1. HOME
  2. Blog
  3. Blog
  4. 現在のリモートアクセスに関する新しい分析

Info.

お知らせ

Blog

現在のリモートアクセスに関する新しい分析

トピック: コロナウィルス(COVID-19)リモートワーク

2020年4月16日、Anne Campbell

コロナウィルス(COVID-19)によって、世界中の非常に多くの人々が自宅にとどまって社会的に距離を取る戦略を行うように要請されているため、人々の働き方は変化しています。この変化はあまりにも突然であったため、多くの企業は対応に苦慮しています。

ガートナーは新しいレポート「Solving the Challenges of Modern Remote Access」でこの現在のトピックについてアドバイスしています。このレポートは、今すぐダウンロードできます。このレポートを最大限に活用できるように、シニアプロダクトディレクタ、Mike Goldgofに重要な点についてインタビューしました。

シニアプロダクトディレクタ、Mike Goldgofとの質疑応答

このレポートの重要な点は何でしょうか?

このレポートの重要な点の一つは、一般的に、企業がこのような状況に備えていないことです。企業には、すべての従業員のリモートワークをサポートする能力と許可がありません。多くの企業は、アクセス先がどのようなものかに関係なく、クラウドベースでも、VPN(仮想プライベートネットワーク)を使用しています。また、多くのアクセス先には、非常に多くのユーザが同時にアクセスするため、必要な帯域幅が不足しています。

このレポートの最も重要な点は、リモートアクセスは「フリーサイズ」ではないことです。企業のリモートアクセスの要件をよく理解する必要があります。リモートアクセスは、1つのものではなく、どのようなユーザが、どのようなものに、どのようなデバイスからアクセスする必要があるかなどに応じて、さまざまなものを意味する可能性があります。

新着 ガートナーより:最新のリモートアクセスの課題の解決 – セキュリティおよびリスク管理のリーダー向けのこのレポートをお見逃しなく。#リモートアクセス

このレポートは人々がセキュリティの問題に対処する上でどのように役立つと思いますか?

このレポートの優れた点は、非常に具体的なアドバイスであることです。このレポートは、決定木を含んでおり、必要な複数の質問、および意思決定に役立つプロセスについて説明しています。たとえば、ユーザは誰か、どのような職務権限を与えられているか、どのようなデバイスを使用しているか、およびどのようなものにアクセスしているかということです。このため、このレポートは必要なすべてのことを検討する上で役立ちます。

また、備える必要がある多くの特殊な状況もあると思われます。たとえば、従業員が在宅勤務しており、従業員の子供がリモート学習を行っている状況です。このような状況では、従業員は、メインデバイスを使用する場合がほとんどですが、別のデバイスを使用する必要が生じる場合もあります。このため、このような状況に対処する方法も知る必要があります。

人々が見落としていることは何だと思いますか?

リモートアクセスへの移行が迅速すぎるため、移行できない人がいることです。人々は、型にはまった方法で移行していますが、簡単には変更できない制約に直面しています。また、クラウドがリモートアクセスにどのように役立つかということも、重要だと思いますが、多くの企業が十分には検討していません。企業はファイアウォールなどのソリューションをクラウドに移行していますが、企業のリモートアクセステクノロジは必ずしもクラウドに従うものにはなっていません。

現在のリモートアクセスの問題の解決に関するガートナーのアドバイスをご参照ください。レポートを今すぐ入手しましょう。

ガートナーの新しいレポートに関する4月28日のウェビナーに参加すると、大規模な現在のリモートアクセスを迅速に拡大するという問題の解決に関する経営者向けのアドバイスを受けることができます。今すぐ登録しましょう。

レポートを入手


製品のご紹介:Barracuda CloudGen Fiewall

原文はこちら:

Fresh insights on modern remote access

April 16, 2020 Anne Campbell

https://blog.barracuda.com/2020/04/16/fresh-insights-on-modern-remote-access/

Related posts