1. HOME
  2. ブログ
  3. Glossary
  4. 用語集:メール保護とは

Info.

お知らせ

Glossary

用語集:メール保護とは

用語集:メール保護とは Banner

メール保護とは


メール保護とは社内のデジタルコミュニケーションの保護を中心に構築された多くの技術で構成される幅広い概念です。この概念は、スパイウェア検出、ログインセキュリティ、メール暗号化など、従来のセキュリティ対策だけでなく、データ保存、電子情報開示の保証、クラウドやオンプレミスのメールアーカイブシステム、ディザスタリカバリ、バックアップなども含みます。

メールセキュリティ

メール保護の一分野はメールセキュリティシステムへの不正アクセスや侵害を防止するために使用される一連の方法です。これらの方法は下記のとおりです。

  • ログインセキュリティ: メールアカウントへのアクセスを保護するには、ベストプラクティスに関する従業員教育から、管理者による日常的なパスワード循環まで、さまざまな方法があります。
  • スパムフィルタリング: 自動化されたメールフィルタリングによって、悪意のある詐欺メールが従業員のメールボックスに侵入するのを防ぐことができます。たとえば、攻撃者は、社内の従業員になりすましたり、無害に見えるリンクをメールに埋め込んだりして、無防備なユーザから機密情報を盗み出すフィッシング技術を悪用します。スパムフィルタリングと自動化されたスピアフィッシング対策テクノロジは、疑わしいコンテンツを検出・隔離でき、管理者はそのリスクを判断できます。
  • ユーザセキュリティ: メールフィルタリングツールは、フィルタをバイパスして個人のメール、ボイスメール、またはSMSを介してユーザに到達するメール攻撃を検出できません。ネットワークとメールへの実際の侵入をシミュレーションして、セキュリティ意識を従業員に教育できるさまざまなトレーニングサービスがあります。
  • メール暗号化: メール暗号化は、アーカイブ内でも、アクセスおよび読み取り時でも、メールのコンテンツを不正アクセスから保護するために非常に重要です。
  • 従業員教育: 企業は、適切なテクノロジを導入するだけでなく、機密データの保護に関する最適な方法を従業員にトレーニングする必要もあります。

 

メールのバックアップとアーカイブ

メール保護にはセキュリティが不可欠ですが、基になるデータの期間と整合性を確保するために使用されるアーカイブプロセスに注意を払うことも重要です。メールは、攻撃で侵害されるリスクがなくなっている場合も、法律やビジネス上の理由から、セキュアに保存・取得できる必要があります。

保全

メールコミュニケーションをアーカイブすることには、多くのビジネス上や組織上の理由があります。メールは、非公式ではあるが、特定の意思決定が行われた理由と方法に関する非常に重要なドキュメントとして、また関連情報のアーカイブとして役立つことがよくあります。この結果、ほとんどの従業員は堅牢で完全な検索しやすいコミュニケーションアーカイブの利点を享受できます。メール保存の技術は下記のとおりです。

  • メールアーカイブ: 個人が送受信するすべてのメールを保存・検索できるようにすることです。メールアーカイブソリューションは、メールアプリケーション自体から直接、またはメールの送信中に、メールのコンテンツを取得します。通常、メールは、磁気ディスクストレージに保存され、後で簡単かつ高速に検索できるように、インデックス化されます。
  • メール圧縮: メールのファイルサイズ(および対応する添付ファイルのサイズ)を縮小するプロセス。メールアーカイブシステムの不可欠な部分として機能する場合が多いです。メール圧縮を重複排除、オフラインまたはクラウドバックアップ、ファイルスタブなどと組み合わせることで、メールストレージやアーカイブのコストを最小限に抑制できます。
  • メール保存ポリシー: 多くの業界の企業は、さまざまな政府の規制によって、メールのコンテンツ、およびタイムスタンプ、送信者、他の配信情報などのメタデータを保存することを義務付けられています。メールコミュニケーションの証拠が訴訟または政府の規制を満たすために必要な場合は、文書化されたメール保存ポリシーを法的保護として使用できます。メール保存ポリシーは、企業が送受信したすべてのメールを対象としており、メールをどのくらいの期間保存し、どのような方法でメールアーカイブから削除するかに関する条件を含んでいます。
  • ディザスタリカバリ: 障害後のミッションクリティカルな機能の維持を中心に設計されたリカバリプラン。ハードウェア障害、人的エラー、ハッキングやマルウェアによるデータ損失または破損の影響は甚大な可能性があるため、データのバックアップとリストアの情報に関するプランを現在のすべての企業向けの基本的な要件にする必要があります。企業は、思慮深いディザスタリカバリプランを策定して、予期しない障害に直面した場合の経済的損害、ビジネスの中断、ブランドの信頼低下などのリスクを最小限に抑制できます。

 

メール保護が重要な理由


メール保護は現在の企業のデータセキュリティに不可欠です。従業員のアカウントが乗っ取られ、ユーザがだまされる可能性があるため、このような問題を回避する戦略を導入する必要があります。これらのセキュリティ対策と並行して、法律、規制など、ビジネス上の理由から、メールを保存する必要があります。メールストレージ自体は低コストであり、メールは迅速にスキャン、照合、解釈できますが、デジタルアーカイブは、ファイルを保存するために設計されたシステムと同じ程度しかファイルをアーカイブできないため、課題が残ります。長期的にメールストレージにセキュアにアクセスするには、適切な技術を使用する必要があります。

バラクーダのソリューション

メール保護は、すべての企業の不可欠な部分です。

Barracuda Email Security Gatewayは、すべてのインバウンドおよびアウトバウンドメールトラフィックを管理およびフィルタリングして、メールベースの攻撃とデータ漏洩から企業を保護するメールセキュリティゲートウェイです。また、さまざまな最新の暗号化技術をスパムフィルタリングおよびメールスプーリングと組み合わせており、従業員の機密メールを保護するための強力なツールです。

データの保存とリカバリは高いメール保護標準を維持するための非常に重要な側面です。Barracuda Message Archiverは、修正と削除のリスクなく、必要な期間、データをセキュアに取得および保存し、メールストレージ要件を削減するだけでなく、ユーザの生産性を向上します。

Barracuda EssentialsはOffice 365およびMicrosoft Exchange向けのオールインワンでクラウドベースのメールセキュリティ、バックアップ、アーカイブ、および電子情報開示です。この強力なメールセキュリティソリューションは、優れた保護を提供するだけでなく、メールレコードを保存し、メールレコードに簡単にアクセスすることもできます。Barracuda EssentialsはOffice 365またはMicrosoft Exchangeのサブスクリプションに最新のメール保護とメール保存の両方が必要な企業に最適なオプションです。

毎年、企業は、スピアフィッシング攻撃によって、数十億ドルの直接的な損害を受けていますが、次の標的になる必要はありません。Barracuda Sentinelは、スピアフィッシング、メール詐欺など、よくあるフィッシング攻撃をAI(人工知能)ベースで強力に防止します。Barracuda PhishLineは、フィッシングメールを検出および拒否するように従業員をトレーニングできるため、メール詐欺の人的エラーの側面を排除できます。このような製品は、ともに、常に進化するスピアフィッシング攻撃を防止するための最適なセキュリティを実装しています。

メール保護に関する質問や詳細をご希望のお客様は、こちらよりお問い合わせください。

用語集:メール保護とは のページ写真 1

用語集:メール保護とは のページ写真 2

用語集:メール保護とは のページ写真 3

お問い合わせ・評価申込み

関連記事