1. HOME
  2. Blog
  3. 技術情報
  4. CloudGen Firewall
  5. 【重要:CloudGen Firewall / NextGen Firewall Xをご利用中の全てのお客様へ】各種定義ファイル継続更新のためのファームウェアアップデート実施のお願い

Info.

お知らせ

CloudGen Firewall

【重要:CloudGen Firewall / NextGen Firewall Xをご利用中の全てのお客様へ】各種定義ファイル継続更新のためのファームウェアアップデート実施のお願い

Barracuda CloudGen Firewall / NextGen Firewall Xをご利用のお客様にお知らせ致します。

2019年7月1日に、Barracuda Networksは各種定義ファイルアップデートのインフラストラクチャの更改を行います。
これに伴い、以下に記載させていただくファームウェアをご利用の機器では、同日以降各種定義ファイルの更新ができなくなります。


影響を受けるファームウェアのバージョンは以下です。
CloudGen Firewall:7.1.4およびそれ以前のバージョン、7.2.3およびそれ以前のバージョン
Barracuda Firewall X:7.2.0およびそれ以前のバージョン

CloudGen Firewallをご利用のお客様
———————————————
継続的な各種定義ファイルの更新をご利用頂くためには、2019年7月1日より前にご利用の機器のファームウェアを
以下バージョンにアップデート頂く必要がございます。

 [v7.1系をご利用の場合]   v7.1.5
 [v7.2系をご利用の場合]   v7.2.3 (Hotfix 1004の追加インストールが必要) / v7.2.4 (2019年6月13日リリース予定)
 ※v7.2.3用の Hotfix 1004 は、以下よりダウンロードが可能です。CloudControlへのログインが必要となります。
 https://dlportal.barracudanetworks.com/#/packages/4694/patternupdates-1004-7.2.3-1539463918.tgz

v8.0.0 (パブリッククラウド版)をご利用のお客様へは影響はございません。

Barracuda Firewall Control Centerを利用されている場合は、Barracuda Firewall Control Centerのファームウェアを
v7.1.5 / v7.2.3(Hotfix 1004の追加インストールが必要)、v7.2.4(2019年6月13日リリース予定)にアップデート頂くことで、引き続き管理されている機器への各種定義ファイルのアップデート配布が可能となります。

※VirusScannerのHotFix 890または899を適用していただいたお客様に関しても、継続した各種定義ファイルのアップデートを実施するには
 2019年7月1日より前にご利用の機器のファームウェアを上記バージョンにアップデート頂く必要があります。
※6月末までに上記バージョンへのアップデートが完了しない場合、各セキュリティ機能は最後に適用された定義ファイルで継続動作いたします。
———————————————

Barracuda Firewall Xをご利用のお客様
———————————————
継続的な各種定義ファイルの更新を実施するには、お客様は2019年7月1日より前にご利用の機器のファームウェアを
v7.2.1.011へアップグレード頂く必要がございます。

※6月末までに上記バージョンへのアップデートが完了しない場合、各セキュリティ機能は最後に適用された定義ファイルで継続動作いたします。
———————————————

※本件についてご質問・不明点がございます場合、ご契約のサポート窓口までお問い合わせ下さい。

Related posts