1. HOME
  2. Blog
  3. Blog
  4. 用語集: メールセキュリティとは?

Info.

お知らせ

Blog

用語集: メールセキュリティとは?

用語集: メールセキュリティとは? のページ写真 1

メールセキュリティについて理解する


メールセキュリティとは、これらの攻撃からメールコミュニケーションやアカウントを保護するために使用される一連の方法です。

メールセキュリティの確保

メールセキュリティは複数のタイプのソフトウェアとテクノロジが関与する多層的な分野です。企業のメールアカウントを保護する方法は複数ありますが、従業員の教育と包括的なセキュリティポリシーおよび対策をと組み合わせることが重要です。
推奨されるポリシーおよび対策は下記のとおりです。

  • パスワード循環: 強力なパスワードの使用とパスワードの頻繁な変更を従業員に義務付けます。それにより、パスワードが漏洩した場合も、使用を制限できます。
  • セキュアなログイン: Webメールアプリケーションで暗号化を使用する必要があります。標準的な機能ですが、攻撃者によるメールの傍受を防止するには、非常に重要です。
  • スパムフィルタリング: スキャナなどのツールを導入して、エンドユーザに到達する前に、メールをスキャンし、マルウェアなど、悪意のあるファイルが添付されたメールを拒否します。マーケティングのオファーなど、比較的無害なスパムも、従業員がメールボックスから手動で削除する必要がある場合は、生産性を阻害する可能性があります。
  • スパイウェア対策: 悪意のある添付ファイルを除去し、改ざんされたファイル/設定を修復できる強力なセキュリティプログラムまたは専用のスパイウェア除去サービス。
  • メール暗号化: ユーザは、OpenPGPなどの暗号化テクノロジによって、送信者と受信者の間のメールを暗号化できます。メールなどのコミュニケーションプラットフォームによって機密情報を頻繁に共有する企業には必要です。
  • 従業員教育: メールセキュリティリスク、およびメールによるフィッシング攻撃を受けないようにする方法について、継続的なセキュリティ教育を従業員に実施します。攻撃への耐性をテストするために、フィッシングシミュレーションメールを従業員に送信する企業もあります。

従業員教育

企業は、メールセキュリティを向上させるポリシーや対策を導入するだけでなく、メールアカウントを保護するベストプラクティスに従うことを従業員に推奨することもできます。従業員に推奨する必要があるベストプラクティスは下記のとおりです。

  • 添付ファイルを開かず、リンクの宛先を確認せずにクリックしない。(多くの企業は、メール内のリンクをクリックするのではなく、ブックマークを使用してナビゲーションすることを従業員に推奨しています。)
  • パスワードを頻繁に変更し、複雑さと長さに関する標準的なベストプラクティスに従う。
  • パスワードを誰(同僚や友人)とも共有しない。
  • 機密情報をメール内で共有せず、信頼できる個人のみ、および必要な場合のみに送信する。
  • リモートワークを行う場合は、セキュアなVPNソフトウェアを使用して、企業のメールにアクセスする。
  • 公共Wi-Fi接続を使用する場合は、企業のメールや機密情報にアクセスしない。

 

標的型メール攻撃について

メールは、ユビキタスであり、もともと脆弱性のあるツールであるため、よく悪用される攻撃ベクタです。標的型メール攻撃には下記のタイプがあります。

  • マルウェア: ウィルス、ワーム、トロイの木馬、スパイウェアなど。このような攻撃ベクタを悪用する攻撃が成功すると、攻撃者はワークステーションやサーバを乗っ取ることができます。また、このアクセスを悪用して、セキュアな情報を侵害できます。
  • スパム: 従業員の生産性を阻害し、マルウェアの送信手段として機能する可能性があります。
  • フィッシング: コンピュータやソーシャルエンジニアリング技術を悪用して、受信者に機密情報を開示させたり、機密システムへのアクセスを提供させたりします。

 

メールセキュリティが重要な理由


従業員と企業が既知の攻撃からメールアカウントを保護する対策を取ることは重要です。アカウントやコミュニケーションへの不正アクセスを防止するための適切なインフラを整備することは特に重要です。企業に対するフィッシング攻撃は技術的なセキュリティ保護をバイパスするため、従業員はこのような攻撃を特に受けやすいです。このため、メールセキュリティソリューションは、暗号化、スパイウェア検出、ログインセキュリティなど、適切な対策から始める必要があります。また、これらの対策と合わせて、従業員がメールを保護するために取るべき適切な対策について教育を受けることも重要です。


バラクーダのソリューション


メールは、依然として、ランサムウェア、フィッシング、データ盗難など、高度な攻撃の主要な攻撃ベクタであるため、企業は無防備なままでいることはできません。

Barracuda EssentialsはOffice 365およびMicrosoft Exchange向けのオールインワンでクラウドベースのメールセキュリティ、バックアップ、アーカイブ、および電子情報開示です。また、優れたメールセキュリティを改ざん防止のメールアーカイブと組み合わせて、コンプライアンスを確保し、訴訟検索をわかりやすくします。

高度なメールセキュリティを維持するには、悪意のあるメールを検出し、適切に対処するようにユーザを教育することが不可欠です。Barracuda PhishLineは、フィッシングメールを検出および拒否するように従業員をトレーニングできるため、メール詐欺の人的エラーの側面を排除できます。この強力なシミュレーションおよびトレーニングツールは、完全にカスタマイズできるため、従業員の固有のニーズに応じて、トレーニングをカスタマイズできます。

Barracuda Sentinelは、スピアフィッシング、メール詐欺など、よくあるフィッシング攻撃をAI(人工知能)ベースで強力に防止します。また、メールボックスにすでに存在するフィッシングメールを検出し、すべての新しいメールをスキャンして、高度な標的型攻撃も防止できます。

Barracuda Email Security Gatewayは、すべてのインバウンドおよびアウトバウンドメールトラフィックを管理およびフィルタリングして、メールベースの攻撃とデータ漏洩から企業を保護するメールセキュリティゲートウェイです。Barracuda Email Security Gatewayは完全なメール管理ソリューションであるため、企業は、メールサーバを使用できなくなった場合、メールを暗号化し、クラウドを活用して、メールをスプーリングできます。

メールセキュリティに関する質問や詳細をご希望のお客様は、こちらより今すぐお問い合わせください。

用語集: メールセキュリティとは? のページ写真 2

用語集: メールセキュリティとは? のページ写真 3

用語集: メールセキュリティとは? のページ写真 4

お問い合わせ・評価申込み

Related posts