1. HOME
  2. Blog
  3. Blog
  4. コンテンツフィルタリングの重要性

Info.

お知らせ

Blog

コンテンツフィルタリングの重要性

ゲートキーピングは、実世界でもオンラインでも、魅力的ではありませんが、セキュリティの必要な部分です。空港の金属探知機が飛行機から武器を遠ざけるように、コンテンツフィルタリングツールは危険なコンテンツを企業ネットワークから遠ざけます。ただし、多くの企業はコンテンツフィルタリングが実際に何であるかをよく理解しておらず、多くのMSPは基本的なフィルタリングのみを使用しています。

コンテンツフィルタリングはセキュリティパズルの重要な要素であり、単にWebサイトへのアクセスを制限するだけではありません。MSPにとって、絶えず変化する大量の危険なWebサイトへのアクセスをブロックし、マルウェアやランサムウェアの企業ネットワークへの侵入を防ぐことは、ますます巧妙なフィッシングスキームを防ぐための重要な方法です。そのためには、高度な技術と、フィルタリングシステムを最新の状態に保つための継続的な努力が必要です。

コンテンツフィルタリングは、従業員が不適切なサイトに故意にアクセスすることをブロックします。従業員が営業時間中に時間を浪費したり、恥ずかしいコンテンツが企業ネットワークやコンピュータに到達するのを避けたいです。コンテンツフィルタリングは、従業員がポルノをダウンロードしたり、著作権で保護された素材を盗んだり、大きなメディアファイルでネットワークを行き詰まらせたりすることを防ぎます。これは生産性を高めるだけでなく、法的責任や規制違反からクライアントを保護するのにも役立ちます。

さらに重要なことは、コンテンツフィルタリングは、従業員をだまして詐欺サイトを訪問させたり、マルウェアを誤ってダウンロードさせたりするフィッシング攻撃に対するバックストップを提供します。クライアントのネットワークに損害を与えようとするサイバー犯罪者によって開始されるため、最大の脅威となるのは、これらの不注意による侵害です。

過去には、ドメイン名に基づいてアクセスをブロックするだけで十分でしたが、現在ではインターネットはより複雑になり、サイバー犯罪者ははるかに精通しています。ハッカーは、シンジケートされたWebサイトフィードを侵害できるようになり、これらの脅威が複数のドメインに広がっています。脅威をブロックするには、DNS情報、コンテンツ、Webアクティビティ、およびその他の指標を調べる必要があります。ただし、クライアントの従業員が就業時間中にアクセスする必要がある正当なコンテンツをブロックすると、不十分な構造のコンテンツフィルタリングによって生産性が低下する可能性があります。

高度なコンテンツフィルタリングテクノロジー

現在のコンテンツフィルタリングツールは、ブロックするはずの脅威と同じくらい高度である必要があります。たとえば、バラクーダネットワークスのコンテンツシールドは、企業の脅威インテリジェンスネットワークを活用して、クライアントを攻撃から保護します。クラウドベースのシステムは、ユーザーが接続する前に悪意のあるサイトをブロックし、不適切なサイトへのアクセスを制限することにより、顧客のセキュリティポリシーの実施を支援します。

システムはカスタマイズ可能で、再利用可能な保護レベルテンプレートが含まれています。Content ShieldはDNSレベルのフィルタリングと保護を提供します。これにより、企業は接続を確立する前にサイトへのアクセスをブロックできます。この「接続防止」は、クライアントエンドポイントと悪意のあるWebサイトまたはスプーフィングWebサイトとの間の危険な通信を防ぐのに役立つ重要な機能です。

また、このタイプのコンテンツフィルタリングソリューションにより、すべてのデバイスにセキュリティポリシーを適用しやすくなり、MSPとそのクライアントの両方がエンドユーザーのステータスを中央から監視できるようになります。バラクーダは、電子メール、ドメイン、URL、およびその他のソースで脅威データを使用して、ソリューションのフィルタリング機能を継続的に更新しています。

Barracuda Content Shieldは、MSP向けの強力なWeb脅威保護およびコンテンツフィルタリングソリューションを提供します。

このBarracuda MSPサイトにアクセスして、詳細情報を入手し、デモをリクエストしてください。

適切に構成されたコンテンツフィルタリングにより、MSPはクライアントを支援できます。

  • 生産性の向上:従業員は制限されたサイトにアクセスする時間を無駄にすることができず、ネットワークがマルウェア、ランサムウェア、およびその他の脅威の影響を受ける可能性が低くなります。
  • 責任の軽減:従業員は、制限された、不快な、または違法なコンテンツをダウンロードできません。これにより、外部からのデータ侵害の脅威を減らすことができます。また、規制違反、関連する罰金、恥ずかしさからクライアントを保護できることも意味します。
  • セキュリティの向上:フィッシング攻撃はますます複雑になっています。セキュリティ意識向上トレーニングを行っても、従業員はだまされて悪意のあるリンクをクリックしたり、ウイルスをダウンロードしたりする可能性があります。コンテンツフィルタリングは、危険とみなされるコンテンツへのアクセスをブロックすることにより、これに対処するのに役立ちます。
  • 帯域幅管理の改善:コンテンツフィルタリングは、仕事に関係のないビデオや、企業ネットワークを行き詰まらせる可能性のある他のコンテンツの従業員によるストリーミングを減らすのに役立ちます。これらのシステムの監視機能は、MSPとそのクライアントがネットワークの使用状況をよりよく把握するのにも役立ちます。

今日のサイバーセキュリティ環境では、企業は教育であろうと技術であろうと、提供されるセキュリティのあらゆる層を活用する必要があります。単にリスクを除去するか、従業員の生産性を維持しようとするかどうかにかかわらず、コンテンツフィルタリングにいくつかの考えを与えることをお勧めします。

原文はこちら:

The Critical Importance of Content Filtering

August 15, 2019 Chris Crellin

https://blog.barracuda.com/2019/08/15/the-critical-importance-of-content-filtering/

Related posts