1. HOME
  2. Blog
  3. Blog
  4. DHS(米国国土安全保障省)が5G(第5世代移動通信システム)セキュリティに対する影響力を行使

Info.

お知らせ

Blog

DHS(米国国土安全保障省)が5G(第5世代移動通信システム)セキュリティに対する影響力を行使

GenericFeatured_Communications_1200x628

トピック: ネットワークおよびアプリケーションセキュリティ

2020年9月1日、Mike Vizard

DHSは新しい5Gワイヤレスネットワークのセキュリティを確保する権限の範囲について説明する広範囲の戦略文書を公開しました。

この戦略文書は、米国のリスクアドバイザとしての任務を課せられているDHSの機関であるCISA(米国Cybersecurity and Infrastructure Security Agency)が公開しました。CISAは、リスクの特定、分析、優先度設定、および管理によって、セキュアで回復力の高い5Gワイヤレスネットワークの導入を推進することを計画しています。

CISAは、5G環境を保護するための計画、ガバナンス、運用管理などの技術的側面によって関係者を支援するために、教育ツールおよびサービスを開発および更新することを誓約しています。この支援は、不特定の攻撃者が関係者の意思決定に対して潜在的な影響力を行使しないように、5Gネットワークの設計とアーキテクチャに影響を及ぼすことを含みます。

もちろん、攻撃者はネットワークとセキュリティのインフラストラクチャとソフトウェアがどのように製造および構築されるかに対して多大な影響力を行使している可能性がある敵対国です。

CISAは、DHSが民間企業と協力するためのCSRIC(米国Communications Security Reliability and Interoperability Council)など、非常に多くの5G標準化団体に積極的に関与しています。CSRICは主に通信事業者と政府機関の代表者で構成されています。また、その役割はFCC(米国連邦通信委員会)にセキュリティに関する勧告を行うことです。CISAは、すべての支援分野にわたって効率的で一貫性のあるメッセージを配信できるようにする取り組みの一環として、すべての取り組みを統合および調整するための独自の内部の作業部会を設立しています。

CISAは敵対国が3GPP(Third Generation Partnership Project)などの国際標準化団体に強い影響力を行使していると上記の戦略文書で主張しています。また、脆弱性と侵害の可能性を軽減する標準の策定を支援するために、市場をリードする信頼できる企業、およびITU(国際電気通信連合)、IEEE(Institute of Electrical and Electronics Engineers)、ATIS(Alliance for Telecommunications Industry Solutions)など、標準化に貢献する主要な団体と協力すると述べています。

誰が次の米国大統領になるかにかかわらず、セキュリティプロフェッショナルは、ほぼすべてのものがワイヤレスネットワークにどのように接続するかに対して、世界中の政府がさらに影響力を行使しようとすることを想定する必要があります。米国政府は国家の安全に対する脅威と見なしているものに明らかに対処しています。他の政府も同様の対策を実施するでしょう。

このような対策の一部は、議論の余地があるかもしれませんが、実施されているという事実に変わりはありません。セキュリティ部門はネットワークおよびセキュリティテクノロジを習得および維持する方法を変更することを計画する必要があります。好むと好まざるにかかわらず、政府機関に最終的に接続するものは、DHSが確認する可能性があります。各国が、近い将来、インターネットから、規模の大小を問わず、ファイアウォールの内側にさまざまなレベルの制御を行う複数のセグメントに、どのように移行するかを想像することは困難ではありません。

当然、このようなセグメントのそれぞれは現在のインターネットよりセキュアになりますが、その代償として、大きな自由が犠牲になります。

原文はこちら:

DHS flexes 5G security muscle

September 1, 2020 Mike Vizard

https://blog.barracuda.com/2020/09/01/dhs-flexes-5g-security-muscle/

 

Related posts