1. HOME
  2. Blog
  3. Others

Info.

お知らせ

Others

パンデミック関連のIT投資に関する新しい調査 のページ写真 1

パンデミック関連のIT投資に関する新しい調査

トピック: コロナウィルス(COVID-19) 2020年10月1日、Christine Barry 最近、Mike Vizardは、コロナウィルス(COVID-19)によって、デジタル変革がどのように加速しており、IT支出がどのように影響を受けているかに関するマイクロソフトによる多国籍の調査を確認しました。今年、Dimensional Researchはバラクーダが委託した米国内の同じトピックに関する実態調査を行いました。この2つの調査からは、興味深い結果が判明しました。

Blog

Barracuda Threat Spotlight(バラクーダが注目する脅威): InterPlanetary Stormの新しい亜種がIoT(モノのインターネット)デバイスを攻撃している のページ写真 2

Barracuda Threat Spotlight(バラクーダが注目する脅威): InterPlanetary Stormの新しい亜種がIoT(モノのインターネット)デバイスを攻撃している

トピック: マルウェア対策 2020年10月1日、Erez Turjeman InterPlanetary Stormマルウェアを作成した攻撃者集団は、新しい亜種を解き放っており、現在、Microsoft WindowsおよびLinuxマシンだけでなく、MacintoshとAndroidデバイスも攻撃しています。現在、バラクーダの調査担当者は、このマルウェアが構築しているボットネットが、このマルウェアに感染している世界中の84か国の約13,500台のマシンで構成されていると推測しています。この台数は引き続き増加しています。

Blog

メール攻撃のタイプ: データ流出 のページ写真 3

メール攻撃のタイプ: データ流出

View Post トピック: データ侵害、シリーズ: 今すぐ知る必要がある13タイプのメール攻撃 2020年10月2日、Christine Barry データ流出(データの盗み出し)はコンピュータ、ネットワーク、または他のデバイスからデータを不正に転送することです。盗み出されたデータは攻撃者が管理するC&C(コマンドアンドコントロール)サーバなどのデバイスに転送されます。このデータは、ダークWeb上で売却され、他の攻撃者がスピアフィッシング、なりすましなどの高度な攻撃に悪用する場合が多いです。

Others

メール攻撃のタイプ: マルウェア のページ写真 4

メール攻撃のタイプ: マルウェア

トピック: メール保護、シリーズ: 今すぐ知る必要がある13タイプのメール攻撃 2020年9月25日、Christine Barry メール攻撃は、ZIPファイルとして添付されているか、添付ファイルに埋め込まれているマルウェアを含む無害に見えるメールの形態で実行される場合が多いです。このマルウェアはランサムウェア、スパイウェアなどの悪意のあるプログラムをインストールする可能性があります。

海外ブログ

エンドユーザはセキュリティ意識トレーニングから取り残されている のページ写真 5

エンドユーザはセキュリティ意識トレーニングから取り残されている

2020年9月28日、Mike Vizard 「百の治療より一の予防」ということわざがあります。このことわざはセキュリティに最も当てはまります。エンドユーザがトレーニングを受ければ受けるほど、フィッシング攻撃を受ける可能性は低くなります。問題は、エンドユーザが受けるセキュリティ意識トレーニングのほとんどが特に魅力的ではないため、その多くがまったく心に残らないことです。

Blog

企業は、ロックダウンによって、ネットワークアーキテクチャをどのように再検討せざるを得なくなっているか のページ写真 6

企業は、ロックダウンによって、ネットワークアーキテクチャをどのように再検討せざるを得なくなっているか

トピック: Barracuda CloudGen WAN、コロナウィルス(COVID-19) 2020年9月24日、Phil Muncaster 現在のパンデミックによって、私たちの生活と仕事は大幅に変化しています。しかし、ほとんどの場合、デジタルおよびクラウドベースのテクノロジは、政府によるロックダウンと社会距離戦略の打撃を和らげるために、進歩しています。コロナウィルス(COVID-19)が発生する前から、デジタル変革は進行していましたが、その導入は限界に達している可能性があります。新しいクラウドベースのビジネスモデルは急速に開発されており、ビジネスオーナーはシームレスなリモート接続とオンラインリソースへのアクセスの重要性を実感するようになっています。

Blog

Barracuda CloudGen WANはグローバル企業のクラウド戦略の転換にどのように役立っているか のページ写真 7

Barracuda CloudGen WANはグローバル企業のクラウド戦略の転換にどのように役立っているか

トピック: Microsoft Azure、SD-WAN(Software Defined Wide Area Network) 2020年9月22日、Anne Campbell Kaleb Mercerは、世界中の顧客にサービスを提供している統合プロフェッショナルサービス企業であるRödl(Rödl & Partner)の米国法人であり、全米にオフィスを展開しているRödl USA(Rödl & Partner USA)のITディレクタです。Mercerと彼の部門は海外出張する経理担当者と現在のパンデミック中のリモートワークの増加の両方をサポートする必要があるグローバルネットワークを監視しています。

Blog

リモートワーカーが増加しているため、Office 365のバックアップ戦略がカギになっている のページ写真 8

リモートワーカーが増加しているため、Office 365のバックアップ戦略がカギになっている

トピック: コロナウィルス(COVID-19)、データ保護 2020年9月22日、Anastasia Hurley 在宅勤務する従業員が非常に増加しているため、プロセスの約半数は変化しています。企業のワークフロー(すべてのドキュメント、メモ、および会話)は、ほぼ完全にオンラインになっています。ビジネスデータのすべてを確実に保護することは困難な可能性があります。

Blog

Microsoft AzureとBarracuda CloudGen WANの連携 のページ写真 9

Microsoft AzureとBarracuda CloudGen WANの連携

トピック: クラウド、SD-WAN(Software Defined Wide Area Network) 2020年9月16日、Christine Barry マイクロソフトとバラクーダは、長年にわたって技術的に提携しており、お客様のパブリッククラウドへのセキュアな移行、パフォーマンスの向上、およびコストの削減を支援しています。このたび、最新の技術であるAzure Virtual WANとBarracuda CloudGen WANによって、次の一歩を踏み出します。

Blog

コロナウィルス(COVID-19)パンデミックによってセキュリティ予算の優先事項が変化している のページ写真 10

コロナウィルス(COVID-19)パンデミックによってセキュリティ予算の優先事項が変化している

トピック: コロナウィルス(COVID-19) 2020年9月15日、Mike Vizard 「風が吹けば桶屋が儲かる」ということわざがありますが、セキュリティの観点から考えると、コロナウィルスパンデミックも例外ではありません。セキュリティプロフェッショナルも、他のすべての人と同様、現在のパンデミックの発生をまったく望んでいませんでした。一方、企業が、在宅勤務に移行するだけでなく、ビジネスのデジタル変革を積極的に導入するにつれて、セキュリティ予算の優先事項が変化していると思われます。

Blog