1. HOME
  2. Blog
  3. Others
  4. 新型コロナウイルスに関する情報 

Info.

お知らせ

新型コロナウイルスに関する情報 

K-12学校は新しいランサムウェア攻撃を受けている のページ写真 1

K-12学校は新しいランサムウェア攻撃を受けている

トピック: コロナウィルス(COVID-19)、K-12教育、ランサムウェア対策 2020年10月23日、Christine Barry 再度、パンデミック関連の詐欺が発生しました。現在、攻撃者は、メールで教師に宿題を提出する親を偽装して、K-12学校を攻撃しています。つまり、生徒がオンライン授業システムを使用できないため、親が教師に直接、宿題をメールで送信すると偽装しています。この詐欺で悪用されている件名と添付ファイル名はさまざまですが、すべてのメールは「宿題のアップロードが失敗しました。」というメッセージを含んでいます。

Others

パンデミック関連のIT投資に関する新しい調査 のページ写真 2

パンデミック関連のIT投資に関する新しい調査

トピック: コロナウィルス(COVID-19) 2020年10月1日、Christine Barry 最近、Mike Vizardは、コロナウィルス(COVID-19)によって、デジタル変革がどのように加速しており、IT支出がどのように影響を受けているかに関するマイクロソフトによる多国籍の調査を確認しました。今年、Dimensional Researchはバラクーダが委託した米国内の同じトピックに関する実態調査を行いました。この2つの調査からは、興味深い結果が判明しました。

Blog

リモートワーカーが増加しているため、Office 365のバックアップ戦略がカギになっている のページ写真 3

リモートワーカーが増加しているため、Office 365のバックアップ戦略がカギになっている

トピック: コロナウィルス(COVID-19)、データ保護 2020年9月22日、Anastasia Hurley 在宅勤務する従業員が非常に増加しているため、プロセスの約半数は変化しています。企業のワークフロー(すべてのドキュメント、メモ、および会話)は、ほぼ完全にオンラインになっています。ビジネスデータのすべてを確実に保護することは困難な可能性があります。

Blog

コロナウィルス(COVID-19)パンデミックによってセキュリティ予算の優先事項が変化している のページ写真 4

コロナウィルス(COVID-19)パンデミックによってセキュリティ予算の優先事項が変化している

トピック: コロナウィルス(COVID-19) 2020年9月15日、Mike Vizard 「風が吹けば桶屋が儲かる」ということわざがありますが、セキュリティの観点から考えると、コロナウィルスパンデミックも例外ではありません。セキュリティプロフェッショナルも、他のすべての人と同様、現在のパンデミックの発生をまったく望んでいませんでした。一方、企業が、在宅勤務に移行するだけでなく、ビジネスのデジタル変革を積極的に導入するにつれて、セキュリティ予算の優先事項が変化していると思われます。

Blog

Barracuda Threat Spotlight(バラクーダが注目する脅威): ランサムウェア のページ写真 5

Barracuda Threat Spotlight(バラクーダが注目する脅威): ランサムウェア

トピック: コロナウィルス(COVID-19)、ランサムウェア対策 2020年8月27日、Fleming Shi 攻撃者は政府機関、医療機関、および教育機関にランサムウェア攻撃を実行しています。米国大統領選挙が近いため、攻撃の増加が予想されているだけでなく、攻撃者は、このような機関に大規模な損害を及ぼすために、コロナウィルス(COVID-19)パンデミックとリモートワークを悪用しています。ランサムウェア攻撃は、20年以上、実行されていますが、最近、急速に拡大しています。

Blog

ネットワークセキュリティの未来がクラウドにある理由 のページ写真 6

ネットワークセキュリティの未来がクラウドにある理由

トピック: コロナウィルス(COVID-19)、SD-WAN(Software Defined Wide Area Network) 2020年8月19日、Anne Campbell 過去数か月間、コロナウィルス(COVID-19)パンデミックによって、企業の日常のビジネスの方法が変化しているため、ビジネスのデジタル変革は急速に加速しています。この変化はネットワークセキュリティのニーズに直接的に影響しており、多くの企業は必死に適応しようとしています。

Blog

20200901blog

APAC(アジア太平洋地域)に関する調査: リモートワークが普及している一方、セキュリティに対処する必要がある

トピック: コロナウィルス(COVID-19)、メール保護 2020年8月19日、James Forbes May バラクーダの新しい調査によると、コロナウィルス(COVID-19)によって、APACの企業の62%では、5年以上、リモートワークの導入が加速しています。この傾向は、特に、法務(75%)、人事(75%)、教育(67%)、および旅行/運送(67%)業界に当てはまります。

Blog

Magecart: コロナウィルス(COVID-19)からの復旧計画を台無しにするデジタルスキマーの再拡散を防止する のページ写真 8

Magecart: コロナウィルス(COVID-19)からの復旧計画を台無しにするデジタルスキマーの再拡散を防止する

トピック: コロナウィルス(COVID-19)、Magecart、小売 2020年6月30日、Phil Muncaster 過去数か月間にわたって、バラクーダは多くの時間を費やしてコロナウィルスをブログのトピックに取り上げてきました。攻撃者がフィッシングを実行する可能性だけでなく、十分に保護されていない注意散漫な在宅勤務の従業員が危険にさらされる可能性もあるため、コロナウィルスが企業のセキュリティに及ぼす影響を否定することはできません。しかし、各国は、ロックダウンを緩和しており、不可欠ではないビジネスの再開を一時的に許可しています。つまり、「待望」のV字回復を推進するという考えに向かっているということです。結局、この推進の大部分はオンライン販売に行き着きます。

Others

コロナウィルス(COVID-19)関連の攻撃には終わりが見えない のページ写真 9

コロナウィルス(COVID-19)関連の攻撃には終わりが見えない

トピック: コロナウィルス(COVID-19)、メールセキュリティ 2020年8月17日、Mike Vizard ICPO(国際刑事警察機構)はコロナウィルスパンデミックに関連する攻撃が高度化していることに関する警告を発しています。さらに厄介なことに、コロナウィルスのワクチンが開発されても、このような攻撃は継続する可能性が高いです。ICPOによると、待望されているコロナウィルスのワクチンが提供されるよりかなり前に、ワクチンに関する情報を共有すると偽装するフィッシングが実行されます。

Blog