使用する企業にとっての追加的な利点を提供することもできます。

クラウドメールセキュリティの利点

  1. 導入とシステム更新の迅速化

SaaS(Software as a Service)ソリューションは、迅速にセットアップでき、ダウンタイムなしで、ソフトウェアおよびセキュリティ更新を常に受信します。Barracuda Email Security Gatewayなどのオンプレミスのメールセキュリティソリューションから移行することは迅速で簡単な2段階のプロセスです。バラクーダは数百社のお客様をBarracuda Email Security GatewayからクラウドメールセキュリティであるBarracuda Essentialsに移行してきました。ほとんどはセキュリティの問題なく1時間未満で起動および動作しています。

  1. ITリソースの再投入

ハードウェアの管理が不要であることは、つまり、セキュリティ意識トレーニング、予防的な攻撃対策などのさらに戦略的な取り組みにIT部門を再投入できるということです。

  1. 隠れたコストがない

通常、SaaSソリューションの価格は、ユーザごとであり、予測可能な毎月または毎年の支払です。ハードウェアが不要であるため、インフラストラクチャの追加投資と予定外の管理費用は発生しません。

  1. 簡単に拡張できる

ユーザごとのライセンスは、つまり、ビジネスが拡大するにつれて、ユーザを必要に応じて追加できるということです。ハードウェアをアップグレードする必要がないため、メールセキュリティプランにユーザを追加しても、ITリソースへの負荷が増加しません。

  1. トラフィックフローの効率化

クラウドホスティングメールにすでに移行しているか、移行する予定がある場合、インバウンドとアウトバウンドのSMTP(Simple Mail Transfer Protocol)トラフィックをオンプレミスのセキュリティソリューションで送信することは、あまり意味がありません。メールをクラウドに保存すると、待機時間の可能性を低下するか、ネットワークファイアウォールへの不要な負荷を削減できます。

  1. コンプライアンスの維持

一部のSaaSメールセキュリティソリューションは企業によるコンプライアンスの達成を支援する機能も実装しています。Barracuda Essentialsは、強力な電子情報開示を含む無制限のクラウドアーカイブだけでなく、ビジネスを常に運営するための完全な継続性サービスも実装しています。

  1. 高度なメールセキュリティへのアクセス

クラウドメールセキュリティが普及するにつれて、セキュリティベンダはクラウドセキュリティの革新にさらに投資しています。この結果、クラウドメールセキュリティは高度な機能を実装しています。特に、Barracuda Essentialsでは、高度なフィルタリング機能とCPU(中央処理装置)エミュレーションサンドボックスを享受できます。Office 365ユーザは13タイプのメール攻撃をさらに防止するためのAPI(アプリケーションプログラミングインターフェース)ベースのメールボックス保護を実装するBarracuda Sentinelを検討できます。

クラウドメールにすでに移行しているか、移行する予定がある企業は、ITリソースを解放しようとしており、急速に成長しているか、高度な攻撃をさらに防止しようとしています。クラウドメールセキュリティへの移行を検討している場合は、Barracuda Essentialsの利点のすべてをご参照ください。

メールベースの攻撃からビジネスを保護する

原文はこちら:

7 benefits of cloud email security

July 8, 2020 Stephanie Cavigliano

https://blog.barracuda.com/2020/07/08/7-benefits-of-cloud-email-security/

Related posts